スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
カテゴリ: 辻村深月 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 お母さん。これは、ひどい。


第百七十回
辻村深月の『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』

女性が刺殺体で見つかり、その娘は失踪した。
失踪した娘、チエミの幼馴染、みずほはチエミの足取りを追う。
互いに歪んだ母娘関係を持つ、みずほとチエミ。
チエミはなぜ母を刺し、そしてなぜ逃げるのか。

いやはや、凄いな。
これは、けっこう圧倒されてしまった。
まず、女同士の友情の描写が無茶苦茶生々しい。
特に政美とかが印象深い。
率直で打算的で、でも、悪役というわけではない。

タイトルの意味も最初はわからなかったのだが、なるほど、そういう意味か。
ものすごく上手いというわけではないのだが、印象的ではあった。
でもこれは気付いてしかるべきだったかもしれない。
続きが気になってしまったので、あまり深く考える事をせずに読み進めてしまった。
チエミが逃げ続けている理由も、一切考えずに読み進め、仰天した。
後に深く納得した。
あ~、なるほど、みずほが赤ちゃんポストにこだわっていたのはそういうことだったのか。
違和感はあった。
何だか本筋とは関係ないな~とかぼんやり思っていたが、辻村深月がそんな関係ないことにページを割くわけがないのだ。
いや~、そうか、こうつながるのか。
このへんも、伏線は十分以上に張られていた。
大地の言動、それに対してのみずほのリアクション。
それにしても大地のクズっぷりったらないな。
すがすがしいまでにゲスい。

まあ大地の事は置いておいて。
こう繋がるのか~、と思った。
だがまだページがある、残っている。
『名前探しの放課後』のときと同じ感じ。
これはまだひっくり返るぞ、と直感した。
だが、どうひっくり返るのかは全く分からなかった。

みずほ視点で書かれた第一章の四分の一程度しかない第二章はチエミ視点で書かれている。
そしてついに事実が明かされる。
最初から何もなかった、というチエミの独白でまさか、と思った。
だが、翠が赤ちゃんポストのことに言及していたから、まさかね、と思ったのだが。
マジだった。
そんな、うわあ、これじゃあ救いがないではないか。
みずほはチエミを見つけたけど、約束の事を覚えていたけれど、でもこれは。

さすが辻村深月である。
ラストで思いっきり振り回してくれた。
『太陽の坐る場所』は、少し消化不良だったが、今作は良かった。
ジェットコースターのようなラスト。
チエミの最後の台詞は、本当に切ない。

とても良かったのだが、一つだけ気になる点がある。
翠とチエミの別れ際、なぜ翠は赤ちゃんポストのことに言及したのか。
いくらなんでもお腹が膨らんでいないことは一目瞭然だろう。
ここだけちょっと疑問だ。

そういえば、ドラマ化でもめているらしい。
脚本が原作と違いすぎて、辻村深月が拒否したようだ。
何でも、みずほが手紙を見つけるシーンがカットされていたとか。
そこめちゃくちゃ大事なシーンじゃないか。

そういえば辻村深月は、人気作家の割にメディアミックスの話を聞かないな。
『冷たい校舎の時は止まる』は確か漫画化されていたと思うが、他はあまり聞かない。
映像化したら面白そうに思うが。
アニメとかでもいけそうだ。
辻村深月の意向なのだろうか。


評価:A+


ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)
(2012/04/13)
辻村 深月

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.06.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。