スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
少女には向かない職業
カテゴリ: 桜庭一樹 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

中学二年生の一年間で、あたし、大西葵十三歳は、人を二人殺した。


第九十六回
桜庭一樹の『少女には向かない職業』

小さな島に住む一人の中学生の小さな悪意が彼女の義父を殺した。
そして彼女は否応なく過酷な運命へと巻き込まれていく。

タイトルが気に入って買ったが、内容はう~ん。
けしてつまらなくはなかったが、面白かったとも言えない。
そんな感じだった。

最初から最後まで、あまりに救いのない物語だ。
葵の感じる閉塞感や、絶望が見事なまでに無情に描かれている。
唯一救いになりえたかもしれない少年、颯太も他に彼女がいる。
友人たちともうまくいかなくなる。
母親は家を出ていく。
七方塞がりで、残る一方には宮乃下静香が待っている。

しかし静香は葵に救いを求めていたのだ。
飄々とずさんな殺人計画を語るさまも、妖気の漂うような在りようも全てペルソナだった。
その内実は葵と同じ普通の少女だったのだ。

本当に救いがなく、絶望に向かって落ちていく小説だ。
だがそのこと自体はこの物語の評価を下げる要因にはなりえない。
上手く言えないが、何というか物足りない感じがするのだ。
語られるべきことはすべて語られているのに、なんでだろう。
まあ一作で桜庭一樹という作家の評価を決めるのもなんだ。
あと何作か読んでみよう。


評価:C+


少女には向かない職業 (創元推理文庫)少女には向かない職業 (創元推理文庫)
(2007/12)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2011.01.27 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。