スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
陽だまりの彼女
カテゴリ: 越谷オサム / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 なるほど、僕たちはバカ夫婦だ。


第百七十四回
越谷オサムの『陽だまりの彼女』

かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ、イジメられっ子だった真緒と十年ぶりに再会した僕。
僕は当時の面影を残しながらも、大いに成長していた彼女と急接近する。
しかし、順調だった二人の生活に、次第に影が差し始める。

裏表紙で謳われている「前代未聞のハッピーエンド」と「完全無欠の恋愛小説」という文句と、タイトルに惹かれて買った。
序盤、再会した二人は特に障害もなく親しくなり、一気に結婚まで行ってしまう。
唯一真緒の両親に反対されたこと以外は。
真緒の父親の「迷惑はかけられない」という発言はかなり気になったのだが、あまり深い意味はなかったようだ。
てっきり両親は真緒の抱える事情をすべて把握しているからの発言かと思ったのだが。
いや、あるいはそうだったのかもしれないな。

まあ、二人は順調に愛を育む。
その様子はもうベタベタに甘く、非常に私好みであった。
しかしながら、いや、だからこそ不安になった。
ここはまだ物語のスタート地点でしかないのだとわかっていたからだ。
そして予想通り少しずつ、不穏な気配が漂ってくる。
このあたりの描写はかなりうまいなと感じた。
非常に不安感を掻き立てられる。

そして最後まで読み終わったのだが、なんだか物足りなさを覚えた。
「前代未聞のハッピーエンド」というあおり文句に期待していたということもあり、何かすごいオチがあるのではないかと待ち構えていたからだ。
真緒が猫だったというのは確かに予想外ではあったのだが、前代未聞というには弱いなあ。
真緒がいなくなってからの展開があっさりしすぎているように感じる。
もうちょっとページを割いてもよかったように思う。
とはいえ、作者の他の作品も読んでみようかと思うくらいには楽しめた。
中盤までは文句なしだったし。
でも、裏表紙で結末に触れるのはやっぱりなしだよなあ。


評価:B+


陽だまりの彼女 (新潮文庫)陽だまりの彼女 (新潮文庫)
(2011/05/28)
越谷 オサム

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.08.27 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。