スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
機動戦士ガンダムUC 6 重力の井戸の底で
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

背負わねばなにもできず、背負いこめば自分以外の意思に取り込まれ、時に自らを殺さねばならなくなる責任のために。それこそが人の哀しさだと知っているくせに。最後の一線で殺しきれない心を持て余しているくせに――


第七十九回
福井晴敏の『機動戦士ガンダムUC 6 重力の井戸の底で』

ユニコーンのラプラスプログラムが示した次の座標は地球連邦政府首都ダカールだった。
ジンネマンと砂漠を越え、ダカールへとたどり着いたバナージ。
ジンネマンはイスラム系反政府勢力のマハディと手を組み、ユニコーンを指定された場所に立たせようとする。
しかし、巨大MA(モビルアーマー)シャンブロを駆るマハディは、積年の恨みを吐き出すように暴走、街を、人々を蹂躙する。
それを知ったバナージは、ジンネマンらと袂を分かち、シャンブロを止めるためにユニコーンに乗る。
そこで、バナージの見たものは孤軍奮闘するリディだった。

いよいよ第六巻。
後半戦に突入だ。
それにしても、ボーンフィッシュにシーゴーストは遊びすぎじゃないかと思う。
アディの名前にも聞きおぼえがある。
菊政といい、作者はこの手の遊びが好きなようだが、やりすぎるとちょっとげんなりするというか……。

まあそれはそれとしてだ。
暴走したシャンブロを止めるようにジンネマンにバナージがくってかかる。
ジンネマンは砂漠越えの時にも覗かせた、強面の下の人間らしい心をバナージに責められることとなる。
バナージを取り込むという下心もあった。
だがそれだけではなかった。
とうに失ったはずの、捨て去ったはずの心がジンネマンにはあった。
クルーたちもそれをわかっているからジンネマンが殴られてもバナージを止めない。

「だからって……! 自分が地獄を見たからって、他人にそれを押しつけていいってことはないんだ!」

そしてバナージはユニコーンに乗ってガランシェールを去る。
この辺りのバナージのセリフは、『終戦のローレライ』の征人を思わせる。
福井作品の根底を流れるテーマの一つといっていいだろう。

戦闘シーンはさすがの迫力だ。
派手な爆発シーンも、MSの動きもちゃんとイメージできる様に書かれている。

そして、バナージはとうとうユニコーンの制御に成功する。

「そうだ、怒っていい。これは理不尽だ」

マシーンの一部となることなく自らの意思でNT-Dを発動させる。

人の心を、哀しさを感じる心を知るものなら、<<ガンダム>>! おれに力を貸せ……!

そして、リディと連携してシャンブロを沈めることに成功する。
が、収拾しかかった事態はここからさらに盛り上がりを見せる。
戦闘終了後に接近する所属不明機。
それは黒いユニコーンガンダム、いや、獅子のような形状のマルチブレードアンテナを持つ黒いガンダムだった。
獅子、つまり、ビスト家のあのタペストリにユニコーンと対の存在として描かれていた獣だ。
機体名は<<バンシィ>>というらしい。
恐らくバンシー(Wiki)のことだろう。
マーサの言う女の理論から考えても間違いなさそうだ。
ただ、獅子と関連はなさそう。

そして、バンシィのパイロットとは……。

「マリーダ……さん……」


バンシィに圧倒されたユニコーン。
バナージが気を失ったところで6巻は幕となる。
かなり続きが気になる引きだ。
てっきり2号機は袖付きに強奪されて、フル・フロンタルが乗るものだと思っていた。

また、マーサがえぐいえぐい。
マリーダの再調整のシーンなんかかなりきつい。
恐らく最後までバナージの「敵」でありつづけるのだろう。
へたすりゃラスボスだ。

バンシィの登場でストーリーが一気に進んだ感のある今巻。
テンポも良くて読みやすかった。


評価:AA+


機動戦士ガンダムUC (6)  重力の井戸の底で (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムUC (6) 重力の井戸の底で (角川コミックス・エース)
(2008/10/25)
矢立 肇福井 晴敏

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2010.09.29 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。