スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
さよなら、手をつなごう
カテゴリ: 中村航 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 じゃあ行くよ。サヨナラだけが人生だろ?


第二百一回
中村航の『さよなら、手をつなごう』

いつだって必死になって、誰かに恋をして。
そんな青春の一ページを切り取った短編集。

「幻視画」
短編というよりも掌編
でもこの雰囲気は好きだなあ。
凄く中村航っぽい。

「インターナショナル・ウチュウ・グランプリ」
これが一番好きかな。
バカなことに大真面目に取り組み、見果てぬ夢を見た小さな頃。
いや、いいなあ。

「さよならマイルストーン」
少し不思議で、少し甘くて、そして少し残酷な物語。
大好きなあの人は、平凡な自分ではなくて、モデルみたいに可愛いあの子と仲良くしているという現実。
その現実をマイルストーンが変えてくれる訳だけど、魔法が解けた時の蒼くんのリアクションが胸に刺さる。
青春ってのは甘いだけじゃあないんだよなあ。

「女子五編――UDON KINGが採譜した五つのメロディ――」
これもなかなか良かった。
個人的には主人公は男の方が好きだけど。
でも、甘酸っぱくて、青春しちゃってていい。

「さよなら、ミネオ」
これは少し毛色が違う。
ちょっと乙一っぽいかな。
誰もが物語に出てくるような青春を送れる訳じゃない。
青春の苦い側面を切り取っている。
憧れのあの子が、つまらない男に引っかかるなんてのはよくある話で。

「ぱぐ ぐぐぐ」
味がある、の一言に尽きる(笑)

中村航の作品は、基本的に優しさに満ちた世界という印象が強かった。
無論それだけではないのだが、根底に流れているものは間違いなく優しさだったと思う。
だが今作は少し毛色の違うものも混じっている。
個人的には優しい世界の方が好きではあるのだが、胸に引っかかるこの苦さも嫌いではないのだ。


評価:B


さよなら、手をつなごう (集英社文庫)さよなら、手をつなごう (集英社文庫)
(2013/03/19)
中村 航

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2013.03.31 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
風に舞いあがるビニールシート
カテゴリ: 森絵都 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「実際、そこそこまっとうな大人になったつもりだけど、残ってるもんだな、若い自分のかけらみたいなもんが。ときどき、恐ろしくバカなことをやりたくなる」


第二百回
森絵都の『風に舞いあがるビニールシート』
第135回直木賞受賞作。

自分の大切な価値観のために生き、それを守るために奮闘する人々を描いた短編集。

二百回は何か特別なことをしたかったのだが、時間がないので通常運転。

「器を探して」
何かもやもやする話だった。
登場人物の誰一人好きになれない。
最後も好きな終わり方じゃないな。

「犬の散歩」
これもいまひとつだった。
何というか、動物保護とか、そう言うのが個人的にあんまり好きではないのかな。
否定はしないけど。

「守護神」
これは割と好き。
学生時代レポートなんて適当にやっちゃってた身としては、主人公は眩しく映る。
終わりかたもさっぱりしていて好み。

「鐘の音」
これは微妙。
何とも言えない。

「ジェネレーションX」
これが一番好きだったかな。
十年ぶりの草野球。
いいじゃんいいじゃん。
青春の中にいる人も、青春を振り返る人も私は等しく好きだ。
締め方もいい。

「風に舞いあがるビニールシート」
表題作
これもなんだかなあ、という感じがした。
琴線に触れないというか。
この作家とは合わないかもしれない。

タイトルだけ見たときはなんとなく青春物をイメージしていたのだが、全然違った。
その肩透かし感もあったし、一本目の不快感もあって、全体通しても微妙という印象。
つまらないとまではいかないけど、面白いとは言えないな。


評価:C


風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
(2009/04/10)
森 絵都

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.31 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
詩羽のいる街
カテゴリ: 山本弘 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

まず『世界を変えてみせる』って思わないと、世界は変わらないよ


第百九十九回
山本弘の『詩羽のいる街』

お金を持たずに、人にした親切の見返りだけで生活している女性、詩羽。
詩羽は親切を次々に連鎖させ、善意の環をまるで魔法のように作り出す。
そんな詩羽と、彼女に関わった人々の物語。

まあ面白かった。
面白かったのだが、なんだか説教くさいというか。
作者の思想が凄く前面に出ている感じがしてそこが少し鼻についた。

後、全てがとんとん拍子に上手くいきすぎなのもちょっと。
詩羽が完璧に過ぎると言うか。
その割に詩羽を好きになれない。
いや、だからこそかな。

まあ面白くはあった。


評価:B-


詩羽のいる街 (角川文庫)詩羽のいる街 (角川文庫)
(2011/11/25)
山本 弘

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ二十二話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

最終回である。
二十二話構成だったのか。
二十四話くらいはあると思ってた。
そりゃあ巻く訳だ。

しかし結構カットされてたな~。
海翔はアキちゃんのこと呼び捨てにしないし、KAMINAGIもちょっとしかでないし、色々不満は残る
まあエピローグはいいかな

やっぱり原作の方がいいね
アニメは何と言っても尺不足の一言に尽きる


評価:B


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る





Edit / 2013.03.24 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ二十一話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

いや~、とうとうキスシーン来たね。
ちょっとあっさりしてたけど、まあ良かった。
その後の円陣につなげるのはちょい強引だったけど。
って言うか昴、アキちゃん好きだったのかよ(笑)
淳和なら余ってますけど?
アキちゃんも自分でいいの? の時、淳和の名前だけ出さなかったし。
敵じゃないってことか。

さて、いよいよプロローグと繋がって最終決戦だ。
ここで思ったのだが、NIVでスローモーが発生するのって都合がいいなと思っていたけど、よく考えたらこれは必然だな。
スローモーはあねもね号事件の後遺症なわけで、そしてあねもね号事件とはNIVの実験に他ならないわけで。
となればNIVに海翔が反応してスローモーの発作が起きるのもおかしくはないかと。
まあその理屈で行くと、お台場ではカイアキそろって発作を起こしてなきゃおかしいんだけど。

さあ盛り上がってまいりました。
このままラストまで突っ走るんだろうけど、ラストはどう処理するんだろう。
アニメでもエピローグなしかな?
でも原作でなかったものを足されるのも釈然としない。
どうなるのか。


評価:A


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.15 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Robotics;Notes アニメ十五話、十六話、十七話、十八話、十九話、二十話
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ロボノのアニメ感想

アイリルートは一話に詰め込んできたか。
愛理の両親の話とか、バックボーン全カット。
まあメインヒロインが控えてるしね。

そしてそのメインヒロインあき穂ルートにようやく突入。
相変わらず早足ではあるけど、今までカットしまくった分だけあって最低限の尺はとれているよう。
やっとテンション上がってきた。
いやあアキちゃんがヒロインしてるね。
綯無双もあっさりではあったが描かれていたし満足。
ただ、澤田がダルとタクのことについて言及しなかったことと、海翔の父親のとこ全カットなのはなぁ。
海翔の父親はいい味出していて好きだったのに。
そのせいで胴体着陸もなんか緊迫感ない。
全員昴を置いて逃げたのはちょっと笑ったけど。
他の奴はともかく綯は助ける余裕くらいあったろうに。

さて、次回はとうとうキスシーン来るかね。
この作品の最大の見せ場と言っていいと思う。
どう描いてくるかねぇ。

そう言えばロボノはネットではボロカスに叩かれてるみたいだけど、原作もアニメも私は好きですよ。
そりゃあ穴はいっぱいあるけどさ。
でもそれ以上にいいとこもあるよ。


評価:A


ROBOTICS;NOTES (通常版)ROBOTICS;NOTES (通常版)
(2012/06/28)
PlayStation 3

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.10 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
インシテミル
カテゴリ: 米澤穂信 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「……空気の読めないミステリ読み、だそうだ」


第百九十八回
米澤穂信の『インシテミル』

時給十一万二千円のバイト。
その内容は「ある人文科学的実験の被験者」になることだった。
様々な思惑を持ってこのアルバイトに応募してきた十二人の男女。
彼らは「暗鬼館」と呼ばれる地下施設に閉じ込められ、このアルバイトの内容を知る。

さて、「氷菓」を読んでいまひとつだと思った米澤穂信である。
だが、他の作品は面白いという話だったので、とりあえず映像化もされた有名どころのこれを読んでみた。
結果から言えば、かなり面白かった。

衝撃的な(読者にとっては予想通りの)バイトの内容が明らかになっても、一部を除き一同は冷静だった。
まああのリアクションが現実的な所だろう。
しかし銃で撃たれた死体が見つかったことにより、一同は疑心暗鬼に囚われる。

この辺はお約束というか。
強く本格を意識しているのが分かる。
いや新本格になるのかな。

登場人物に様々なバックグラウンドが見え隠れする。
だがそれを掘り下げることはしない。
あくまでも事件とその解決が本筋であり、登場人物たちはその駒にすぎないというスタンスなのだろう。

そしてラストがまたいいではないか。
続編をうかがわせる終わり方。
だが恐らく続編が書かれることはないのではないかと私は思う。

なにはともあれ面白かった。
推理をしながら読むには少々登場人物が多すぎたのが難点といえば難点か。
まあもともと私はあまり推理をしながら読むことはしないのだが。


評価:B+


インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
(2010/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.10 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
たったひとつの冴えたやりかた
カテゴリ: ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

“これがたったひとつの冴えたやりかた”


第百九十七回
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの『たったひとつの冴えたやりかた』

SFの名作である。
タイトルだけは知っているという方も多いだろう。
あちらこちらで引用されているのも見かける。
確かに目を引くタイトルである。

さて、内容だが、三篇の短編からなる短編集となっている。
そのうちの一つが表題作、「たったひとつの冴えたやりかた」なのだが、原題は、『THE STARRY RIFT』である。
翻訳時に変更されたようだ。
個人的にこれはいい改編だと思う。

感想だが、やはり私は海外小説には向いていないということの再確認となってしまった。
文体が気になって内容に集中できないのだ。
でも、まだ読んでみたい海外小説は結構あるのだ。
チャレンジはしてみようと思う。

内容にも触れたいのだが、あんまり頭に残っていない。
何と言うか淡々としているというか。
そこそこ劇的な内容ではあるのだが、今一つ緊迫感が伝わってこないというか。
個人的には今一であった。


評価:C


たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)
(1987/10)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.03.02 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。