スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
半分の月がのぼる空3 wishing upon the half-moon
カテゴリ: 橋本紡 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「一分だけ時間をとめてやるから」


第二百四回
橋本紡の『半分の月がのぼる空 wishing upon the half-moon』

里香が写真を撮ってほしいと言った。
だから僕は父親のカメラで里香の写真を撮った。
里香が学校に行ってみたいと言った。
だから僕は病院を抜け出して里香を学校へと連れていった。
そして里香の手術の日がやってきた。

展開が早い。
これは褒め言葉だ。
余計なものはそぎ落としてある。
助長な、引き延ばしのための展開なんてない。

里香の上機嫌の訳と、『チボー家の人々』の内容。
裕一の過ちとまだ明らかにならない夏目の過去。
凄い惹きつけられる。
多分完結までの構想はあるのだろう。
後付けではこうはいかないと思う。多分。

こうなると今後の展開が予想つかない。
いや、凄い気になるな。
一日一冊ペースで読んでいるが、それは読みやすい文章だという以上にこの惹きつけられる展開故だ。
いやはや面白い。


評価:AA


半分の月がのぼる空〈3〉wishing upon the half‐moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空〈3〉wishing upon the half‐moon (電撃文庫)
(2004/09)
橋本 紡

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2013.04.03 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。