スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
CHRONO CRUSADE
カテゴリ: 森山大輔

だから……闘えたんだ
だから僕らはここまでこれた
だから……つくってあげたいんだ

漫画感想第十一回。
森山大輔の『CHRONO CRUSADE』

『ワールドエンブリオ』の作者の昔の作品。
完結から八年近くたっているが、新装版が出ていたので買ってみた。
そうしたらこれが面白かったので紹介してみる。
基本ネタばれです。

大体のあらすじとしては、シスターロゼットとロゼットと契約した悪魔、クロノが、ロゼットの弟のヨシュアを探すため、仲間のアズマリアや、サテラと悪魔と戦いながら旅をする、といったところだ。
ただしこれは前半のあらすじだ。全八巻(これもちょうどいい長さだ)のこの作品だが、五巻から急速に物語が進み始める。四巻の最後でロゼッタがヨシュアとの再会を果たすまでは長い長いプロローグといってもいいくらいだ。

まず、押さえておかなければならないのはロゼットとクロノの契約の内容だ。
クロノは普段子供の姿をしているが、ロゼットの持つ懐中時計の封印が解けたときに真の力を発揮する。
そしてその力は使えば使うほどロゼットの魂、つまりは寿命を喰らう。
ロゼットは自ら三十歳までは生きられないだろうと言っている。
なぜそうなったかというと、昔、クロノの元同胞にして宿敵アイオーンに、悪魔の力の供給源である角を取られたからだ。
その角はヨシュアへと移植され、アイオーンの目的の切り札となる。

また、アイオーンクラスの悪魔と人間との力の差はとてつもなく開いている。
単体である程度互角に切り結んだのはレミントン牧師(剣がかっこいい)くらいだろう。
彼にしたって悪魔の細胞を体に埋め込んだおかげである。
ロゼットの切り札、並みの悪魔なら一撃で仕留める威力のある福音弾<ゴスペル>を額にぶち当ててもかすり傷しか負わせられなかった。
ここでかすり傷を負うっていうのがいい。
無傷の方が絶望感を出すのにはいいが、それでは興ざめというものだ。

作者はアイオーンの目的を最終回前まで決めていなかったと言っているが、行き当たりばったりでこんなにもきちんと締めたのはすごいと思う。未回収の伏線なども多分ないはずだ。ただ、やはり後付け設定だとあらは出てくる。
例えば、アイオーンは孤児院を襲撃した際、ヨシュアを指して、クロノの代わりだと言っている。
これはちょっとおかしい。
ヨシュアの役割は代行者としての役割で、クロノはアイオーンの剣、つまり戦力としての役割だ。
おそらくあの時点では詳しい設定は詰めれていなかったんだろう。
ただ、それでもこの作品は面白い。
特に後半はぐいぐいと読ませる力がある。
昔の作品だという割に絵柄も古くないし。

この作品を通して流れているテーマは「ロゼットの成長」ではないかと思う。七巻のシスターケイトのセリフだ。

N.Y.港の件から…一年もたってないのに……
成長したこと……


初期のじゃじゃ馬娘から、ヨシュアとの再会、アイオーンとの対峙、そしてレミントンに、マグダレーナに背中を押されて、彼女は成長していく。後半のロゼットは前半のロゼットに比べて明らかに大人になっている。それはまるで彼女に残された寿命と反比例するようにだ。エピローグあたりのロゼットはもう完全に大人の女性だ。まあ実年齢も上がっているのだろうが。ところでエピローグのロゼットは何歳なんだろう。二十代前半ってとこかな。

個人的に一番熱かったシーンはここだ。
福音弾も通用しない相手、ジュナイに対し繰り出した新兵器。

真実を告げる新たなる力
四聖文字砲<テトラグラマトン>!!!


CIMG1645_convert_20100524152728.jpg
いやあ、新兵器ってだけでもう熱いのにこの威力。

面白い漫画だった。
アイオーンの目的もラスボスらしくてよかった。
エピローグも、ハッピーエンドではないが、都合のいいハッピーエンドよりはよっぽど救いのある終わり方だ。


評価:AA



クロノクルセイド 1 (ヤングキングコミックス)クロノクルセイド 1 (ヤングキングコミックス)
(2010/01/08)
森山 大輔

商品詳細を見る
クロノクルセイド 8 (ヤングキングコミックス)クロノクルセイド 8 (ヤングキングコミックス)
(2010/04/09)
森山 大輔

商品詳細を見る

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Edit / 2010.05.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
最近アクセス数がアップしている
カテゴリ: 雑記

最近妙にアクセス数が多いなと思っていたらオタロードBlogさんのこのページからリンクを張っていただいていたようです。

感謝感激です。
コメントも増えたらなお嬉しいです(笑)

検索で多いのは「惑星のさみだれ 9巻」や「四畳半神話体系 明石さん」、無駄ヅモなき改革らへんですね。

最近は小説を読んでいなくて、漫画やアニメの感想ばっかりになってしまってるのでそろそろ小説の方も読んでいかないとですね。読みたいものはいっぱいあるんですが。

Edit / 2010.05.23 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
惑星のさみだれ 9
カテゴリ: 水上悟志

子供はお前だけだ アニムス


漫画感想第十回。
水上悟志の『惑星のさみだれ』9巻。
ネタばれしまくりなのでご注意を。

例によって発売日買い。
いよいよクライマックス。
十二体目の泥人形とアニムスとの最終決戦だ。
やはり次巻が最終巻になるようだ。
全十巻。ちょうどいい長さだ。
変に引き延ばされたりしないのがいい。
少年誌なんかではこうはいかないだろう。
物語は終わるべき時に終わるのがいい。

この巻の前半は少し小休止。
アニマとアニムスの過去、さみだれと夕日とアニマの出会いが描かれる。
それにしても姫には騎士の願いはないものだと思っていた。
しかしさみだれは自分の病気を治すことを拒否した。
気になるのは、夕日ともう一度会いたいといったことが、騎士の願いとして正式なものだったのか、アニマのサービスだったのかだ。
契約の描写がなかったからな~。
だとすればさみだれはまだ願いをかなえる権利を持っていることになる。
あるいはあの圧倒的な力は願いによって得たとも考えることもできるが、この線は薄そうだ。
ん~、さみだれの心情描写がほとんどないからわからない。
後、アニマの願いが良かった。

そうだな 恋がしたい

何というか長い間兄を止めるため戦ってきた辛苦がにじみ出ている気がする。

そして最後の泥人形ポジディオンとの闘いが始まる。
今までのどの泥人形よりもはるかにでかい。
mini_CIMG1641.jpg
そして、だ。
この十二体目用に獣の騎士団が特訓してきた最後の必殺技がポジディオンを穿つ。
この技の名前がまた熱い。

最! 終!! 領域!!
流れ星の矢<ネガイカナウヒカリ>!!!


mini_CIMG1642.jpg
全員で手をつないで、全員の力を合わせて放つ力。
最終決戦にふさわしい技だ。
また並び順がね、ちゃんと昴の隣に三日月、夕日の隣に白道さん、太陽の隣に雪待となっていていい。

一撃目は狙いが少しそれ、腕を一本持っていっただけだったが、そこでさみだれが山より大きいポジディオンをこぶしで殴り倒す。さみだれはかなり無茶でいい加減ででたらめな力だ。だが、地球破壊するにはまだ足りないように思う。
この疑問の答えはのちに明らかになる。

二撃目の流れ星の矢でポジディオンを獣の騎士団は倒した。
その際の南雲のモノローグがいい。

「守る戦い」は大人のものだと思っていた
それは驕りだ
子供たちには自分の明日を守り抜く力がある
「流れ星の矢」が完成した日
子供たちの明日が来たのだ!!



そしてとうとうアニムスと対峙する。
しかしその前に、十二体の泥人形の全滅という発動条件を満たしたビスケットハンマーが動き出す。
そしてそれを阻止すべく、アニマは鍵たる夕日をはブルースドライブモンスターの深部へと導く。
夕日は心のかけら、過去の自分と未来の自分を拾い集め、ブルースを起動させる。
が、しかし、ブルースはビスケットハンマーを止めることができず破壊される。
mini_CIMG1643.jpg
そこでさみだれが動いた。

待っとったで
超兵器のどちらかが砕ける
この 瞬間を!!

さみだれは破壊されたブルースの破片を奪って再構成し、力を上書きしてビスケットハンマーを破壊した。
mini_CIMG1644.jpg
ここでさみだれは上で引用したように、超兵器の「どちらかが」砕けるのを「待っていた」と言っている。
もしブルースが打ち勝ちビスケットハンマーが砕けたら、そっちを乗っ取ったのだろう。
そしてそれこそがさみだれの地球を砕く力となる。
そういう計画だったに違いない。

ビスケットハンマーが破壊され、とうとうアニムスとの闘いが始まる。
しかし体を砕いても再生するアニムスに獣の騎士団は苦戦する。
さらにさみだれと夕日はアニムスのバリアによって戦場から隔離されている。
それはアニムスがビスケットハンマーを壊したさみだれの力を恐れているからだ。
そのバリアを維持しながら、獣の騎士団と戦うことを持て余したアニムスは裏切りの騎士太陽に貸していた時空系能力を返すように迫る。
それに対しての太陽の返事がこれだ。

…ロ
…ロキ
ね 願い事
能力の返還の
きょ
拒否を

これが太陽の選んだ答えだ。
太陽は未来を選んだのだ。
そうして獣の騎士団に追い詰められたアニムスに、さみだれがバリアを破って出てきたアニマが矛で貫く。
ここで9巻は幕を閉じる。

アニムスがビスケットハンマーを作るのに時間がかかるようになってきたのはなぜだろうか。
長い闘いの中で疲弊し、能力が落ちているとも考えられるが、多分違うだろう。恐らくアニムスは自分のしてきたことに対して疑問を持ち始めているのではないか。つまり地球を壊し、数えきれない人々を殺してきたことが間違っていたことに無意識の領域で気づきはじめているのではないか。

アニムスは子供のままだった。
アニマは大人になった。
夕日も大人になった。
太陽も戦士としての覚悟を決めた。小学生だがら大人になったってのはちょっと違うかもだが。
そして子供のまま、変わらないのは獣の騎士団ではさみだれだけ、母親とのわだかまりがとけたことがさみだれの内心にどう影響を与えているのか。
そういえば、最初の方はさみだれはもっとのほほ~んとしていたと思う。これが表さみだれだろう。
だが話が進むにつれて序盤でブルースに夕日が招かれたときに会っていた裏さみだれが表に出てきているように感じる。表、裏はさみだれ自身も口にしている。試練とブルースの起動の際に統合された夕日と違い、まだ別れたままなのだろうか。ただ地球の破壊を望んでいるのは表裏ともに一緒だ。この辺の伏線も多分回収されるだろう。

後この夕日のモノローグも気になる。

ぼくも特訓をした
「みんな」に克つために
この
惑星を砕く物語を終わらせるために

「みんな」とはだれを指すのか。
勝つではなく克つという漢字を使った意味は何か。
「みんな」とはさみだれや夕日自信を含めた意味ではないだろうか。
だから克つ。
この漢字は己に克つという意味でよくつかわれるし。
さらに、ブルース発動の際、集めた心の中に未来の夕日がいることが、夕日が未来を選択していること、つまりさみだれの地球破壊を止めるであろうことを示しているように思う。

さあ、この後はどうなるのだろう。
さみだれは本当に地球を砕くのか。
夕日の真意どこにあるのか。
すべては10巻でわかるのだろう。
それはもう恐ろしい密度の一冊となるだろう。
ちょっと終わり方を予想してみる。

1、夕日がさみだれを止める。
ただこの場合高確率でさみだれは病気で死ぬ。ただ師匠の願い事が気になるんだよな~。

2、夕日とさみだれで獣の騎士団を全滅させ地球を砕く。
バッドエンドだ。まあこれはないだろう。

3、獣の騎士団は全滅させるが、さみだれは地球を砕かない。
どういう状況ならこうなるだろうか。さみだれも大人になっていた、あるいはなる場合か。

4、獣の騎士団がさみだれ、夕日を止める。
これもなさそうだ。二人と戦う覚悟ができているのは白道さんだけだし。


しっくりくる最終回が予想できない。どういうふうに終わらせてくれるのだろう。
10巻が出るのは半年後、11月くらいかな。
それまで楽しみに待つことにする。
きっと予想を裏切り、期待は裏切らない最後を見せてくれるだろう。


評価:AAA


惑星のさみだれ 9 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 9 (ヤングキングコミックス)
(2010/05/19)
水上 悟志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村


Edit / 2010.05.19 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ダブルアーツ
カテゴリ: 古味直志

オレは決めたぞ
あんたがこの手を取ったらオレはもう
絶対その手は離さない!!


漫画感想第九回。
古味直志の『ダブルアーツ』

ちょっと前にジャンプで連載されていたが残念ながら打ち切りになった作品だ。
面白かったのに。

簡単なあらすじとしては、触れただけで感染する奇病「トロイ」が蔓延する世界で、唯一トロイの治療ができるシスターの一人であるエルーが、トロイの発作を起こして死にかけた所を少年キリに救われる。
キリはトロイにかからないだけでなく、エルーと手をつないでいる間だけ発作を抑えることができる体質の持ち主だった。
故に、キリとエルーはずっと手をつないだままトロイ研究所を目指すこととなる。

まずこの設定がすごい。
よくこういうの思いつくな~、と思う。
手を離せない二人、それだけでなんか素敵だ。

さらに、主人公のキリは、特殊な体質を持っているというだけで後は普通の少年なので、敵であるガゼルの暗殺者に対して基本的に無力である。よって戦闘の際は、策を用いるか、力を持つ誰かに頼ることとなる。
でもゆくゆくは力をつけて自分たちで戦えるようになっていく、はずだったんだろうなあ。

またシスターというのは、トロイに対する耐性の高い女性のことで、他人のトロイの毒を吸い出すことで治療を行う。
なので、トロイを完治させられるわけではない。
また、吸い出した毒が自分の限界を迎えれば、エルーのようにトロイの発作を起こし、消えてなくなってしまう。
だからキリとエルーは手を離せないのだ。離せばエルーが発作を起こし、消えてしまうから。

また、希望を持たせてから、突き落とすのが上手い。そこからまた上げるのも上手い。
絶望の描き方も上手い。

例えばシスター・ハイネのエピソードだ。
ハイネは画家を目指していたが、シスターとなりその夢を諦める。
そのハイネにエルーは、自分の夢や希望を捨ててはいけないと励ます。
だが、ハイネの体にたまったトロイの毒は限界に近くもう一度治療を行えば、発作を起こして消えてしまう可能性が高かった。

シスターに夢とか希望とか
やっぱりないよ

そして、治療を行ったハイネは発作を起こしてしまう。
そして、自分が死ぬ間際になって、今まで抑えてきた本当の気持ちに気付く。

……気付いてしまった
怖い
ウチやっぱり死ぬんはイヤや


そのハイネをぎりぎりですくったのはキリとエルーだった。
キリがハイネに触れることで発作を抑え、エルーがハイネの毒を吸い出すことで治療する。
これでハイネは助かった。夢や希望をもう一度持つことができた。

絶望の面としては、ガゼルの幹部ゼズゥの圧倒的な強さだ。
誰ひとりゼズゥに傷一つつけることもできず、また、キリとエルーを守るために派遣された教会最強の部隊ファルゼンをもあっけなく全滅させる。


いや本当に面白い作品だったのに、何で打ち切られたんだろう。
やっぱりアンケートの結果が良くなかったんだろうな。
子供向きではないし。
でもタイトルの意味が明かされたときとか鳥肌立ったけどな~。
それは、キリとエルーが戦うために求めた力の名前。
ダンスを基に発展させた二人の新しい武術。

……名前が要るな
とりあえず今はこう呼ぶとしよう
双戦舞<ダブルアーツ>


CIMG1640-2.jpg

まあどんなに面白くても、打ち切られてしまった現実は変わらない。
ああ、続編描かれないかな~



評価:A
ちゃんと完結してないしこんなもん



ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
古味 直志

商品詳細を見る
ダブルアーツ 2 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 2 (ジャンプコミックス)
(2008/10/03)
古味 直志

商品詳細を見る
ダブルアーツ 3 (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 3 (ジャンプコミックス)
(2008/12/04)
古味 直志

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2010.05.16 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
四畳半神話体系 アニメ
カテゴリ: アニメ

アニメ感想第四回。

「四畳半神話体系 明石さん」で検索してくる方が最近多いようなので、せっかくだし、深夜なので見ていなかったアニメを見て感想をかいてみようと思う。
見たのは四話だが前半はうたた寝していたので後半しか見ていない。
というよりふと起きたらつけっぱなしのテレビでやっていた。

一話で一つのパラレルワールドを扱っているようだ。
ということは原作の分だけでは四つしかないので、当然オリジナルの回も入ってくるのだろう。
むしろそっちを見たかった。
私が見たのは原作にもある、四畳半自虐的代理代理戦争を扱った回のようだ。
まず、小津の顔を見て笑った。
原作でも宇宙人みたいとあったが、まるっきりそのまま宇宙人だ。
次に樋口師匠のあまりの人間離れしたあごにビビった。
樋口師匠は髪の毛ぼっさぼさで顔が隠れているみたいなイメージを勝手に持っていたので意外だった。
でも、原作にもあごのことは書かれていたかもしれない。忘れた。
城ヶ崎先輩も、もっと爽やかな男前だと思っていた。髪型もワイルドだ。
「私」は、まああんなもんか。イメージと近からず遠からず。
しかし女性陣、明石さんと羽貫さんはイメージ通りだった。
特に明石さんはどんぴしゃり。冷たい雰囲気も良く出てる。そして可憐だ。
下手に今風の絵じゃないのがこの作品にはいいと思う。

一話完結方式だが、原作の最後の部分は描かれていない。
恐らく最終回付近で一気に出すのであろう。
確かにその方が演出としてもいい気がする。

さて、なにせ四話の後半しか見ていないので感想にも限界がある。
作品自体は面白かったので、頑張って夜更かししてこれからも見て気が向けば感想をかくかもしれない。
評価は完結してからかな。




四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2010.05.14 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
封印の血脈 III
カテゴリ: 今野敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「えーい。隙あり」


第七十回。
今野敏の『封印の血脈 III』

なぜこのシリーズが淡々としていて盛り上がりに欠けるのかがわかった。
敵役の新人類委員会のリーダー、カール・シュトロムに魅力がないからだ。
悪役が小物だから何となくぱっとしないのだ。
散り際までぱっとしない。

その点、今回カール・シュトロムが送り込んだ刺客、ミハエル・コワルスキーが、多少魅力ある悪役だからだ。
ただ、プロが依頼人をあっさり裏切りすぎだろうとも思った。
心の底の寂しさどうこうはいらない描写だと感じたが、これは再登場するという伏線か。
ただこのシリーズは個々までしか文庫化されていないようだし、探してまで読もうとは思わないかな。

ただ最後の恵理は不覚にもちょっと可愛いと思った。
あと、真田は絶対ロリコンだ。



評価:C+



封印の血脈〈3〉ユダヤ・プロトコルの標的 (学研M文庫―伝奇Mシリーズ)封印の血脈〈3〉ユダヤ・プロトコルの標的 (学研M文庫―伝奇Mシリーズ)
(2002/05)
今野 敏

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2010.05.02 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。