スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
シアター!2
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「報われなくて諦めるならとっくの昔に諦めてます」


第百三十回
有川浩の『シアター!2』

二年間で三百万円の借金を返すこと。
それが小劇団、シアターフラッグ存続の条件である。
借金返済のために動き出したメンバーに様々な危機が襲いかかる。

『シアター!』の続編である。
『シアター!』を読んで物足りなさを感じたが、今作を読んで納得した。
あれは長いプロローグにすぎなかったのだと。
前作ではほとんど触れられていなかったキャラクターにもスポットが当てられ、前作で触れられていたキャラクター達はもっと掘り下げられる。
さらに、恋の香りもあちこちに。
切なかったり、にやにやしたり。

まず石丸が切ない。
まるっきり完全に見込みのない片思い。
そしてそのことにとうとう気付いてしまった(いささか遅すぎるが)時。
精一杯の強がりが悲しい。

そして攻めきった牧子だ。
いやほんと攻めきったな。
その後上機嫌なところとか可愛いらしい。
巧のリアクションが戸惑った感じってことは、巧は自分が千歳に惹かれていることに気付いていないのか。
司に相談するくらいだし気付いていないのだろう。

巧をたらし呼ばわりの、司だが自分だって立派なたらしである。
酔った勢いで千歳に電話しておいて、そのうえこのセリフだ。

「声だけで俺を救っちゃうんだな」

そして鈍い。
千歳にはなつかれてる程度にしか思っていない。
これはやはり血か?
司にも父親の血が流れているということか。
というか男性陣が軒並み鈍い。

さて、次作で完結とのことなのでどんな結末を迎えるか非常に楽しみだ。
個人的には牧子には幸せになってほしいな~。
一気に物語が転がりだして面白くなった第二巻。
完結編に期待。


評価:AA


シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
(2011/01/25)
有川 浩

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2011.06.28 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。