スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
悪の教典
カテゴリ: 貴志祐介 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

そう……教育とはつまるところ、洗脳の一種に他ならない。


第百八十四回
貴志祐介の『悪の教典』

頭脳明晰にして、ルックスも優れ、生徒はもちろん、同僚やPTAからも絶大な信頼を得る教師、蓮実聖司の真の貌は、邪魔になるものは手段を問わずに排除する、共感性というものを一切持たないサイコパスだった。

これは凄い。
読者にページをめくらせる文章力。
決して飽きさせない展開。
そして何よりも蓮実聖司という人物。
おぞましくも素晴らしい、完全無欠のエンターテイメント小説だ。

いやもう本当に凄いとしか言いようがない。
これは……、うん。凄い。

序盤は穏やかである。
だが少しずつ、這い寄るように蓮実の異常性が滲み出てくる。
それを当たり前の日常の中に当たり前のように放り込んでくるのだから、えも知れない違和感が残る。
そしてその違和感は、ストーリーが進むとともに大きくなっていく。

重要と思われる人物を蓮実があっさりと殺してのけるのも凄い。
釣井、圭介、園田、蓼沼。
皆あっさりと殺された。
一矢報いたと言えるのは園田くらいだ。
蓮実というジョーカーの前では、どんなカードも無意味だと思い知らされる。

蓮実は快楽殺人者ではない。
障害を排除するための方法の一つとして殺人を選択することに一切の躊躇を持たないというだけだ。
だから殺す時に相手を弄んだりはしない。
むしろ慈悲すら与え、楽に殺してやろうとする。
何とおぞましく、そして魅力的なキャラクターなのだろう。

そう、蓮実聖司は魅力的なのだ。
表の貌も、裏の貌も。
これがノンフクションならば、不謹慎もいい所だが、これはフィクションである。
だから読者は思う存分、蓮実の殺戮に酔いしれることができる。
園田が生徒を守るために、命がけで猟銃を持つ蓮実に立ち向かった時、我々が応援するのはどちらか。
言うまでもない。
蓮実だ。
窮地に追い込まれた後、園田を打ち倒した時は安堵すらする。

蓮実に情のようなものが芽生えかけるシーンがある。
こういうパターンだと最後の最後にこれが蓮実に躊躇を与え、それが致命的なミスとなるのが王道だろう。
しかし、本作において、そのようなことは起こらない。
蓮実は最後まで蓮実のままだ。
一切の躊躇もなしに、自らの教え子達を「卒業」させていく。

少し惜しいなと思った点は、猟銃が人格を得たような幻聴を蓮実が聞いていたことだ。
無駄弾まで撃っている。
ここは完璧に冷静に徹してほしかったところだ。
まあ、傷とも言えない些細な点だが。

そしてラストである。
『悪の教典』というタイトルの意味が明らかになった時、背筋が震えた。
何と性質が悪く、何と悪趣味なのだろう。
むろん、これは褒め言葉だ。
おかげで読後感は最高に最悪だ。
まるで冗談のような、いや、冗談そのもののその結末はぜひともご自分の目で確かめていただきたい。

伊藤英明主演で映画化しているようだが、これはなかなか絶妙なキャスティングだと思う。
蓮実聖司にこれ以上相応しい俳優がいるだろうか。

また、『バトルロワイヤル』と比較されることもあるかもしれない。
だが、明らかにこの二作は異なる。
現代の日本ではない架空の世界を舞台にした『バトルロワイヤル』はどこか軽い。
それが悪いという意味ではない。
アメリカンなテイストのあの作品の持ち味であると思う。
一方、現代の日本を舞台にする今作は実に重い。
ずっしりと来る読み応えである。
どちらが好きかは好みによるだろうが、私は『悪の教典』の方が好きだ。

それにしても貴志祐介は多才だ。
ホラー、ミステリー、SFと何でもアリじゃないか。
少々寡作なのが玉に瑕か。
だがその分、一作品の密度は恐ろしく高い。

映画も興味がわいてきた。
レンタルになったら借りてみようか。


評価:AAA


悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る

悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.11.16 / Comment: 2 / TrackBack: 2 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。