スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
新釈 走れメロス 他四篇
カテゴリ: 森見登美彦 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「俺の親友が、そう簡単に約束を守ると思うなよ」


第百三十三回
森見登美彦の『新釈 走れメロス 他四篇』

誰もが知っている名作を森見流に仕上げた短編集である。
そしてそうである以上、主人公は京都の腐れ大学生達である。

全て馬鹿馬鹿しいコメディータッチの作品かと思いきや、表題作以外はそうでもない。
真面目だったり、切なかったり、不気味だったり、だ。
中でも「山月記」と「桜の森の満開の下」は書くことの悲哀を少し扱っていたりする。
作者自身の考えも含まれているのだろうか。

しかしやはり、馬鹿馬鹿しくてこそ森見登美彦だろうと私は思う。
なので、表題作の「走れメロス」を中心に見ていく。

芽野史郎は、不条理に部室を奪われた詭弁論部を救うため、図書館警察長官に立ち向かった。
長官が詭弁論部に部室を返すために出した条件とは、学園祭のフィナーレでブリーフ一丁で踊ることだった。
しかし芽野は、姉の結婚式に出なければならないといい、身代りに親友の芹名を置いていく。
その友情に感激した長官だが、芹名の一言で全てが覆る。

「あいつに姉はいないよ」

芽野は約束を守る気などさらさらなかったのだ。
こうして芽野の一大逃走劇が始まった。

何とも馬鹿馬鹿しいではないか。
芽野と芹名の出会いであるパンツ番長事件や、芽野が逃げ切り、人質となった芹名が代わりにブリーフで踊るという結末をこそ、「真の友情」と信じ、逃げ続ける芽野と、悠然とその時を待つ芹名。
これぞ森見登美彦という馬鹿馬鹿しさだ。

しかし、女に弱いのが腐れ大学生である。
数々のピンチを乗り越え、走り続けた芽野だが、懸賞金に目がくらんだ、可憐な乙女にだまされ絶体絶命の窮地に立たされる。
そして、そこを元詭弁論部の須磨さんに助けられるのだ。
まあやはりというかなんというか、大方の予想通り須磨さんも敵であった。

ラストも原作の流れを踏まえつつ馬鹿馬鹿しく仕立て上げられている。

「走れメロス」意外は、さほど馬鹿馬鹿しくはなかったが、「山月記」、「桜の森の満開の下」辺りは結構好きである。
物書きを題材とした話が好きだからだろう。
他二つを悪くなかった。
だがやはり「走れメロス」が一番面白かった。


評価:A+


新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
(2009/10/15)
森見 登美彦

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2011.07.29 / Comment: 6 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。