スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
向日葵の咲かない夏
カテゴリ: 道尾秀介 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「僕、物語を終わらせたくなったんだ」


第六十七回。
道尾秀介の『向日葵の咲かない夏』

この小説は、すごい。
去年話題になっていたことは知っていたが、読んでみて理解した。
本当にすごい。

内容としては、終業式の日に欠席したS君に届けものをするために僕――ミチオはS君の家を訪れた。そしてそこでS君の首つり死体を見つける。しかもS君の死体は、先生に知らせに行った間に忽然と消えてしまった。そして一週間後、S君は蜘蛛へと生まれ変わって僕の前に現れこう言った。「僕は殺されたんだ」

S君曰く、犯人は担任の岩村先生だという。
そこでミチオと妹のミカとS君で、岩村先生を尾行し、家に侵入することに成功する。
そして、そこで岩村先生の意外な、(状況から考えればある意味当たり前といってもいい)性癖も明らかになる。

違和感は最初から付きまとっていた。
なぜ母親はミチオにあそこまでつらく当たるのか。
なぜミカをあそこまで溺愛するのか。
なぜ父親はそれを止めないのか。
妹が四歳の誕生日を前に死んでしまうことは最初に明かすのはなぜなのか。

これらの謎は、この物語の核ともなっている「ある前提」に疑いの目を向けた時にすべて氷解する。
わたしは最後まで気づかなかった。

そして読み終わった後のこの後味の悪さ。
ミチオは結局S君の事件を終わらせることはできても自身の物語を終わらせることはできなかったということか。
そしてミチオの両親は、ミチオを助けて火事で死に、何かに生まれ変わってミチオとともにいるということなのだろう。

凄い小説であることは間違いない。
だが非常に不快感をもたらす小説だった。
だが、ページをめくる手が止まらなかったのも事実だ。
これは評価が難しいな。
人によって合う合わないが激しく出ると思う。
それでもぜひ読んでいただきたい。
真相が明かされたときにくる衝撃とこの不快感。
これは読んでみないとわからない。



評価:AA

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る


スポンサーサイト
Edit / 2010.03.31 / Comment: 6 / TrackBack: 3 / PageTop↑
神様家族 1~8
カテゴリ: 桑島由一 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第六十六回
桑島由一の『神様家族』

いわゆるライトノベル、という奴だ。
普段はほとんど読まないのだが、友人のすすめと、以前にアニメを少し見たことがあったことから読んでみることにした。
するとこれが面白い。
すべてのライトノベルがこうなのかは知らないが、軽妙なテンポで話が進んでいく。
その軽妙さが心地いい。

内容としては、神様の息子で、次期神様の修行のため人間として生活をしている神山佐間太郎と、お目付け役の天使のテンコを中心に繰り広げられる、ドタバタラブコメディーといったところか。

とにかく軽い。敵となる悪魔たちが現れるまで基本的に全員まじめに行動しない。
悪魔が現れてもまだふざけていることも多い。
元悪魔の久美子も最初はまともだったのだが、だんだん神山家に染まっていく。
で、この久美子がいじらしい。
どうしても振られた方に感情移入してしまうんだよな~、私は。
あと、進一と愛のカップルも好き。

最終巻の八巻が、過去の話なので、ストーリー自体は七巻で終わっている。
あの後どうなるのか非常に気になるところだ。
と、思っていたら続巻があるらしい。
『神様家族Z』
スーパー佐間太郎でも出てくるのだろうか。

あ、アニメは最終回の演出がよかったな~。

軽さと悪ふざけを極めたらこんなんできました、みたいな作品だ。
でも、しっかりほろりともさせてくれる。
結構楽しめた。
矛盾とか突込みどころも多いが、その辺は勢いで何とかしてる(笑)
そんな作品だ。



評価:B+




神様家族 (MF文庫J)神様家族 (MF文庫J)
(2003/06)
桑島 由一

商品詳細を見る

神様家族〈8〉おはよう!こどもショー (MF文庫J)神様家族〈8〉おはよう!こどもショー (MF文庫J)
(2006/04)
桑島 由一

商品詳細を見る
Edit / 2010.03.31 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
交響詩篇エウレカセブン Psalms of Planets Eureka seveN
カテゴリ: BONES、片岡人生、近藤一馬 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

できることなら 彼女の笑える世界を


漫画感想第六回。
原作BONES 漫画片岡人生、近藤一馬の『交響詩篇エウレカセブン Psalms of Planets Eureka seveN』

またしてもエウレカで申し訳ない。
漫画版も買って読んでしまったのだ。
そしてこれが面白かった。
正直一番面白かった。
全六巻という長さもちょうどいい。

基本的なストーリーは途中まではアニメ版に沿っている。
だが途中からオリジナルの展開になっていく。
細かいサブストーリーは省かれているし、追加されているものもある。
一番の違いはやはり(ネタばれ→)ドミニクが死ぬことだろう。
やっとやっとアネモネとわかりあえたのに、ひどい。アネモネの最後の笑顔が綺麗で哀しい。

あとは、(ネタばれ→)コーラりアンの立ち位置か。アニメ版ではコーラりアンは人間の理解を求めていた。漫画版では自らが生き残るために利用した。人類自体に何の興味も持っていなかった。

そうそう、それと漫画版を見て考えが変わった。
やっぱり劇場版は「前の」世界だ。
地球に神の鉄槌を打ち込み、人類の一部が宇宙船で逃れていった。
そして長い年月をかけてす株に覆われた地球に帰ってきた。
この辺りが完全に一致する。
でもそうするとホランドたちの見た月の刻印が説明つかないんだよな。
ゾーンの向こう側は未来だったってことか?
う~ん。

公式見解が出ているよう。交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱいを参照。

エウレカセヴンに興味ある人は漫画版から読んでみるのをお勧めする。
アニメ版は50でちょっと手が出にくいし。
映画版は初見の人にはわかりにくそうだし。

とても面白かった。


評価:AAA
最近少し評価が甘い気がする。
少し厳しめでいくかな。でもおもしろかったしな~。


交響詩篇エウレカセブン (1) (カドカワコミックスAエース)交響詩篇エウレカセブン (1) (カドカワコミックスAエース)
(2005/07/26)
片岡 人生近藤 一馬

商品詳細を見る

交響詩篇エウレカセブン (6) (角川コミックス・エース (KCA138-7))交響詩篇エウレカセブン (6) (角川コミックス・エース (KCA138-7))
(2006/12/22)
BONES片岡 人生

商品詳細を見る


Edit / 2010.03.07 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
サマーウォーズ
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三回アニメ感想『サマーウォーズ』

昨夏、よくCMで流れていて、評判も良かったらしい映画。
見に行きたかったが、いけなかった。
そこでやっとツタヤでレンタルが開始したのでエウレカと一緒に借りてきた。

いやあ~、なんかいいね~。
上手く言えないんだけど全体を流れる雰囲気が好き。
やさしい。

途中、主人公が空気と化していた。
最後はちゃんと締めたけどね。
いや、締めたのはナツキの方か。

空気と化してはいたがこの主人公は好き。
数学の天才児って設定がすごく好きなんだな~。
それ以外何もできない感じも。
サヴァンって感じでもないのが逆に新鮮でいい。
大体漫画とかでこの手の能力を持っているのはサヴァン症候群だ。
でもこの主人公、普通。ちょーふつー。
でも数学的能力超人。

大家族のごたごたかんとか、夏の感じとか、とにかく全部良かった。
好きじゃない人はいても、嫌いな人はいないんじゃないかなこの映画。

いい意味で見た後に何も残らない映画。
すっと通りぬけて行ってくれた感じ。



評価:AA



サマーウォーズ [DVD]サマーウォーズ [DVD]
(2010/03/03)
神木隆之介桜庭 ななみ

商品詳細を見る



Edit / 2010.03.06 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

アニメ感想第二回。
『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』

テレビ放映版もすべて見たが、こちらは感想を書いているときりがないので劇場版を中心に。
ただ、テレビ版はアネモネとドミニクのシーンがよかった。
凄い好き。
思いが伝わるっていいなって単純に思う。

逆に劇場版では二人の出番が少なくて残念。
重要な役どころではあるのだが。
アネモネが最初おばあちゃんでびっくりした。
ちゃんと若返ったけど。
しかし人間ができているアネモネは変な感じがする。
クレイジーでこそアネモネ(笑)

少し考察してみる。
月にあった刻印から考えても、今作はパラレルワールドではない、テレビ版の「次の」世界と考えるのが妥当だろうか。いやでもあれはゾーンを抜けた先だから「前の」世界の話になるのか?どっちもありそうだが、個人的には次の世界だと思う。多分。

そういうところも含めて、エヴァの影響を多大に受けているのは間違いないだろう。
物語の作りが似ている。劇場版が単なるリメイク出ないことも含めて。
ただあそこまで投げっぱなしではないが。

全50話を2時間にまとめたのだから大分話も違っているし、削られているところも多い。
レイとチャーチルは登場しないし、エウレカの子供たちもほとんど出てこない。
レントンとエウレカは最初からラブラブでにやけてしまう。

デューイ、お前やっぱり……、そんな感じはしてたけど。

展開もだいぶ早いため、テレビ版を見ていない人はついていけないのではないかと思った。
あと、ちっちゃいニルバーシュとジエンドがかわいかった。


追記 公式見解が出ているようであった。
以下Wikipediaより引用

本作品の舞台は、テレビシリーズの最終話にて描かれた、スカブコーラルの半分が人類との共生の別の可能性を模索する為に旅立った『別宇宙』(=多元宇宙、パラレルワールド)である[5]。本編中にテレビシリーズとの関係を詳しく説明するシーンはないが、テレビシリーズの舞台であった惑星が登場するシーンがある。京田知己によるとイマージュ(=スカブコーラル)が、自分達が元来いた世界(=テレビシリーズの世界)を、共生のひとつの成功例として見せたとの事



当たらずとも遠からずといったところか。



評価:A+
ただしこれは劇場版のみの評価でテレビ放映版も加えると
評価:AA+



交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]
(2009/06/26)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る

Edit / 2010.03.05 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。