スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
県庁おもてなし課
カテゴリ: 有川浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「待ってますから、急いでください」


第二百十三回
有川浩の『県庁おもてなし課』

高知県庁に生まれた新部署、「おもてなし課」。
高知を活性化させるために思い切ったことをやれと言われている部署なのだが、お役所感覚が抜けずになかなか上手くいかない。
しかし、若手職員の掛水が高知出身の人気作家、吉門に観光特使を依頼した所から風向きが変わりだす。

先に結論から言ってしまえばだ。
ちょっといまいちだったかな。
個人的には恋の部分をもっと描いて欲しかった。
有川浩は初期の方が好みだな。

あと、微妙だった部分として、掛水の吉門に対する態度が……。
その、なんていうか、ホモくせえです。
なんなのあれ?
完全に異性に対する態度じゃないか。
いや別にゲイならゲイでいいけどさ。
というかあんな感じならもうゲイかバイの方がいいくらいだ。
読んでていちいち気になる。

自衛隊三部作みたいなのまた書いてくれないかな。


評価:C


県庁おもてなし課 (角川文庫)県庁おもてなし課 (角川文庫)
(2013/04/05)
有川 浩

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2013.05.27 / Comment: 1 / TrackBack: 0 / PageTop↑
殺人鬼フジコの衝動
カテゴリ: 真梨幸子 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

人生は、薔薇色のお菓子のよう


第二百十二回
真梨幸子の『殺人鬼フジコの衝動』

一家惨殺事件の生き残りの少女、藤子は伯母に引き取られ新たな人生を歩み出した。
しかし、藤子は一人、また一人と人を殺す。
そして彼女に待つ結末とは。

裏表紙のあらすじ、および帯のネタバレがひどい。
あれだけ最後の一行を強調されたら構えてしまうではないか。
結果大して驚くこともできなかった。
興ざめもいいところである。
この手の話では、結末を匂わすことすらしたら駄目だろうに。
全然ストーリーを楽しめなかった。
時々こういうネタバレをするあらすじがあるが、いったい何を考えているのであろうか。

内容は、まあ悪くはなかったのではないだろうか。
ネタバレのハードルを越えるくらいのどんでん返しがあればよかったのだが、それほどでもなかった。
まあ、これは内容以前の問題だ。


評価:D


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
(2011/05/07)
真梨幸子

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.05.14 / Comment: 2 / TrackBack: 1 / PageTop↑
劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

『劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ』

レンタルされるまで待とうかとも思ったのだが、ネタバレをうっかり見てしまうのが怖くて映画館まで足を運んだ。
本編エンディング後で、完全新作シナリオで、シリアスだという。
正直結構期待していた。

序盤はコメディ調で進む。
酔っぱらった助手がオカリンに絡む所などは正直ちょっとあざといなと思った。
さあ萌えろ、ほら萌えろと言わんばかりの製作者の意図が感じられてなんだかなあと。
そこからだんだんシリアスに移行していく訳だが、まあ先に私の結論を言ってしまうと、これは蛇足だなということである。
いやだってさ、あれだけオカリンが苦労してやっとの思いで辿り着いたシュタインズゲート世界線の未来があんなんだなんてあんまりだろ。
製作陣はオカリンに何か恨みでもあるのか。
あと突込みどころも多いしな。
ちゃちゃっとタイムリープマシンを作っちゃう助手とか、過去を変えたら現在がシュタインズゲート世界線からずれてしまうのではないかとか、鈴羽を無理やり登場させた感とか、世界は一つであるはずなのにオカリンだけ別世界線に行ってしまっていることとか。
っていうか設定が色々破綻してないか?

やっぱりあれだけ綺麗に終わった作品の続編を作ろうとする行為そのものが失敗だったのではないか。
綺麗に終わったままにしとけばいいものを。
だがネットではおおむね好評のようである。

あと、かなり気になったのが、オカリンが助手やまゆりに、自らが経験した世界線漂流のことを話しているということである。
いや~、オカリンの性格から考えて話さないだろ。
何年かした後でとかならまだしも、まだ一年しかたっていないのである。

あと、中学生のオカリンの唇を奪う助手は完全に痴女だなあと思いました。

まあ、私としては蛇足としか思えなかった。


評価:D


STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版)
(2013/04/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.05.12 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。