スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
あなたがここにいて欲しい
カテゴリ: 中村航 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「俺たち付き合ってるんだよね、ってちょっと言ってみて」


第百五十五回
中村航の『あなたがここにいて欲しい』

三篇が収録された短編集である。
初めて読む作家だったが、これはなかなか。
新規開拓では久しぶりの当たりか。


「あなたがここにいて欲しい」

表題作である。
穏やかで控えめな吉田くんの半生を描く。
音信不通だった親友でヤンキーの又野くん、恋心を寄せる舞子さん。
この二人との交流がメインとなる。

後の二編にもいえることなのだが、いやあ、なんというか徹頭徹尾優しい物語だ。
淡々としていて、ドラマチックな展開はない。
特に波乱もなく恋は成就するし、又野くんともあっさり再会する。
でも惹きつけられるものがある。

にしても舞子さんいい女だなあ。


「男子五編」

一人の男の子が成長していく姿を、5つ(プラス1)の形式で描く。

相変わらず淡々としている。
しかし、少年期~青年期にいたるまでの男の心境が上手く描かれている。
祭り、金魚すくい、カタ抜き、秘密基地、ひばりの巣、サッカー部、バンド等々。
男子はいつだって馬鹿なのだ。

ところで最後に出てきた吉田くんの名前だが、「あなたがここにいて欲しい」と繋がっているのだろうか。
唐突に出てきたからよくわからなかった。


「ハミングライフ」

公園で見つけた猫に餌をやるうちに、同じく猫の世話をしている男性と、木のウロをポストにして手紙のやり取りをする。

いやこれがまた優しい話だ。
二人のやり取りがとても心地良い。
素朴で、何気なくて、温かい。
直接会うことになった際のやり取りがまた何とも間が抜けていて、そこに男女の駆け引きなんてものは存在しない。
何ともまっすぐな二人だ。


いや、本当、三篇全てが優しい。
そこにはおよそ悪意と呼べるものが全くない。
優しさだけで作られた、箱庭のような世界だ。
リアルではない、でも、なんかいい。
そう、なんかいい、というのが相応しいだろう。
凄くいい、とまではいかない、なんかいい。

表題作と「ハミングライフ」が好きだなあ。
表紙もいい。
非常に作品と合っている。

余談だが、何となく文章が森見登美彦を思わせた。
特に表題作。


評価:A


あなたがここにいて欲しい (角川文庫)あなたがここにいて欲しい (角川文庫)
(2010/01/23)
中村 航

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.03.29 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。