スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
回帰祭
カテゴリ: 小林めぐみ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第百四十回
小林めぐみの『回帰祭』

人が住める星ではなくなった地球からの避難船ダナルーが、ある星に不時着してから300年が経った。
この星では、ダナルーの中央システムの故障により男女の出生比率が9:1となっており、16歳までにカップリングに成功できない男は、復興した地球への船へ乗ることになる。
地球行きに漠然とした不安を感じるアツ。
変わり者の秀才ライカ。
勝気な少女ヒマリ。
3人が喋るウナギと出会ったことで、少しずつダナルーの持つ違和感が表に現れてくる。

ライトなSFといったところか。
導入部からダナルーの謎が明らかになってくるあたりまでは面白かった。
ただ最後の畳み方がちょっと……。
急展開すぎるというか、もっとページを割いて欲しかった。
同じ急展開でも、辻村深月とは違って何だかあっけない。
というかアツが哀れすぎる。
途中まで主人公だと信じていた。
まさかの最後安否不明のままだ。
ヒマリもライカに持っていかれてしまうし。

ラストが尻すぼみでなければもっと面白かったのに。
人間が知らぬ間に管理され飼育されている設定とかは好きだったのだが。


評価:C+


回帰祭 (ハヤカワ文庫JA)回帰祭 (ハヤカワ文庫JA)
(2008/11/10)
小林 めぐみ

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2011.10.21 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。