スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
阪急電車 片道15分の奇跡
カテゴリ: 映画 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

映画感想第一回
『阪急電車 片道15分の奇跡』

原作があまりに面白すぎてうっかり久しぶりに映画館に足を運んだ。
そして予想通りにがっかりした。
まあ仕方ないか。
原作を超える映画なんて見たことないし。

征志とユキのエピソードがカットされてたのも残念。
まあカットするならここだって言うのは分かるけど。
エンディングの「生」の文字も原作読んでない人は分からないだろうに。
原作では最初と最後を締めるエピソードなんだけどな~。

物語は基本的に原作通りで、時江、翔子、ミサの三人を軸にまわっていく。
それプラスゴンちゃんと圭一という感じか。

ミサはもっと派手なイメージだったんだが戸田恵梨香か~。
普通路線じゃないか。
豹柄着てたくらいで。

そして翔子から婚約者を寝とった女だが、あんな美人では駄目だろう。
あれ、安めぐみだよな多分。
あれじゃあ、私の方が絶対綺麗とは言えないではないか。
もう好みの問題だ。
もっと地味な子をキャスティングすべきだっただろう。

逆にゴンちゃんはもっと可愛くてよかったと思う。
この二人の感情表現をCGを使って漫画的に表現したのは映画の限界か。
まあ実際は他人から見てもわかるくらいの赤面なんてなかなかないしな~。
あんな風にするしかなかったのかも。
でもあれではニヤニヤできない。
むしろなんかこっぱずかしい。

圭一はあんなにパンクなのか。
髪の毛は長めのちょいイケメンだと思っていた。
パンクな服装という描写はあったけどあそこまでとは。
まあこの二人は微笑ましくはあった。

総じて凡作の域を出ない、というのが私の評価だ。
原作が面白かっただけにギャップも激しかった。
原作を読まずに見たら楽しめるのかもしれない。


評価:C



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Edit / 2011.05.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。