スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
異邦人 fusion
カテゴリ: 西澤保彦 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第四十三回。
西澤保彦の『異邦人 fusion』

突然タイムスリップしてしまった主人公の影二が、殺された父と、それによって不幸になった姉を救おうとする話。
この姉はレズビアンなのだが、西澤保彦はレズビアン、というテーマを好んで使うようだ。
また、レズビアンの人に惚れてしまう男、というテーマも。
何かこだわりがあるのだろうか。
ひょっとしたら実体験か、と穿った見方もできてしまう。

以下、ネタバレ満載。

父親を殺した犯人はわかっていない。
そしてその時代にタイムスリップする主人公。
と来たら、もう答えは見えたようなものだ。
ずばり、未来、というか現代から来た影二が犯人!!
早い段階で真相を見抜いてやった。
……とか思っていた自分が恥ずかしい。

『七回死んだ男』であんなに鮮やかなオチを見せてくれた西澤保彦が、そんなべったべたな単純なオチを用意したいるわけなどなかったのだ。
犯人が影二であることが明かされるのは中盤以降なのだが、早い段階から仄めかされている。
気付いて当たり前だったのだ。
というかそもそも、殺人の犯人自体はたいした問題ではなかった。
それをあんなに浮かれて恥ずかしい奴だ(笑)

つまり、ミステリーではないということか。
主題としては、姉への欲望など、影二がいままで目をそらしていたことと向き合うことについてのほうに重きが置かれている。
おっさんの自分探し、と言えないこともないかな、と思う。

そして最後の方にまた謎がポンポン出てくる。
あのネコは、つまり、影二なのか?
だとしたらそれはいつの?
さらに未来の、か?
ネコがキーなのは間違いないんだろうけど。
ん~、他にヒントらしきものがあったかな。
ちょっと他の書評も見てみよう。




評価:A



異邦人―fusion (集英社文庫)異邦人―fusion (集英社文庫)
(2005/01)
西澤 保彦

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2009.02.19 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。