スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ツナグ
カテゴリ: 辻村深月 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 死者は、残された生者のためにいるのだ。


第百七十九回
辻村深月の『ツナグ』
吉川英治文学新人賞受賞作

死者と生者を会わせることのできる使者(ツナグ)。
ただしその機会は使者にとっても生者にとっても一度だけ。
その役目を担う少年の元に、様々な思いを抱えた人々が訪れる。
死者との邂逅が生み出すものはいったい何なのか。

連作短編である。
一生に一度だけ、死者との再開が叶うなら、いったい誰と会うのか。
この作品を読んだ誰もが考えることだろう。
私はどうだろう。
今のところ、会いたい死者はいない。
だが、もし、死んでしまったのならば会いたいと思う人はいる。
相手が会ってくれるかは別として。

さて、あらすじを見れば、「ちょっといい話」系統の小説だと思う人が多いと思う。
事実最初の二編はそうだ。
だが、もちろん辻村深月がそれだけのはずがない。
三篇目の「親友の心得」の苦さといったら。
これはちょっと筆舌にしがたい。
是非読んでいただきたい。
そして、だからこそ次の一編が活きる。
失踪して七年がたつ婚約者を待ち続ける男。
自分は騙されたのか、あるいは、彼女はもう亡くなっているのか。
その葛藤を整理しきれないまま男は使者に依頼をする。
そして直前で逃げだした男に、それまでビジネスライクに振る舞っていた使者の少年が、等身大の姿を見せる。
嵐のことを知っているから。
消えない悔恨を背負った嵐をこの目で見たから。

「使者の心得」にて、使者の少年、歩美の視点で物語が語られる。
歩美は確かに特殊な事情を持っている。
でも、普通の高校生だ。
使者という特殊な立場が歩美を特別な風に見せていたが、普通の、悩める高校生だ。

面白かった。
特に「親友の心得」は凄い。
こんなに苦い話はそうそうない。
そして、嵐を安易に救うこともしない。
辻村深月は嵐の小さな悪意を簡単になかったことにはせず、嵐に一生背負わせる。
でもただ突き放すだけでもない。
歩美が嵐に送った花は、中途半端だ。
だが、その中途半端さが人間ではないか。

とはいえ、辻村深月の作品として考えれば普通くらいか。
やっぱり溜めに溜めた後の最後のカタルシスが欲しい。
普通の長編が読みたいな。

映画化されてるみたいだけど、見る気はしないな。
原作より面白いってことはまずないだろうし。

FC2ブログランキングにアクセスできないのは私だけだろうか。
何回やっても「FC2IDシステムへログインできませんでした、LINE=50」と表示される。
他の、アクセス解析などは見れるのだが。
ググっても解決方法がわからない。
ん~、もうちょっと様子見るか。


評価:A+


ツナグ (新潮文庫)ツナグ (新潮文庫)
(2012/08/27)
辻村 深月

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.10.27 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。