スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
人造救世主
カテゴリ: 小林泰三 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第百五十二回
小林泰三の『人造救世主』

奈良の寺院に観光に来ていたひとみとジーン。
悪戯心から拝観時間を過ぎても寺の中に隠れていた二人は驚くべきものを目にする。
超能力を操る謎の集団が現われ、建物を破壊し始めたのだ。
その集団はひとみ達にも襲いかかるが、ヴォルフと言う謎の男に二人は助けられる。
MESSIAHを名乗る集団の目的は人類の支配、そのための超人の創造だ。
超人は歴史上の偉人のクローンに、聖人の遺伝子を注入したもので、ヴォルフはその失敗作であった。

まあシリーズ物の第一弾らしいので、あまり何とも言えないが、何だかな~、と言う感じだ。
こういう設定は好きなのだが、何というか、会話に違和感があるというか。
ストーリーを進めるために無理やり会話させている感じがする。
あと、キャラクターにいまひとつ魅力がないな~。
その辺はこれから掘り下げていくのかもしれないが。
グロいのも控えめだし、いまひとつ盛り上がりにかける。

ヴォルフがヒトラーのクローンだと言うのは斬新だと感じた。
しかも超能力を持たない失敗作である。
当たれば一撃必殺のロンギヌスの槍があるとはいえ、MESSIAHには時を止めれるらしい超能力者までいるのに、どう対抗するのだろうか。
だが、手持ちの武器と機転で戦っていくと言うのはけっこう好きだ。

MESSIAHの言う所の閣下、超人たちに注入された遺伝子の持ち主と言うのはまあキリストだろう。
超人たちがロンギヌスの槍に弱い所からも間違いないと思われる。
と思ったが、閣下とやらと、超人に注入された遺伝子の持ち主は別人のようだ。
その閣下に力を発現させるために、今度はブッダの遺伝子を必要としているのだろう。
閣下とはMESSIAHのトップ? 最も純粋な血とは?
まあまだ考える材料もないか。

しかし、遺伝子が重要な意味を持つこの作品で、ジーンと言う名前はいかにも意味深だな。
何か意味があるのだろうか。

それにしても序盤の敵に織田信長にアインシュタイン、北条政子と序盤から大判振舞いだ。
まあ有名な偉人は枚挙に暇ないし、今後ネタ切れするということもないか。

表紙の人物が誰なのかが謎だなあ。
葵だろうか。

続編はもう出ているのだろうか。
まあ買うとしても中古かな~。
新品で欲しいと思えるほど面白くはなかった。


評価:C


人造救世主 (角川ホラー文庫)人造救世主 (角川ホラー文庫)
(2010/08/25)
小林 泰三

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.03.09 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。