スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

アニメ感想第二回。
『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』

テレビ放映版もすべて見たが、こちらは感想を書いているときりがないので劇場版を中心に。
ただ、テレビ版はアネモネとドミニクのシーンがよかった。
凄い好き。
思いが伝わるっていいなって単純に思う。

逆に劇場版では二人の出番が少なくて残念。
重要な役どころではあるのだが。
アネモネが最初おばあちゃんでびっくりした。
ちゃんと若返ったけど。
しかし人間ができているアネモネは変な感じがする。
クレイジーでこそアネモネ(笑)

少し考察してみる。
月にあった刻印から考えても、今作はパラレルワールドではない、テレビ版の「次の」世界と考えるのが妥当だろうか。いやでもあれはゾーンを抜けた先だから「前の」世界の話になるのか?どっちもありそうだが、個人的には次の世界だと思う。多分。

そういうところも含めて、エヴァの影響を多大に受けているのは間違いないだろう。
物語の作りが似ている。劇場版が単なるリメイク出ないことも含めて。
ただあそこまで投げっぱなしではないが。

全50話を2時間にまとめたのだから大分話も違っているし、削られているところも多い。
レイとチャーチルは登場しないし、エウレカの子供たちもほとんど出てこない。
レントンとエウレカは最初からラブラブでにやけてしまう。

デューイ、お前やっぱり……、そんな感じはしてたけど。

展開もだいぶ早いため、テレビ版を見ていない人はついていけないのではないかと思った。
あと、ちっちゃいニルバーシュとジエンドがかわいかった。


追記 公式見解が出ているようであった。
以下Wikipediaより引用

本作品の舞台は、テレビシリーズの最終話にて描かれた、スカブコーラルの半分が人類との共生の別の可能性を模索する為に旅立った『別宇宙』(=多元宇宙、パラレルワールド)である[5]。本編中にテレビシリーズとの関係を詳しく説明するシーンはないが、テレビシリーズの舞台であった惑星が登場するシーンがある。京田知己によるとイマージュ(=スカブコーラル)が、自分達が元来いた世界(=テレビシリーズの世界)を、共生のひとつの成功例として見せたとの事



当たらずとも遠からずといったところか。



評価:A+
ただしこれは劇場版のみの評価でテレビ放映版も加えると
評価:AA+



交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]
(2009/06/26)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2010.03.05 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。