スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
まほろ駅前多田便利軒
カテゴリ: 三浦しをん / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第九十八回
三浦しをんの『まほろ駅前多田便利軒』
直木賞受賞作。

東京の南西部に位置する架空の都市、まほろ市を舞台に繰り広げられる物語。
駅前で便利屋を営む多田と、そこに転がり込んできた高校時代の同級生行天。
さまざまな依頼を扱ううちに、なぜだかきな臭い状況になってしまう。
そんな、ハードボイルド臭の漂う話だ。

「まほろ」という柔らかい響きからもっとほのぼのした物語を想像していた。
だが実際は結構シビアなストーリーだった。
そもそもまほろ市とはまぼろしを都市名にしたもので、この都市を舞台にした小説は他にもいくつか描かれているらしい。
この作品もその中の一編という訳だ。

さて、直木賞受賞作ということで、大いに期待して読み始めた。
その結果これが直木賞受賞作か? というのが正直な感想だ。
決してつまらない訳ではない。
少しばかりハードルを上げすぎてしまっただけだ。

便利屋は私立探偵ではない。
持ち込まれる依頼は基本的に平和なものばかりだ。
なのに物騒な話になってしまうのだ。
例えば小学生の塾帰りの迎えを依頼されたら、その小学生が「砂糖」の売買に関わっていたり、その結果知り合いになってしまった暴力団の男から、親を殺した女子高生の友達をかくまうように依頼されたり、だ。
行天がやたら好戦的なせいもある。
そのせいで刺されたりもしている。

行天は変な男だ。
前述したようにやたら暴力的だったり。
かと思えばやたら含蓄のある言葉を吐く。

「だれかに必要とされるってことは、だれかの希望になるってことだ」

何ともつかみどころがない。

多田の抱える深い絶望が、切ない。
しかし、幸福は再生するのだと多田は最後に思うことができた。
そのラストは素直に良かった。
いい読後感だった。


評価:B+


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Edit / 2011.01.29 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。