スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~
カテゴリ: 三上延 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 これは何冊かの古い本の話だ。古い本とそれをめぐる人間の話だ。


第百九十回
三上延の『ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~』

本を読めない体質の俺は、ある日、祖母の遺品の本にどれほどの値がつくのかを古書店に見てもらいに行った。
だが、本のこと以外はまともに喋ることもできない店主によって意外な真実が明らかになっていく。

今、色々とホットな本だ。
月9でドラマ化が決まっている。
何だかキャストが物議を醸しているようだが。
まあ確かに合ってはいないな。

さて、内容だが、うん、面白かった。
ジャンルとしてはミステリー、それも安楽椅子探偵の部類に入るだろう。
とは言え、起こる出来事は一部を除きそれほど物騒ではない。
人が死んだりは、まあしない。
でも、決して軽い内容ではないのだ。
結構胸にずっしりと来る。

これもライトノベルのジャンルに入るのだろうか。
この辺の厳密なジャンル分けが今ひとつわからない。
挿絵の有無か?

まあとにかく面白かった。
続編も買ってあるので読んでみよう。


評価:B


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.12.31 / Comment: 4 / TrackBack: 1 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。