スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
エヴァンゲリオン新劇場版:序
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

私は、エヴァをリアルタイムで見た世代からは少し外れている。
再放送で見た口だ。
だが、再放送で全部の回を見たし、それであの終わり方が意味わからなかったので、劇場版も見た(劇場版では何といっても量産機が格好良かったなぁ)。
そして、何とか人類補完計画の意味も、あのオチの意味も大体は理解できたつもりでいる(それもだいぶ昔なので怪しいが)。
だから、最初エヴァがリメイクされると聞いた時は、単純にリメイクするだけなら見なくてもいいかと思っていた。
過去の遺産にすがっちゃいますか~とも思っていた。
ところが、どうも単純なリメイクではないという噂を小耳にはさみ、これは見なくては、と思い、ツタヤへと走った(ちなみにテレビでやっていたのは見逃した)。
そして、たった今、「序」を観終わったわけだ。

一応以下はネタばれも含む。




いきなり大きな違和感があった。
海が赤い。
この段階で一つの仮説が浮かぶ。
おそらく旧版の劇場版まで見たほとんどの人にも同じ仮説が浮かんだだろう。
しばらくは昔と同じ流れで進む、テンポが速いのは尺の問題だからまあ仕方ない。
そこでまた違和感。
第四使徒?
確かサキエルは第三使徒だったような。
他にもその次の使徒がやられた後に消えてしまったりとか(確か旧版では回収されて使徒と人類の遺伝子がほぼ一致するとかいうくだりがあったような)、細かい変更点は多く、その全てがストーリー上あまり意味のない、演出の変更というわけでは、当然なさそうだ。
個人的な一番の変更点はやはりレミエルだろう(ガトリングも捨てがたいが)。
形、変わる変わる。
以前はずっと八面体のまま変わらなかったのに、もう、分裂したり変形したりやりたい放題だ。
ただ、ドリルに関しては、以前の無骨な感じの方が好みではある。

まあ、それはいいとして、最後、いきなりカヲルが登場した。
そして彼の独白(「また三番目~」のくだり)を聞いて確信。
やはり新劇場版は二週目、あるいは二週目どころではないかもしれないが、旧版のリメイクではなく、続編、いや、完結編というべきものなのだろう。

また、リリスが変わっていたことも、重要な変更点だろう。
わざわざあの時点で見せたのだからなおさらだ。
旧版ではなかったし。
あの使徒の仮面(旧版ではあれってサキエルと分裂するやつ以外にもついてたっけ?)がついてた。
そして、旧版でネルフの地下にあったものはカヲルのそばにあるようだ。
これは恐らくだが、新劇場版のネルフの地下にあった方は仮面の下はレイの顔じゃないだろうか。
シンジとアスカがアダムとイヴになったあのラストの続きだと考えれば、増えた一体は、あの巨大なレイだと考えるのがいいような気がする。
つまり、第一使徒がシンジで、第二使徒がアスカ、第三使徒がレイか。
ん?じゃあ旧版の地下にあったあれはなんだったんだ?
よくわからなくなってきた。

さらに、次回予告でぶったまげた。
新キャラに新エヴァ?
五号機?六号機?
それって量産機じゃなかったけ?
どうもこれは結末がだいぶ変わってくるのだろうね。
「破」というタイトルもそう考えれば暗示的だ。

いや~、面白いな~。
続きが楽しみ。
映画館いっちゃおうかな~。
でも人ごみ苦手だしな~。



評価:AA+




ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]
(2008/05/21)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2009.07.05 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。