スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
図書館危機
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 私は業が深かったが、多くの理解者をもまた得たのだね。


第百二十二回
有川浩の『図書館危機』

ついに王子様の正体を知ってしまった郁。
そんな中、郁たち初の昇任試験がやってくる。
また、とある新進気鋭の人気俳優のインタビューが、玄田のもくろみで世間を騒がす事態になった。
さらに、自由をテーマとした過激な絵画が、茨城県の美術展で最優秀作品となりその警備に郁たち特殊部隊も赴くことに。
しかし訪れた茨城県立図書館は色々と歪んでいた。

さて、前巻のラストでとうとう、憧れの王子様の正体を知ってしまった郁だが、案の定、動揺しまくりだ。
そのことが書かれた手塚慧からの手紙を堂上に読まれそうになって、大外刈りで上司の堂上を昏倒させるほどだ。
馬鹿だ。
だが馬鹿な子ほど可愛い。

毬江に痴漢行為をはたらいた男に対する小牧の追及は冷徹で容赦なく怒りを込めたものだった。

「死ねばいいよ、お前」

この辺り小牧がどれだけ毬江を大切に思っているかが分かる。

しかし巻を増すごとにニヤニヤ度が上がっていく。
本当あちらこちらで郁と堂上はいちゃいちゃして困る。
電車で真顔を保つのに苦労するではないか。
ベタ甘の威力は増すばかりだ。

一方、熱い展開も多々ある。
玄田が体を張ってサブマシンガンの銃弾から最優秀作品「自由」を守り抜いたところ。
そして稲嶺勇退のシーンだ。

「稲峯関東図書基地司令に敬礼――――ッ!」

こういうの好きなのだ。
胸が熱くなる。

また郁はとうとう自分の恋心を自覚する。

「ごめん、柴崎。あたし、やっぱり堂上教官のことが好き」

それに対する柴崎の返事もまたいいのだ。

「大丈夫よーぅ、あんたが堂上教官のこと好きなんてずーっと前から知ってたから」

堂上が自分をどう思っているかを柴崎に聞く郁に対しての返事も柴崎らしくて好きだ。

「あたしに聞いたら推測じゃなくて解でしょうが。相手の言動一つ一つで舞い上がったり不安になったり、しっかり翻弄されといで。それが乙女ゴコロの心意気ってもんでしょうが」

まさしくその通りだ。
それでこその恋心だ。

三巻目にしてこの甘さ。
これでは本編最終巻となる『図書館革命』ではどうなってしまうのか。
そして革命というからには何かが大きく変わるのだろう。
それも含めて楽しみだ。
あー、早く続きが読みたい。


評価:AA+


図書館危機 図書館戦争シリーズ3 (角川文庫)図書館危機 図書館戦争シリーズ3 (角川文庫)
(2011/05/25)
有川 浩

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2011.05.31 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。