スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
FINE DAYS
カテゴリ: 本多孝好 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第十一回は、本多孝好さんの短編集、『FINE DAYS』です。
本多さんはですね、福井晴敏さんに並んで私の好きな作家です。
長編の福井、短編の本多、です。
この本は何回も何回も読み直しているのですが、最近また読み直したのでレビューします。
四篇収録されているのですが、その全てに、少し不思議なテイストが含まれています。
恋愛ファンタジーって感じですかね。

「FINE DAYS」

表題作ですね。
この短編集の中では一番好きです。
高校時代の青春の雰囲気がたまらないです。
主人公は本多さんお得意の、ひねくれた男です。
他の登場人物たちも皆魅力的なんですが、私は安井が好きですね。
いや~、男前過ぎるでしょうこの子は、と思ってると手痛いしっぺ返しをくらうんですけどね。
主人公の名前が出てこないのはいつものことですが、「彼女」の名前も出てないんですね。
最後の一文を読むまで気付きませんでした。
本当に何回読んでも飽きない、名作だと思いますよ。

「イエスタデイズ」

これは映画化もしたらしいですね。
この人の書く主人公はほんと好きだな~。
何と言うか飄々としているようで、凄く頑固で、大人びているようで本当は子供で。
魅力的だよな~。

 僕は今の君が大好きだよ。彼が今の君を必要とはしなくなっても。他の誰かを選んだとしても。僕は今の君が大好きだよ。たとえ、君自身が、やがて今の君を必要としなくなっても。忘れ去ってしまったとしても。僕は今の君が大好きだよ。


このフレーズがたまらなく好きです。

「眠りのための暖かな場所」

本多さんの作品では珍しい、というかこれだけ?の女性が主人公の短編です。
こういうタイプの人も、めっちゃ好きだな~。
やっぱりひねくれてるんですけどね。
そして、立川明美も凄い好きです。
この子はとてもしたたかで、それでいて誠実ですよね。
この短編ではこのふたつのフレーズが好きです。

 もし十二年前に戻れたとしたら、と私は思った。もし十二年前に戻れたとしたら私はどうするのだろう? どちらか一つの命しか救うことを許さないその腕に、どちらの命を委ねるのだろう? 妹? それともやっぱり自分自身?
 わからなかった。ただはっきりしているのは、決して十二年前に戻れることなどないというそのことだけだった。


当たり前のことなんですけどね、読んだ時すごいはっとしました。
後は立川明美のこのセリフ。

「最高に腹が立つんですよね、そういうの。自分にすっごく好きな人がいて、だけど、その人は別な人が好きで、でもその別の人はぜんぜん自分自身のことなんか好きじゃないって」


ここまで言ってその好きな人を主人公に任せる立川明美めっちゃいい女。
それにしてもこれ、この後どうなるんだろう……。

「シェード」

巷ではこれが一番評価が高いようです。
珍しく主人公があんまりひねくれてません。
他の話にも言える事なんですけど、特にこの話は全体に漂う優しい雰囲気が尋常じゃないです。
そしてこの一文がたまらないです。

 そのときの彼女の肩を抱いて、慰めてやることは僕にはできない。僕の前には、そこをたった一人で乗り越えてきた彼女がいる。



ほんとうに、非常に完成度の高い短編だと思います。
程よく洒落ていて、読んでいて非常に心地よいです。
古本屋を探せば100円で手に入るところもあると思うので、読んだことない人は是非読んでみてください。
きっとはまりますよ。
また表紙もいいんですよね~。



評価:AAA


AAAはめったにでませんよ。
いや本当に面白いです。
そしてたまらんのです、雰囲気が。

FINE DAYS (祥伝社文庫)FINE DAYS (祥伝社文庫)
(2006/07)
本多 孝好

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2008.12.11 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。