スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
冷たい校舎の時は止まる
カテゴリ: 辻村深月 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学
第六十五回
辻村深月の『冷たい校舎の時は止まる』

久しぶりの小説感想だ。
この作品は何がいいってまずタイトルがいい。
本屋でこれを見かけたとき、絶対に面白いと思った。

読んだのが結構昔になるので、曖昧になってしまった部分も多いのだが、この作品は私にとって、少し、記念的な作品である。
そう、何と私はこの物語の核となる謎の大半を謎が明かされる前に解き明かしたのだ。
名探偵気分だ。
これは何とも小気味よく、気分のいい体験だった。
大体は作者にだまされるのだが、これはほぼ100%解き明かしたと言っていい。

大体のあらすじとしては、いつもどおりに登校したはずの八人が他に誰もいない学校に閉じ込められてしまう。
時計は2か月前の学園祭の最中に同級生が自殺した時刻である5時30分で止まっている。
なぜか思い出せない自殺した同級生の顔と名前。
ひょっとして、この八人の中に……?
そしてチャイムが鳴るたびに一人ずつ仲間たちが消えていく。
この冷たい校舎を作り出した「ホスト」とは、そして自殺した同級生とはだれなのか。

とまあこんな感じだ。

自殺した同級生についてはかなり早い段階から分かっていた。
そしてそうである以上「ホスト」正体と目的も。
途中あからさまに「ホスト」の正体をにおわせる描写もあるし。
そう「ホスト」の正体は深月を一番気づ付けたいと願っている人物。
それはだれか。
そして、オチの、誰がこの世界を閉じるのか、もいうまでもなくわかった。
そう、本当は(ネタばれ)→角田春子が深月に当てつけるように自殺した。でも本当は許してほしかったんだ。
(ネタばれ)→菅原=榊も早い段階で読めた。何というか彼だけ浮いている感じを受けたし。
そして、100%でなくほぼ100%だと書いたのはここだ。
(ネタばれ)→菅原=榊がわかったならヒロ=鷹野になぜ気付かなかった
このぶぶんだけ「あっ、そうか、そうだよ」ってなった。
いや、当然そうなるだろ~。
あの回想シーンはヒロとHEROがかかっているのがとてもいい。こういう言葉遊びは大好き。

全体を通して、繊細で傷つきやすいあの年頃をよくあらわしてると思う。
文章の繊細さもそれに輪をかけている。
まあ意外と図太いのもあの世代なんだけどね。
桐野なんかそうだと思う。繊細で変なことにこだわっているようで本当は。
きっとあのカップルはうまくいく。

『子供たちは夜と遊ぶ』の時も感じたが、本当に繊細な小説を書く人だなと思う。
だから好き嫌い別れてしまうかもしれない。
私はもちろん、好きの方だ。



評価:AA

表紙のデザインも好き。


冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


スポンサーサイト
Edit / 2010.02.27 / Comment: 6 / TrackBack: 1 / PageTop↑
1~One~
カテゴリ: ゆず / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

聴いた音楽の感想なんかも書いてみよう。
音楽感想第一回。
ゆずのアルバム『1~One~』
特に最近のアルバムという訳ではない。
発売が2004年なので6年近く前になるのか。
そんなに昔のものなのか。

昔、中学くらいの頃すごくゆずが好きだった時期があった。
部屋にいるときはMD(なつかしい!!) を四六時中流していた。
当時ギターをかじっていたこともあり、かなりのゆずっこだった。
しかし、そのうちなぜか聴かなくなり、新譜もチェックしなくなっていった。
進学とともに一緒にギターを弾いていた友達とも疎遠になったことも関係しているだろう。
当時の私にとってゆずの曲は「聴く」だけじゃなく「弾く」曲でもだったからだ。
他にも好きなアーティストが増えたこともあるのだろう。
コブクロやBUMP OF CHICKENなども聴くようになった。
俗物だと言いたければ言えばいい、私は堂々と胸を張って言えるほどの俗物だ。
J-POPしか効かないのだ。洋楽とかは歌詞がわからないから聞かないのだ。

少し話がそれたので戻そう。
収録曲はこんな感じだ。

01.わだち
02.1
03.シュミのハバ
04.桜木町
05.白鳥
06.ウソっぱち
07.積み木ゲーム
08.命果てるまで
09.歩行者優先
10.夏祭り
11.蛍光灯の先
12.夢の地図
13.栄光の架橋

なんというか、ゆずの歌声はすっと胸に入ってくる感じがする。
陳腐なありがちな歌詞じゃないかと思う方もいるだろう。
でもゆずのメロディーは疲れた心に心地よくしみわたってくる。
そんな感じがする。

04.桜木町

このアルバムでの一押しはやはりこれだろう。
またイントロがいいんだな、優しくて切なくて。

そしていつの日か忘れていく、君の笑顔も泪も


そう、本当につらいのはこれなんだ。
あんなに、あんなに大切だったあの人の顔が、声が少しずつぼやけていく。
完全に消えてしまうことはなくても確実に薄まっていく。
それが、つらいのだ。

最後の強がり、きっとこれが二人の為だよね


本当は離れたくなんかないのだ。
問いかけになっているのがその気持ちを表している。
でも最後くらい、かっこつけて綺麗にお別れするための強がりなのだ。
きっとだれもが心の中のかさぶたをひっかかれる。
名曲だな~と思う。

08.命果てるまで

まず曲名がいい。誰が何と言おうといい。
一瞬で胸に刻まれる曲名だ。
そして曲名通りのアップテンポな曲だ。

命果てるまで、灯火が消えるまで、つよく、もっと強く魂を焦がしたい


人によっては少しおしつけがましいと感じる部分もあるかもしれない。
実は私も感じた。
でもそれでも何度でも聞きたいと思わせるパワーがある。

09.歩行者優先

これもいいね。
何かのCMで流れていたと思う。
車だっただろうか。

素晴らしい明日の風吹く場所探しに行こう


非常にゆずらしい安心して聴ける曲だと感じた。

12.夢の地図

これもゆずらしさが前面に出ててすごく好き。
ゆずのアルバム収録曲、あるいはカップリング曲って感じ。
聴いていてすごくほっとする曲。
こういう現代批判(こんなくくり方はかなり乱暴なのだが)みたいな感じの曲は大体アルバムに一曲くらい入っている。
暗い曲も多いんだがこれは明るい。

あの日描いた夢の地図見つからなくても、もっと素敵な夢を君と描けばいい


そう、そりゃあ、頑張ればかなうなんて約束はできないけど夢はいつからだって描けるんだ。

13.栄光の架橋

誰にも言えない泪があった 人知れず流した泪があった


この曲は言うまでもないだろう。
オリンピックのテーマソングだった曲だ。
どこぞのアナウンサーが上手いこと言ったアレだ。
個人的にも思い入れがある曲で、イントロだけでこみあげてくるものがある。
ああ~、しかし、いい曲だな~。


名曲の多いいいアルバム。
ゆず初心者の方にもお勧め。
まあ初心者ならベストの方がいいけどね。



評価:AA



1~ONE~1~ONE~
(2004/09/15)
ゆず

商品詳細を見る

Edit / 2010.02.17 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ドラゴンクエストVI 幻の大地
カテゴリ: ゲーム / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

久々ゲームの感想。
SQUARE ENIXの「ドラゴンクエストVI 幻の大地」
DSでのリメイク版だ。

実はドラクエのちゃんとしたシリーズをやるのは初めてだったりする。
モンスターズの方をやったくらいで。
感想としてはさすがの王道RPGだなってとこか。
個人的にはFFの方が好きだったりするのだが(13欲しいな~、でもプレステ3安くなったとはいえ3万だしな)
これはこれで安心感があって面白い。

途中で伝説の武具を集めるのだが、別に順番が決められているわけではなく、
お好きなところからどうぞって感じで、何から手をつけていいやらで世界中を回ってたら
レベルが上がりすぎてボスが弱く感じた。
まあこの辺の自由さは、一本道と揶揄されるFFとの違いか。
ボスはもう少し強くしてもいいと思ったけどな~。
全滅したのはムドー(2回目、っていうか3回目? 本気出してきたやつ)と海底のキラーマジンガ×2くらい。
ラスボスも結構普通に倒せたし。
3段階変身は好きだけどね。

あと、細かい設定とかがはっきり語られないのはわざとなんだろうか?
何かボヤーッとしてて、ミレーユとかバーバラとか。
いや、エンディングで語られたし、どっかのジーさんの話とか聞いたら想像はつくけどさ、
エピソードははっきりと語られる方が好きかな~。
IVやVと同じ世界の話らしいしそっちもやればわかるなかな?

そういえば、モンストルのアモス?(だっけ)に「お前夜モンスターなるで」って教えたら失踪してしまった。
ちゃんと理性の種取ってきたのに、戻ってきたらいなかった。
しかも村人にえらい責められた。
言わなければ仲間になったらしいけど……、まあパーティーにあいつを入れる隙間はないしいいか。

ラスボス倒すまで攻略サイトは見ないという方針だったので後で小さなメダル集めるのが面倒だった。
しかも100枚目の景品が……しょぼいっ!
普通最強の剣とかでしょうよ。

ちなみに全クリ時のパーティーは

主人公
ハッサン
ドランゴ
ピエール

うん、バランスが悪い。
しかも誰もザオリク使えない。
主人公のザオラルがせいいっぱい。
せかいじゅのはで代用した。

ちなみにはぐりん(はぐれメタル)の加入により、ピエールの二軍落ちが危ぶまれている。
はぐりんが賢者とドラゴンマスターしたらいれかえかな~。

SFC版ではもっといろんなモンスターを仲間にできたらしい。
その方がよかったのに。
DS版では数種のスライム系とバトルレックスだけ。

Vも欲しくなってきた。こっちはモンスターがいろいろ仲間になるらしいし。
モンスターだけでクリアとかしたいな~。
こちらのブログ様なんかでやってたみたいに。
今は、DQ6のハッサン一人縛りをされているよう。
いくらハッサンが頼りになるとはいえ考えただけでもきっつい(笑)

今は職業の熟練度を上げるため魔術師の塔に籠ってる感じ。
メダパニとかげが可愛く見えてきた。
先はまだ長い。

まだ隠しダンジョンはクリアしてないけど十分問題なく楽しめた。
もっとモンスターが仲間になればよかったのに。


評価:A+


ドラゴンクエストVI 幻の大地ドラゴンクエストVI 幻の大地
(2010/01/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る

Edit / 2010.02.10 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。