スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ラブコメ今昔
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 一朝ことあれば戦地に赴く可能性も命を落とす可能性もある自衛官だ。


第百七十一回
有川浩の『ラブコメ今昔』
自衛隊を舞台にした恋愛短編集第二弾。

「ラブコメ今昔」
表題作。
矢部千尋二等陸尉に、妻との馴れ初めを隊内誌に掲載したい迫られた今村和久二等陸佐。
みっともないと逃げ回る今村に追う千尋。
その結果は……。

千尋のキャラがいい。
何というかすごく有川浩らしいキャラクターだと思う。
また今村の厳しい意見は非常に頷ける。
自衛官同士の結婚率と離婚率が高いという事実。
子供ができたらどちらかは職を辞すべきだというのは、ともすれば前時代的に感じられるかもしれないが、彼らは「国を守る」自衛官である。
冒頭に引用したように、命を落とす可能性がある職業なのだ。
軽い部分だけでなく、こういった重い部分もしっかりと描いているのは有川浩の長所だろう。

「軍事とオタクと彼」
新幹線で席を譲ってくれた光隆の笑顔に惹かれた歌穂は名刺を彼に渡す。
その後連絡があり、予定が合えば二人で会ったりする様になったのだが、一年経っても彼は告白してこない。
他に女がいるのかはたまた……。

これは割とあっさりした感じ。
でも、頼りなさそうな光隆だが、それでも彼も「国を守る」自衛官なのだ。
その覚悟はやはり格好いい。

「広報官、走る!」
広報室に所属する政屋征夫一等海尉自衛隊を舞台にしたドラマの撮影の段取りに奔走する。
自衛隊との連絡係のドラマスタッフ、鹿野汐里を気に入った政屋だが、汐里は横暴な上司に苦労していた。
そして、ドラマ制作に大きなトラブルが訪れ……。

女友達は数多くとも、肝心な事を言えない政屋はなかなかのチキンである。
だが、汐里のためにできる範囲でギリギリの事をする姿は格好いい。
またここでも自衛官の覚悟が描かれている。

「青い衝撃」
相田公恵の夫、絋司は航空自衛隊の花形、ブルーインパスルのパイロットである。
ある日、絋司のファンの女に「勝った」目で見られ、しかも、絋司の襟元に「あなたにだったら、勝てそう」というメモが入っていた。
絋司の事を信じながらも、繰り返し入れられるメモに公恵は揺れていく。

有川浩らしく、女の嫌らしさが上手く描かれている。
それに、自衛官が訓練において失敗することの意味を描いていて、はっとさせられる

「秘め事」
手島岳彦二尉は上官の娘、水田有季と内緒で付き合っている。
打ち明けるタイミングを計っているうちに、ずるずると二年が経っていた。

甘さでは今回はこれが一番か。
そして重い話でもある。
パイロットの訓練中の事故死は我々が思っている以上に多いらしい。
「同期が半分も残っていない」という話は非常に重い。
それでも彼らは「国を守る」ために飛ぶのだ。
しかし、娘との交際をかけて上官と殴り合いとかいいのだろうか(笑)
自衛官なのに。
いや自衛官だからこそいいのか?
まあこれはフィクションだから実際はどうなのかは分からないが。

「ダンディ・ライオン~またはラブコメ今昔イマドキ編」
「ラブコメ今昔」で登場した千尋と吉敷一馬の出会いの話。

千尋の積極さ、行動力には頭が下がる。
しかし吉敷はヘタレだな(笑)
有川浩は「痛い」という表現を独特に使う。
きつい、でもつらい、でもなく「痛い」なのだ。
きっとこだわりがあるんだろうな。
こういうスピンアウトは好きだな。
人によっては蛇足だと感じるかもしれないが。


甘さは、第一弾の『クジラの彼』よりも控えめ。
より、自衛隊色の強い内容となっているように感じた。
「国を守る」仕事という意味を改めて考えた。


評価:A+


ラブコメ今昔 (角川文庫)ラブコメ今昔 (角川文庫)
(2012/06/22)
有川 浩

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.07.09 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。