スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
空の中
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「まあいいよ、今日は却下で。俺は気が長いからね」


第五十三回。
有川浩の『空の中』

無茶苦茶面白かった。
全体の流れも、主人公の飄々とした様子も、最後まで素直じゃないイーグルドライバーも、真面目でいい子である故に戻れない所まで行ってしまうこどもも、若者を導く老人も、穏やかな後日談も、全てが申し分ない。

特に高巳と光稀のやり取りにはニヤニヤせざるを得ない。
これが、ツンデレって奴か(笑)
やー、もう可愛いわ。
ずるいくらい可愛い。

後日談というものが凄く好きだ。
人によっては蛇足だと思う人もいるだろう。
実際蛇足になってしまうことも多いのかもしれない。
後付設定丸出しの続編に繋げるためだけのものだったり、読後感を損なってしまうようなものとかだと確かに興ざめだが、本当の意味での後日談は作品に深みを与えてくれると思う。
要するに、事件が終わって、その後も続いていく登場人物たちのその後を描くものだ。
そしてもちろん『空の中』の後日談として収録されている「仁淀の神様」は素晴らしい方の後日談だ。
高巳と光稀の後日談も見たかったのでそれは少し残念ではある。

いや~、これでまたお気に入りの作家が一人増えた。
本当は、もっと内容にも踏み込みたかったのだが、ちょっと時間がないので短めで。



評価:AAA



空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る



実は四月から就職して、しばらくネット環境がなくなるので当面ブログの更新を休みます。
それではまた。
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2009.03.26 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。