スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
Steins;Gate ドラマCD α 『哀心迷図のバベル』 ダイバージェンス0.571046%
カテゴリ: ゲーム / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

Steins;Gate ドラマCD α 『哀心迷図のバベル』 ダイバージェンス0.571046%
γの次はαにした。
βとどっちか迷ったが、βの方が何か重要っぽいので。

今作は本編の助手ルート、因果律のメルトを助手の視点から描いたものとなる。
強がっていた助手は、自分の存在が消えてしまうという事実を前に果たして本当はどう思っていたのか。
そして、空港へと向かったはずの助手がラボに戻ってくるまでに何があったのか。
そこら辺を補完した内容となっている。

ジャケットを見て分かる通り、フェイリスと助手が主な登場人物である。
この二人はそう言えば、本編の中では絡みがないな。
フェイリスは基本ラボには来ないし、助手がメイクイーンに行くこともない。
フェイリスがDメールを送った時も、助手はラボで待機していたし。
しかし絡んでみたら意外としっくりくる二人だ。
相性良さそう。

父親同士が親友という意外な点も明らかになった。
しかしそこに鈴羽まで絡んでくるとはびっくりさせられた。
ドクター中鉢のタイムマシン研究に鈴羽が一枚かんでいたとは。
まあこれは後付け設定なのだろうが、ちょっと違和感がある。
鈴羽がそんなことするかな~と。
ただ、少し疑問だった「何故鈴羽はフェイリスパパにIBN5100を託したのか」という点はこれで少し補強されるか。
面識があったのならまあ頷けないこともない。
若い頃の中鉢が中二病なのはちょっと笑った。
助手はファザコンだなあ。

中鉢が唯一ゲスくないとこを見せるシーンもある。
でも結局はあれだしなあ。
とってつけた感は否めない。

それと、最後の助手が、きっと岡部ならまゆりも私も死なない結末にしてくれるっていうのはさすがにどうかと。
いくらなんでもあの時点で助手がそこまで考えが至るとは思えないのだが。
この辺も後付けでねじ込んだくさいな。

とまあ、とってつけた感が気になったのであまり評価は高くない。
でも、冷静そうに見えた(実際は結構ボロは出てたが)助手が、自暴自棄になったりしてる所が見れたのは良かった。


評価:B+


STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046%STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046%
(2010/03/31)
今井麻美、桃井はるこ 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.06.19 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。