スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
模倣犯
カテゴリ: 宮部みゆき / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第百四十七回。
宮部みゆきの『模倣犯』

また広告を出してしまった。
新規開拓がなかなか上手くいかないので先月は、既読の面白かった作品ばかり読み返していた。
そうしたらあっという間に一ヶ月経ってしまった。
不覚。

まあそれはそれとして。
『模倣犯』は文庫本五冊にわたる大長編であり、恐らく宮部みゆきの代表作の一つなのだろう。
確かドラマ化だか映画化だかがされていたと思う。
見てはいないがSMAPの中居が犯人(恐らくピース)役だったはずだ。

それだけ評価されている作品だろう。
そう思っていたので、並々ならぬ期待をもって読み始めた。
外れの少ない宮部みゆきだから安心だという気持ちもあった。
そして、結論から言えば、外れだった。

内容としては、連続誘拐殺人事件を、被害者、犯人、それを追う刑事、ルポライターなどの様々な視点から描いた作品、といったところか。
二人の犯人の正体も比較的早い段階で明らかになる。
犯人が誰か、ということが問題となる種類の作品ではない。

以下はネタバレを大量に含む。
まあ犯人の名前はこの作品においてはネタバレとは言えないため隠さない。

何が引っかかったかというと、人物像がブレブレだと感じた点だ。
まず、ヒロミだが、彼は、自分を優れた人間だと思い、自分より劣った(と感じた)人間を見下しながら生きる男だ。
ヒロミについてはいい。
彼は一貫して幼稚な人間として描かれている。
いずれピースに見捨てられるだろうことも予測できた。
実際はそうなる前に事故死した訳だが。
しかし自首する気になるとは思わなかった。

次にカズだが、結局彼は弱気で愚鈍な人物だったのか、そうではなかったのか。
後者なのだろうとは思う。
実際行動を開始した彼はけして愚鈍ではなかった。
だが、序盤の描写とあまりにもギャップがある。
ただまあカズの描写は周りの人物からの目線で描かれているものが多かったため、このギャップは狙ったものと取ることもできる。
ただ、ヒロミも一種の被害者だと言うのはどうか。
カズは詳しくは知らなかったとはいえ、何人殺したと思っているのだ。
トラウマ持ちとはいえ、まだその言い訳が通じるのは最初の殺人だけだ。
以降の殺人は全く同情の余地はない。
捕まれば問答無用で死刑だろう。
まあでもここまではまだ許せる。

問題はピースこと網川浩一だ。
作者は、ピースをいわゆる悪のカリスマとして描きたかったのか、ヒロミと同種の幼稚な人間として描きたかったのか。
いや、後者なのはわかる。
結果からも明らかだ。
だが描写がブレブレなのだ。
カリスマ的な人物として登場したかと思いきや、すぐさま幼稚な面を披露する。
この段階でこいつは駄目だなと読者に感じさせてしまう。
と思ったらまたカリスマ的な雰囲気を醸し出す。
いや、わかるのだ。
恐らく作者が描きたかったのは、他者を見下し完全犯罪を気取るピースの愚かさ、幼稚さだろう。
だが、それが成功しているとは思えないのだ。
愚かなのは十分伝わるのだが、それを、強調したかったのならば、序盤はカリスマ性、完全性を前面に出し、それが崩れていく様を描いた方が良かったのではないか。
大体ピースの計画が上手くいっていたのは運が良かっただけだ。
ヒロミとカズの事故死などその最たるものだ。
自首が成功していたら、悠々と別荘で待つピースの元に警察が踏み込んで終わりだったではないか。
間抜けにも程がある。

そして(悪い意味で)圧巻のラストである。
まさかテレビの生放送で挑発に乗って自白するとは。
これはもうただの馬鹿だ。
そしてただの馬鹿ならば、何故警察はピースを捕まえられなかったのか。
警察をdisってるのか。
まあ実際は自白しなくとも時間の問題だったのだが。
しかも見苦しくテレビ局の一室に立てこもりそこで余裕を装う。
酷い。

また、『模倣犯』というタイトルがそもそもどうなのか。
最初このタイトルから私が想像したのは、連続殺人事件の犯人が不慮の事故で死んでしまい、あと一歩まで迫っていた警察も真相に届くことができなくなるが、そこで再び殺人が起こり、その犯人は別人でしかも最初の犯人よりもより手ごわい人物で……といったところだった。
テレビにかかってきた電話が一回目と二回目で人物が違った時はおおっと思ったが、模倣犯ではないことがすぐに発覚した。
別に私の予想はどうでもいいのだが、模倣犯、出てこないではないか。
もっと他にタイトルあっただろうに。

ここで少し気になって、映画版(ドラマではなく映画だった)の内容を調べてみたのだが、どうやら原作とは全く別物のようだ。
映画では、ピースはまさに、悪のカリスマとして描かれているらしい。
原作では偶然だった数々のピースにとっての幸運が、全てピースの掌の上で起こったことになっているようだ。
パーフェクト超人か。
そしてラストは自殺(爆死!)であるらしい。
映画でも挑発に乗って自白したのだろうか。
それとも自分の計画の締めとして死んだのか。
後者なら完璧だ。
ちょっと映画版が気になってきた。
ただ、宮部みゆきは映画版の出来が相当気に入らなかったようだ。
まあ確かに気持ちは分かる。
彼女の描きたかったテーマと映画とでは恐らく真逆に近い。

しかしあのオチはなあ……。
この五冊にわたる大作の締めが、あまりに陳腐で使い古され、手垢にまみれた安っぽいやり方だったのがやっぱりしっくりこないというか。


評価:D


模倣犯1 (新潮文庫)模倣犯1 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

模倣犯〈5〉 (新潮文庫)模倣犯〈5〉 (新潮文庫)
(2005/12)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2012.01.07 / Comment: 3 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。