スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
別冊図書館戦争II
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 終わった恋に望むとすれば――君に幸あれ。ただそれだけを。
 二人の未来が真っ白だった頃のように、君が幸せであればいい。
 願わくば君の隣に優しい誰かがいて、君の夢を見守ってくれていることを。
 そしてどうか俺がここで君の本も守ることを許してくれますように。


第百三十九回
有川浩の『別冊図書館戦争II』
図書館戦争シリーズもこれで幕となる。
名残惜しいが、語り残されていることはないだろう。
全てを書ききったという感じだ。

図書館戦争シリーズの最終巻なので、甘いのを期待して読み始めたら……切ねえ!!
何だこれ。
ほんとに図書館戦争か。
しょっぱなの副隊長の緒方の若い頃にスポットを当てた一編である。
進藤にも少しライトが当てられている。

詳しい内容は読んでいただくとして、とにかく切ない。
もう届かない想い。
そういうのに非常に弱い。
ちょっと涙腺きた。
それでも彼女の幸せを祈り、前を向いて生きる緒方は強い。

でもそれだけでは終わらないのが有川浩。
ちゃんとハッピーエンドにするんだな~。

お次は、堂上夫妻のいちゃいちゃを間に挟んだ、堂上と小牧の昔の話。
それにしても、小牧は毬江の話になると相変わらず大人げない。

 その子に何かちょっかい出したら、と前置いた小牧は極上の笑顔で言い放った。
「殺すよ」

しかもこのセリフ、新人相手にである。

さて、この巻本命の、手塚と柴崎の話だ。
短編三つ分をフルに使って描かれている。
しかしこうして読んでみると、この二人はくっつきそうでくっつかなかった頃が一番ニヤニヤできたな。
くっついてしまうと、柴崎は開き直って弱いところを見せなくなってしまうから。
手塚は相変わらずのようだが。

内容だが、これも詳しい部分は端折るが、ストーカー事件に(二段階で)巻き込まれた柴崎と、それを助けた手塚の距離が縮まっていくと言ったところか。
しかし美人は大変だ。
それにしても水島は最初から怪しいと思っていた。
このタイミングで新キャラを出す以上何らかの役割が振られていると考えるのが妥当だろう。
手塚と柴崎をくっつける役には立ちそうになかったし。
いや、ある意味きっかけ作りにはなったのか。
そう考えると、後は簡単だ。

上でくっついてしまうとあんまりニヤニヤできないと書いたが、告白のシーンはやばかった。
普段強気な柴崎だからこそ、あんな弱い所見せられたらこれはもう反則だ。

「あたしを大事にしてくれて、あたしが大事にしたいような人はあたしのことなんか見つけてくれなかったっ!」
「俺が見つけた」
 手塚が囁いた。
「自信家で皮肉屋で意固地で意地っ張りで大事にしたいお前のこと、やっと見つけた」

手塚もいざとなったら男だねえ。
この殺し文句。
このやり取りは、いいなあ。
凄く好きだ。

巻末のショートストーリーで玄田もフォローされて、もう主要人物全員幸せではないか。
でも図書館戦争シリーズはそれが許される作品だと、私は思う。

長かったシリーズもこれで終わりだが、終わっちゃうのか~という感慨は意外と少なかった。
全て作品内で書き切られているからだろう。
いや~いい作品だった。
とにかく面白い。


評価:AAA
手塚と柴崎が出てると甘くなってしまう。


別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)
(2011/08/25)
有川 浩

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2011.09.25 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。