スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん2 善意の指針は悪意
カテゴリ: 入間人間 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 ……別れ話は済んだのだから


第二百二十六回
入間人間の『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん2 善意の指針は悪意』

入院した僕を追いかけてくる形で、自傷行為の末に入院してきたマユ。
入院生活を送る僕の前に、元カノであるところの長瀬透が現れた。
そのころ、病院では一人の少女が失踪し、マユがその死体を発見し、そして何者かがそのマユを殴っていた。

町を襲った連続殺人事件が解決したばかりなのに、一息もつかずに血なまぐさいことが起こりまくるなあ。
それにしても登場人物、出る奴出る奴全員歪んでいるというか、何というか。
まともそうなのは奈月さんと恋日先生くらいか?
もうこの先出てきた登場人物は誰も信じられないし、誰が死ぬかもわからない。
正直、僕とマユが存命したままラストを迎えるかどうかも怪しいくらいだ。
まあさすがにそれはないか。

文章のくどさは相変わらずだが、慣れたのか、一巻ほどは気にならず。
しかし、もともとわかってなかったライトノベルの定義がますますわからなくなる作品だな。
目茶苦茶重いよ。
ちっともライトじゃない。
それでもこの作品はライトノベルなのだろうが。

流血沙汰が多い。
そして、僕もマユもそれを厭わないからこそ痛々しい。

長瀬が何だか好きになれないなあ。
まあマユのこともそうなんだけど。
しかし、語り手である僕は割と好きである。
あと、口調というか語尾でキャラ付けをするのは安易な気がしてならない。

実はもうだいぶ先まで読み進めているのだが感想書くのががおっつかない。
他にも読んで感想を書いて無い本がいくつもあるし。
まあ別に感想書くのは義務ではないのだが。
そもそも買ったはいいが読んでない本が多分百冊以上ある。


評価:B


嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2)
(2007/09/10)
入間 人間

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.08.18 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。