スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
半分の月がのぼる空5 long long walking under the half-moon
カテゴリ: 橋本紡 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「終わりがいつかわからないって……終わりが来るまでずっと続くって……どうしようもなく続くって……わかってると思いますか」


第二百六回
橋本紡の『半分の月がのぼる空5 long long walking under the half-moon』

僕と里香に訪れた穏やかな日々。
ある日僕は夏目に連れられて浜松へと向かう。
そこで会った夫婦を見た僕は自分の歩むであろう道を知る。
そして僕と里香は再び砲台山へと登る。

いやあ、いいなあ。
青春だなあ。
堪らんな。

里香のついた嘘にはすぐに気付いた。
さすがにね。ここまで来てそれはないよ。
でもまあ裕一の立場なら騙されちゃうんだろうなあ。

裕一の覚悟がいい。
裕一は自分がわかっていないことをわかっている。
その上で、わかろうとしている。
それが、凄く、いい。
自分の無力さを理解し、そして里香に時間がないことも理解し、それでも一緒にいることを選んだのだ。

キスシーンってのはいいものだな。
青春恋愛ものの全てがそこに凝縮される。

作者の当初の構想ではここで完結だったらしい。
だから、あのペースで物語が進んでいったのか。
確かに区切りのいいところではあるが。
でもそれだと少し物足りなさが残るかな。
私は後日談肯定派なのでこの後も楽しみなのである。


評価:AA+


半分の月がのぼる空〈5〉 long long walking under the half-moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空〈5〉 long long walking under the half-moon (電撃文庫)
(2005/09)
橋本 紡

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.04.10 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。