スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
惑星のさみだれ 8
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

漫画感想第四回。
『惑星のさみだれ』8巻。

発売日に買った漫画は久しぶり。
にしても、話が進めば進むほど面白くなる。
すごいなこの作品。

物語はクライマックスに一直線で、もう何もかもが熱すぎる。
なんて言うかもうやばい。
この巻に詰め込まれた内容が濃すぎる。
たまらん。

まずは夕日の祖父さんか。
詳しくは語らないけど、夕日は許せたんだなぁ。
よかった。
でもこれで夕日の世界への憎しみがまた一つ消えた。
さて、最後にさみだれに対してどういう態度をとるのだろうか。

次は、半月かな。
夕日にとっての越えなけらばならない壁、東雲半月。
序盤で敷かれた「試練」の伏線はここで回収か。
「自身の直感を無限に肯定する者」であるところの「天才」東雲半月。
よく言われる“Don't think. Feel”(考えるな。感じろ)ってやつだ。
それに対し、凡人である夕日はあくまで考え続けることで力を得た。
それが、薄く広げた掌握領域で自分を包み、自己の加速補助と、他社の妨害を同時に行う――
天の庭_convert_20091204214150
掌握空域「天の庭<バビロン>」
これは自分をどう補助するか、相手をどう邪魔するかを考え続けなければ使えない能力。
夕日は「知恵にて蛮勇を得」たのだ。
伊達に眼鏡はかけてないのだ。

序盤では逃げ回ることしかできなかった夕日が、天才、東雲半月をガチンコで降すのだ。
なんて熱い。
いいなぁ。こういう展開。
頭脳タイプ大好き。

そして、だ。
CIMG1493.jpg
これだよ。

さみだれに招かれていた(夕日がビスケットハンマーの上だと思っていた)場所についてもヒントが出てくる。
私もてっきりビスケットハンマーの上だと信じていた。
CIMG1494.jpg
この場所の正体についてはまた後で。

この巻は11体目の泥人形マイマクテリオンとの闘いがメインとなるのだが……
マイマクテリオン強ええええーーーー!!
CIMG1495.jpg
変身能力ってのは噛ませで使われることが多いけど、これは強い。
格好いい。
しかし愛玩超人インコマンはシュールだ。

それぞれの恋模様も見逃せない。
普段こんな顔してる娘が、
CIMG1497.jpg
こうですよ。
CIMG1496.jpg
そりゃあ、太陽も
CIMG1498.jpg
こんな顔にもなる。

さみだれと夕日も
CIMG1500.jpg
こんな感じだし。

昴は、
CIMG1501.jpg
こうだし。

そしてそして、この巻も相変わらず白道さん無双だ。
CIMG1502.jpg
こんな感じで、
CIMG1503.jpg
こうなって、
CIMG1504.jpg
こうきて、
CIMG1506.jpg
こうで、
CIMG1507.jpg
そしてこの顔からの
CIMG1508.jpg
これで、
CIMG1509.jpg
こうだ。
この、最後の顔っ!!!!
夕日もう白道さんと付き合えよ!!

さて、と。
物語の重要な新情報も明かされる。
先にも挙げた、夕日がさみだれとアニマに呼ばれた場所の正体。
空にあるのは絶望<ビスケットハンマー>だけなのか?
CIMG1510.jpg
絶望に憑かれた者に視えるのがビスケットハンマーならは、絶望から目をそらさずに、それでも希望を視る者に視えるのは?
CIMG1511.jpg
それは、
CIMG1512.jpg
対ビスケットハンマー用カウンター小天体兵器
ブルース・ドライブ・モンスター
CIMG1513.jpg
だせえええええええええええええええ!!!!!!
名前も姿もだせえ!!
アニマのセンス丸出しだ。そりゃあみんなあんな顔になる。
夕日も最初はなってた。
いやしかし、こんなにダサいのになんて熱い展開だ。

そういえば、さみだれには騎士の願いはないんだろうな。
プリンセスには対価なしか。
その辺の事情もそのうち明かされるか。
昴考案の多重領域は最後の泥人形に通用するのか。
しないんだろうな~。
となると昴が死にそうで怖い。
いやむしろ雪待が昴をかばって死にそう。
死にそうって言えば、南雲さんもやばい。
リーダーの大人ってのは死ぬ確率高い。
そして何より、白道さんがやばい。
これ死ぬパターンじゃないの?
死にませんように。

続きが楽しみでしかたない。
次が出るのは半年後か、一年後か。



評価:AAA



惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)
(2009/11/10)
水上 悟志

商品詳細を見る


しかし、最終巻みたいな表紙だ。
あ~、白道さん可愛い。
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2009.12.04 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。