スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ラッシュライフ
カテゴリ: 井坂幸太郎 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第百四十八回。
井坂幸太郎の『ラッシュライフ』

初井坂幸太郎である。
あちこちで話題となり、評価の高い、旬の作家なので非常に楽しみにしていた。
何となく今まで読む機会がなかったが、今回初めて手に取った。

一言で言うと群像劇という所だろうか。
空き巣、父親が自殺した青年、不倫するカウンセラー、職も家族も失った男。
最初は無関係だった彼らの行動が、物語の進行とともに関係を持ち始める。

さあ、期待しながら読み始めた。
うんうんなるほどね。
そう繋がるか、まあ予想の範囲内かな。
これはどんでん返し来るね。
残りページもう少ないけど、ラスト数ページで色を変える作品はいくらでもあるしね。
……ん? 終わった?
……終わった!!

まあ、以上が私の感想だ。
何というか、正直期待外れ感が凄い。
村上春樹チルドレンというのには何となく納得した。
何だろう、雰囲気を楽しむ感じの作家なのだろうか。
村上春樹が私に合わなかったように、井坂幸太郎も合わないのだろうか。
それは残念なことである。
同じく村上春樹チルドレンと言われている、本多孝好は好き、むしろ大好きなのに。
何でかな~。

展開も予想を裏切るものではないし、ラストも平凡に感じる。
そこまでの持って生き方も目を見張るものではない。
ん~。

とはいえ、一冊だけで評価を決めてしまうのは早計だ。
でもこの作品出世作っぽいんだよな。

う~ん、まあ次に期待。


評価:C


ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
(2005/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.01.31 / Comment: 6 / TrackBack: 2 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。