スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ダブルアーツ
カテゴリ: 古味直志

オレは決めたぞ
あんたがこの手を取ったらオレはもう
絶対その手は離さない!!


漫画感想第九回。
古味直志の『ダブルアーツ』

ちょっと前にジャンプで連載されていたが残念ながら打ち切りになった作品だ。
面白かったのに。

簡単なあらすじとしては、触れただけで感染する奇病「トロイ」が蔓延する世界で、唯一トロイの治療ができるシスターの一人であるエルーが、トロイの発作を起こして死にかけた所を少年キリに救われる。
キリはトロイにかからないだけでなく、エルーと手をつないでいる間だけ発作を抑えることができる体質の持ち主だった。
故に、キリとエルーはずっと手をつないだままトロイ研究所を目指すこととなる。

まずこの設定がすごい。
よくこういうの思いつくな~、と思う。
手を離せない二人、それだけでなんか素敵だ。

さらに、主人公のキリは、特殊な体質を持っているというだけで後は普通の少年なので、敵であるガゼルの暗殺者に対して基本的に無力である。よって戦闘の際は、策を用いるか、力を持つ誰かに頼ることとなる。
でもゆくゆくは力をつけて自分たちで戦えるようになっていく、はずだったんだろうなあ。

またシスターというのは、トロイに対する耐性の高い女性のことで、他人のトロイの毒を吸い出すことで治療を行う。
なので、トロイを完治させられるわけではない。
また、吸い出した毒が自分の限界を迎えれば、エルーのようにトロイの発作を起こし、消えてなくなってしまう。
だからキリとエルーは手を離せないのだ。離せばエルーが発作を起こし、消えてしまうから。

また、希望を持たせてから、突き落とすのが上手い。そこからまた上げるのも上手い。
絶望の描き方も上手い。

例えばシスター・ハイネのエピソードだ。
ハイネは画家を目指していたが、シスターとなりその夢を諦める。
そのハイネにエルーは、自分の夢や希望を捨ててはいけないと励ます。
だが、ハイネの体にたまったトロイの毒は限界に近くもう一度治療を行えば、発作を起こして消えてしまう可能性が高かった。

シスターに夢とか希望とか
やっぱりないよ

そして、治療を行ったハイネは発作を起こしてしまう。
そして、自分が死ぬ間際になって、今まで抑えてきた本当の気持ちに気付く。

……気付いてしまった
怖い
ウチやっぱり死ぬんはイヤや


そのハイネをぎりぎりですくったのはキリとエルーだった。
キリがハイネに触れることで発作を抑え、エルーがハイネの毒を吸い出すことで治療する。
これでハイネは助かった。夢や希望をもう一度持つことができた。

絶望の面としては、ガゼルの幹部ゼズゥの圧倒的な強さだ。
誰ひとりゼズゥに傷一つつけることもできず、また、キリとエルーを守るために派遣された教会最強の部隊ファルゼンをもあっけなく全滅させる。


いや本当に面白い作品だったのに、何で打ち切られたんだろう。
やっぱりアンケートの結果が良くなかったんだろうな。
子供向きではないし。
でもタイトルの意味が明かされたときとか鳥肌立ったけどな~。
それは、キリとエルーが戦うために求めた力の名前。
ダンスを基に発展させた二人の新しい武術。

……名前が要るな
とりあえず今はこう呼ぶとしよう
双戦舞<ダブルアーツ>


CIMG1640-2.jpg

まあどんなに面白くても、打ち切られてしまった現実は変わらない。
ああ、続編描かれないかな~



評価:A
ちゃんと完結してないしこんなもん



ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
古味 直志

商品詳細を見る
ダブルアーツ 2 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 2 (ジャンプコミックス)
(2008/10/03)
古味 直志

商品詳細を見る
ダブルアーツ 3 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 3 (ジャンプコミックス)
(2008/12/04)
古味 直志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2010.05.16 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。