スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
半分の月がのぼる空8 anogher side of the moon-last quarter
カテゴリ: 橋本紡 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 やがて顔を上げた里香は、嬉しそうに笑っていた。


第二百九回
橋本紡の『半分の月がのぼる空8 anogher side of the moon-last quarter』

文化祭二日目。
とうとう舞台に上がることとなった里香。
その幕が上がった時、夏目にそそのかされた裕一もまた舞台へと向かう。

とうとう最終巻である。
名残惜しいがこれで最後だ。
とはいえ本編はすでに終わっているので、そこまで盛り上がりはないが。

この巻もコメディ要素の強い話が続く。
できれば、半分の月の、総決算のような内容のものが一編欲しかった所ではあるが。
まあ、「雨 fandango」がそうなのだろうけど。
できれば本物のドレスを着た里香の話が見たかったなあ、と。
もっと言ってしまえば、里香の最後と、その時の裕一を読みたかった。
さすがにこれは蛇足になってしまうのだろうな。
でも、読者としては読みたいなあと思ってしまうのである。
せめて、本編の少し後の時間軸とかだけでも読みたかった。

さて、総括しておこう。
とてもいい物語だったと思う。
ライトノベルというだけあって軽く読みやすい文章。
しかし、決して軽くはない内容。
そのどちらもが良かった。
焦点をほとんど裕一と里香に絞っているのも良かった。
これは作者の言う通り、一人の少年と一人の少女の物語なのだ。

そういえば、アニメ化、ドラマ化、実写映画化までしているらしい。
夏目が大泉洋というのはちょっと合ってないんじゃないかと思ったけど。


評価:A


半分の月がのぼる空〈8〉another side of the moon-last quarter (電撃文庫)半分の月がのぼる空〈8〉another side of the moon-last quarter (電撃文庫)
(2006/08)
橋本 紡

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.04.16 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。