スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
塩の街
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

世界が終わる瞬間まで、人々は恋をしていた。


第七十八回。
有川浩の『塩の街』

有川浩のデビュー作にして、『空の中』『海の底』と並ぶ自衛隊三部作の第一作。
やっと読めた。
知らない間に文庫化されてたのを偶然本屋で見つけた。
ネタバレ上等で行きます。

巨大な塩の結晶が世界各地に降り、人間が塩の塊になる「塩害」が着々と進む世界。
そんな中、東京で暮らす秋庭と真奈。
二人の前には様々な人間が現れ、そして消えていく。

自らも塩害にかかりながら、塩となった恋人を背負って海を目指す青年、遼一。
海に恋人を溶かした後、自分も溶けて恋人と一つになるために。
しょっぱなから切ない。
遼一が言うように、秋庭が言うように、二人は幸せなのだろう。
それでも、やっぱり切ないのだ。
しかし、これがデビュー作だというから恐れ入る。

逃亡してきた囚人、トモヤ。
後に明らかになるが、彼は塩害の実態を探るための(より正確にいえば後に登場する入江の仮説を証明するための)人体実験の被験者だった。
そこから逃げ出してきた(発信機がついていたということは、彼は逃げ出したのではなく泳がされていたのだろう)彼は真奈を人質に、海からの帰り道だった秋庭たちの車に同乗する。
秋庭と真奈の住処に案内させた彼は、秋庭と真奈が気にくわないから、二人を傷付けるために真奈を嬲る。

「あなたは、ホントにあたしとこういうことがしたいんですか!? ――あたしじゃないんでしょ、ホントにキスしたい人はっ!」 

一瞬の隙をつき、真奈を助け出した秋庭だが、トモヤの塩害はかなり進んでおり、背中にねじあげられた腕はぼきりと折れてしまった。
観念したトモヤはぽつぽつと語りだす。高校の時のクラスの委員長との淡い思い出を。
最後の真奈とのやり取りが悲しい。

そして最後の来訪者、入江。

「世界とか、救ってみたくない?」

悪魔のような男だと思った。
実際何千何万の囚人を使って塩害人体実験をしている。
ただし、世界を救うために。
ひょうひょうとしているが、目的のためなら手段を選ばない男だ。
入江の目的は、塩害の原因と目される、宇宙より飛来した塩の結晶の破壊だ。
そのためのパイロットとして秋庭は選ばれた。
その後は入江の手腕もあり比較的スムーズにことは進み、世界は救われた。
世界が終わる瞬間まで――、なんていうから、世界が静かに滅んでいく話だと思っていたが違った。
世界はきちんと救われた。

Scene-6.のサブタイトルが好きだ。

君たちの恋は君たちを救う。

秋庭は世界を救うためにF14に乗ったのではない。ただ真奈を助けるためだけに乗ったのだ。
ただ好きな人を守るために。

本編は本の厚さの半分くらいで、残りはアフターストーリーとなっている。
世界が救われた、その後の世界をしっかりと書いている。
けして蛇足ではない、と私は思う。

あと、色々上げ足とろうと思えばとれるとこもある。
いくらなんでも入江の若さで司令としてもぐりこむのは無理があるだろうとか、塩の結晶の破壊なんてアメリカが真っ先にやるだろうとか(もちろん不測の事態に備えて日本で)。それでも面白かったからいいのだ。

そういえば『海の底』も読んだのだが、感想をかいていない。
そのうち読みなおして書こうと思う。

他にもいろいろ読んだりしてるのだが感想書くのがおっつかない。
こんなんでも結構時間かけて書いてるんです。


評価:AA+


塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2010.09.17 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。