スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
月に繭 地には果実(中)
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第五回です。
前回の続きですね。
物語が一気に動き始めて、主要な人物にも死者が出始めます。

強力な力を手中にすると、人間はそれに酔ってしまうものなんですね。
私だって突然目の前にMSが現われたら乗って動かしてみたいと思いますもん。
そうやって技術だけを盲目に追い求め、自らの住む星すら滅ぼす力を手に入れ、そして実際に滅ぼしてしまったのが、作中の世界です。
そしてどうも、同じ事を繰り返しそうな雰囲気がしますね。

この巻で、∀のライバル機に当たるだろう機体、<<ターンX>>が登場しました。
∀に対するアンチテーゼとして開発された機体のようです。
パイロットはギム=ギンガナム。
かつてディアナ体制に対して反乱を起こした月の武を司るギンガナム家の当主です。
確かアニメ版ではラスボスだった気がします。
ただ少し小物臭がするのは気のせいでしょうか。
裏で糸を引く月の管理人アグリッパ=メンテナーが黒幕のようですが、このおっさんはとてもMSに乗って戦えるようには思えません。
戦いは嫌いなようですし。
このアグリッパはディアナが地球に行った後月の治世を任されているのですが、二千年以上生きていると言われていて、赤い目に長い腕と、容貌も少々人間離れしています。
まさかまじもんの宇宙人ということもないでしょうし、あるいはクローン技術などを用いてこっそり世代交代してるのかもしれません。

ムーンレイス側もきな臭いですが、地球側も中々不穏な感じです。
地球側の代表者グエン=サード=ラインフォードですが、上巻からちょくちょく危険な雰囲気を醸し出してます。
新技術に対して新しい玩具を与えられた子どもの目をする人間は、福井作品では危険人物の可能性が高いですしね。
ロランに対して異性を見る目を向けてるのが何かアレな感じです。
またキエルが何か怖いんですよね~。
まだディアナと入れ替わったままですが、親衛隊長ハリーに思いを寄せてしまった様です……。
むちゃくちゃディアナに嫉妬してますよね。
な~んか破滅の臭いがするんだよな~。

核兵器まで登場していよいよカタストロフに向かって突き進んでる感がありますが、ハッピーエンドとはいかなくとも、救いのある終わりが良いな~と思います。

あと、解説でネタバレするのは勘弁して欲しいです。
核心に触れるものではなく、ニヤリと出来る程度のものなんですが、下巻の内容書いちゃあかんやろ~



評価:AA



月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)
(2001/08)
福井 晴敏

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2008.11.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。