スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

『劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ』

レンタルされるまで待とうかとも思ったのだが、ネタバレをうっかり見てしまうのが怖くて映画館まで足を運んだ。
本編エンディング後で、完全新作シナリオで、シリアスだという。
正直結構期待していた。

序盤はコメディ調で進む。
酔っぱらった助手がオカリンに絡む所などは正直ちょっとあざといなと思った。
さあ萌えろ、ほら萌えろと言わんばかりの製作者の意図が感じられてなんだかなあと。
そこからだんだんシリアスに移行していく訳だが、まあ先に私の結論を言ってしまうと、これは蛇足だなということである。
いやだってさ、あれだけオカリンが苦労してやっとの思いで辿り着いたシュタインズゲート世界線の未来があんなんだなんてあんまりだろ。
製作陣はオカリンに何か恨みでもあるのか。
あと突込みどころも多いしな。
ちゃちゃっとタイムリープマシンを作っちゃう助手とか、過去を変えたら現在がシュタインズゲート世界線からずれてしまうのではないかとか、鈴羽を無理やり登場させた感とか、世界は一つであるはずなのにオカリンだけ別世界線に行ってしまっていることとか。
っていうか設定が色々破綻してないか?

やっぱりあれだけ綺麗に終わった作品の続編を作ろうとする行為そのものが失敗だったのではないか。
綺麗に終わったままにしとけばいいものを。
だがネットではおおむね好評のようである。

あと、かなり気になったのが、オカリンが助手やまゆりに、自らが経験した世界線漂流のことを話しているということである。
いや~、オカリンの性格から考えて話さないだろ。
何年かした後でとかならまだしも、まだ一年しかたっていないのである。

あと、中学生のオカリンの唇を奪う助手は完全に痴女だなあと思いました。

まあ、私としては蛇足としか思えなかった。


評価:D


STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)
(2013/04/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.05.12 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。