スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
僕たちの終末
カテゴリ: 機本伸司 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

これでもまだごちゃごちゃ抜かす奴は、できもしないワープエンジンで銀河系の果てまで飛んで行け!


第百十四回
機本伸司の『僕たちの終末』

2050年、太陽活動の異常による太陽暴風で、地球に滅亡の危機が迫っていた。
そんな中、天文学者の神崎正は、恒星間宇宙船を作って地球を脱出することを目標とする、終末旅行サークル、ワールドエンド・スペーストラベル、通称WESTを立ち上げた。
正は小さな人材派遣会社を経営する、瀬河恒夫とその娘那由をも巻き込んで計画を進めていく。
技術的、法律的、政治的問題が山積みの中、WESTはまだ見ぬマクガフィン星にたどり着くことができるのか。

『神様のパズル』が面白かったので買ってみた。
『神様のパズル』が宇宙創成を扱った小説なら、『僕たちの終末』は恒星間宇宙船を扱った物語だ。

まず思ったのは、人類は終末を前にしてもパニックを起こさずにいられるのかということだ。
これは終末までの時間が関係しているだろう。
一週間後に世界が滅ぶと言われればパニックも起きるかもしれないが、この話では太陽暴風が地球を襲うのは数年後だ。
これだけ時間があれば、当面は生活もあるし、パニックも起きないのかもしれない。終末の直前は分からないが。
とにかくその前に宇宙船を作って地球から脱出しようというのが正たちWESTの計画だ。

キャラクターの個性は相変わらず強い。
男勝りの那由。
夢を語るばかりでまったく行動が伴わない正。
「それは理屈に合わない」が口癖の岡本。
能天気なプリン(しかしプリンって(笑))。
何を考えているのか分からない宮西。
他にもさまざまな個性が脇を固める。

相変わらず表紙と中身にギャップがある。
こんな表紙だが内容はがっちがちのSFである。
ちんぷんかんぷんな科学の話を分かったような気にさせてくれるのも相変わらず上手い。

岡本が熱い。
理屈ばかりを言い続けてきた男が、土壇場で絞り出した言葉。

「そうです。人生なんて、理屈に合わない」

今まで憎らしいほどに理屈ばかりを言い続けた男の言葉だから重みがある。

正も最後は岡本に負けず熱い。
今まで行動しなかった男が起こした無謀ともいえる行動。
那由との逃げないという約束を守るために。

終盤の盛り上がりはかなり熱い。
そして、正の疑問は結局宇宙とは何か、自分とは何か、に収束していく。
機本伸司のメインテーマなのだろう。
いや、全ての疑問は突き詰めていけばそこにたどり着くと言える。

青春小説でもあった分、『神様のパズル』の方が好みだったが、負けず劣らず面白かった。

ちなみに表紙の二人は誰だろう。
女の方は那由として、後ろの渋い男はまさか正か。
何か観測具みたいなものも持ってるし。
正はもっとへたれな感じだと思っていたのに……。
むしろこの顔は宮西だろう。


評価:B+


僕たちの終末 (ハルキ文庫)僕たちの終末 (ハルキ文庫)
(2008/05/15)
機本 伸司

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2011.04.05 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。