スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ナイフ
カテゴリ: 重松清 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三十六回。
重松清の『ナイフ』

久しぶりの更新。
ちょっと修羅場で、忙しかった。
ただその間も移動時間などで本は読んでいたのでレビューが溜まっている。
いや、全部やらなきゃいけない義務はないんだけど(笑)
まあでも面白かったのが多かったので、がんばろうと思う。

さて、また重松清の短編集だ。
五編収録されているのだが、いじめの話が多く、重い。
その重さは読んでいて嫌になってしまうほどだ。
だが、ページをめくる手は止まらない。
もちろん、面白いからだ。

「ワニとハブとひょうたん池で」

 百科事典に書いてあったことは嘘だ、と思った。ワニは偽善で泣きながら獲物を食べるんじゃない。本気で泣いてるんだ。おなかが空いてしょうがなくて、ワニは生肉を食べなくちゃ生きられない動物だから、ごめんねごめんねって涙をぽろぽろ流しながら、獲物を食べてるんだ。


ミキはある日突然、特にこれといった理由もなく、親友も含めたクラス全員から無視されるようになった。
ハブられる、という奴だ。
その描写が、ひたすらきつい。
自分自身にすら必死で虚勢を張りながら、その一方で池に住み着いたワニに食べられてしまいたいと願うミキの姿は強いが、脆い。
でもミキは本当に強い子だよな~。

「ナイフ」

目をそらさない。私には、ナイフがある。


誰もが皆、物語の主役のような輝いた青春時代を送れるわけじゃない。
いじめられたり、そこまではいかなくても華やかなこととは無縁で過ごした人だってたくさんいる。
弱くたって、怖くたって、息子のために立ち向かう姿は、滑稽かもしれないけど、やっぱり格好いい。

「キャッチボール日和」

 今日みたいなキャッチボール日和には、世界中のみんな、優しくなれたらいい。


これが一番きつかった。
酷いよな~、でもこういうの、普通にあるんだよな。

自分の強さを人に押し付けるのは、その強さに自信がないからだろうか。
結局そういうことする人も弱いってことかもしれない。

いじめが綺麗に解決することなんて、まずない。
いじめっ子達が改心して謝るなんてのは嘘っぱちだ。
重松清はフィクションでもそれをよしとはしない。
利己的で、保身を考え、取り返しが付かなくなって初めて少し後悔する。
そんなもんなんだよな。

「エビスくん」

 会いたいなあ、ほんま、ごっつ会いたいわ。


これも途中まではきつい話だったんだけど、最後がよかった。
にしても酷い奴だなエビスくんは(笑)
こういう風に地の文にさらっとうれしい事実が書いてあるのはいいよな~。
すごいいい。

「ビタースィートホーム」

 私の腕は三人をいっぺんに抱けるだろうか。包まれながら、包み返す、そんなふうに抱けるだろうか。


最後は、いじめの話ではない。
元教師の妻と、娘の担任の厳しすぎる教師。
この教師も「キャッチボール日和」の父親と一緒だよな。
自分が正しいと思っていることが伝わらなくて苦しんで。
正しいのは正しいんだけどね。
正しいことがいいことって訳じゃないんだよな。

この家族はいい家族だな~。



本当に読んでいてしんどい本だった。
でも面白いんだな~。



評価:A



ナイフ (新潮文庫)ナイフ (新潮文庫)
(2000/06)
重松 清

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2009.02.06 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。