スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
空中ブランコ
カテゴリ: 奥田英朗 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第七十七回
奥田英朗の『空中ブランコ』
直木賞受賞作品

精神科医伊良部シリーズ第二弾
今回も連作短編となっており、バラエティー豊かな患者たちが伊良部の元を訪れる。
跳べなくなった空中ブランコ乗り、先端恐怖症のやくざ、義父のヅラをはぎとりたい衝動に駆られる医者、一塁に送球することが怖くなったベテラン野球選手、執筆中の小説の設定を以前にも使っていないか気になってしょうがない女流作家などだ。

伊良部の行う治療行為は相変わらずビタミン注射だけである。
それも伊良部が注射フェチなだけで治療行為とは言えない。そして看護婦は相変わらず露出狂だ。
その後は相手の職業などに興味を持ち、のめり込んでしまう。
そうこうしているうちに患者の症状は改善されてしまうのだから面白い。

さて、以前の『イン・ザ・プール』の時は伊良部は自覚してあんな行動をとっているのではないかと書いたが、やはり伊良部は何も考えていないようだ。
好き勝手やって、それがたまたまいい方向に働いているだけのようである。

面白かった。
面白かったのだが、直木賞を取るほどかと感じた。
奥田英朗ならもっと他にふさわしい作品がありそうだが。


評価:A


空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Edit / 2010.09.13 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。