スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
星に願いを、月に祈りを
カテゴリ: 中村航 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

〝どうか君の夜空に、優しい星が流れますように〟


第二百十八回
中村航の『星に願いを、月に祈りを』

アキオ、大介、麻里は学童キャンプでホタルを見るために夜に宿を抜け出した。
そこで三人は、ラジオから流れる謎の番組を聞く。
アキオは中学生になり野球部に入り、そして先輩の里崎さんに恋心を抱く。
その想いを告げることなく高校生になったアキオは、再び謎のラジオを聞き、そして……。

何といってもまず題名である。
何と魅力的で私好みのタイトルだろう。
『星に願いを、月に祈りを』
いやあ、いいなあ。

さて、内容だが、期待したほどではなかったというのが本音か。
十分に面白くはあったのだが、題名でハードルが上がりすぎていた。
残念ながらそのハードルを越えることはできなかった。
また、少しミステリー部分があるのだが、その謎が予想の範疇なのも少しマイナスポイントか。
いや、あるいは中村航は意図的にそうしているのかもしれないのだが。

ちなみに、この物語の主役は大介でもなくアキオでもなく、恐らくは掌ほたるである。
そうである以上、第一章と第二章はプロローグであり(あるいは第二章はエピローグかもしれない)、第三章に入ってからが本番である。
掌とミニーの不思議な交流。
でも二人の正体はなんとなく読者には想像がつく。
あるいはミニーについては二通りの予想があるかもしれない。
だが、ミニーの登場時のこと、そして彼女の名前を考えれば答えは一つだ。

相変わらず、中村航の文章はいい。
優しく、どこまでも優しい。
彼が描くのは徹底的に悪意が排除された世界だ。
でもきっとそれをするためには、悪意を覗かなければならない。
その上で、ピンセットを使って丁寧に悪意を取り除いているのだ。

『100回泣くこと』が映画化されるようだが、私としてはあれが中村航の代表作だとされるのはやや疑問がある。
割とありがちな、お涙頂戴の話(もちろん中村航独特の味は出ているのだが)だからだ。
あえてそうしたのだろうと思うのだが、他の作品の方が絶対面白いよなあ。


評価:A-


星に願いを、月に祈りを (小学館文庫)星に願いを、月に祈りを (小学館文庫)
(2013/06/06)
中村 航

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.07.06 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。