スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ペンギン・ハイウェイ
カテゴリ: 森見登美彦 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 もうしわけないと思うけれど、こればかりはしょうがない。


第百八十六回
森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』
第31回日本SF大賞受賞作

かしこい小学四年生であるところのアオヤマ君は日々、たくさんの研究を抱えている。
ある日突然町に現れたペンギン達のこと。
不思議な「海」のこと。
そして、不思議な力を持つ歯科医院のお姉さんのこと。
アオヤマ君は今日もまた一日分だけかしこくなるのだ。

泣きたくなるほど切なくて、抱きしめたくなるほど愛おしい。
森見登美彦の最高傑作は『夜は短し歩けよ乙女』だと思っていた。
森見節は確かに魅力的だが、ワンパターンでもある。
しかし、今作において、森見登美彦は「らしさ」を残しながらも新たな境地を切り開いたといえる。

この物語の主人公は京都に住む大学生ではない。
小学生らしからぬ小学生、アオヤマ君である。
今までの森見作品の主人公たちとアオヤマ君の共通点は、理屈屋であること、ひねくれていること、そしておっぱいが好きなことだ。
うむ、結構共通している。
だが一つ大きな違いがある。
アオヤマ君はまだ子供なのだ。
周りを固めるのは友達のウチダ君や、アオヤマ君のことが好きなハマモトさん、そのハマモトさんが好きなガキ大将のスズキ君達、そして歯科医院のお姉さんだ。
皆、魅力的なキャラクターである。
そうだ、もう一つ違いがあった。
アオヤマ君は、割とモテる。

町にペンギンが現れたことをきっかけに始まった少しヘンテコなことは、段々ととてもヘンテコなことになっていく。
そしてその全てはお姉さんに繋がっているのだ。
全ての謎を解き明かしたアオヤマ君はつらい決断をする。
でも、アオヤマ君は泣かないのだ。

最後のページまで読み終わって、とてもとても温かく、それでいて切ない気持ちになった。
でも、きっと大丈夫なのだと思える。
何故ならアオヤマ君はかしこくて、毎日えらくなっていくからだ。
だから、きっとまた。

素晴らしい読後感だった。
いやあ、傑作も傑作。
大傑作だ。
休養から活動を再開しつつある森見登美彦の今後に期待だ。


評価:AAA


ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
(2012/11/22)
森見 登美彦

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.12.22 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。