スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
惑星のさみだれ 4~7
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「すきだ」

「しってる」



漫画感想第三回。
水上悟志の『惑星のさみだれ』

さあ、今回もネタばれ全開でお送りしようと思う。
反転も特にしない方向でいく。

物語も中盤で、盛り上がりが尋常じゃない。
敵である泥人形は非常に強力で、戦う獣の騎士たちが生身の人間である以上、被弾は死を意味する。
達人であった半月も、カジキマグロの師匠もあっさりと死ぬ。
ドラゴンボールのように死者が生き返ることもない。
だからこそ、手に汗を握る。
いや、ハッピーエンドは好きだけどね。
命がけの戦いで主人公側はだれも死なないってのも、ねえ?

さて、物語はいろいろと核心に迫っていく。
悪の魔法使い、アニムスの目的も明らかになる(それが真実かは分からないが)。
それは、アカシックレコードの掌握。
ん~、いいね、アカシックレコード。
何か好き。
いやまあ、反則的な存在ではあるのだけど。

ほかには、さみだれと母親との距離が縮まったり。
夕日が方天戟を使ったり。
精霊アニマ(かわいい)が登場したり。
カジキマグロの騎士、秋谷稲近、通称師匠のことも明らかになったり。
幻獣の三騎士も出てきたり。
白道さんが告ったり。
それぞれの人物像も掘り下げられてきたり。
色々あった。
のだが、やっぱり、六巻のタローとハナコのエピソードの衝撃がやばい。

九番目の泥人形、ボエドロミオンは強力な泥人形だった。
さみだれも本調子ではないため、ジリ貧となった戦況を打開するためハナコがおとりとなって敵の気を引くことを提案する。
タローはハナコを守るため、ビビりながらも自分がおとりとなる。
しかし、ボエドロミオンが狙いに定めたのは、タローではなくハナコだった。
タローは身を呈してハナコを守ろうとするのだが……。

20091106224133.jpg

人間の体程度では泥人形の攻撃を防ぐことはできず、ハナコもろとも串刺しになってしまう。

タローの願いは「ハナコが致命傷を負ったときにそれを治すこと」
タローがかばわなくとも、ハナコは一度だけ死をまぬがれることができる。
もちろんタローにもそのことは分かっていた。
それでも、だ。
それでもタローは、惚れた女を守るため、飛び出さざるを得なかったのだ。
確かにそう、キルの言うとおり、無駄死にだ。
だが、ランスの言うとおり、日下部太郎は本物の勇者だった。

タローの死に際の攻撃でボエドロミオンは逃走した。
そして、再び現れたボエドロミオンを白道さんが幻獣の三騎士となりパワーアップした獣の騎士団(全員喪服ってのがまた…)が追いつめる。
そして、手負いの泥人形にとどめを刺したのは――、

20091106225422.jpg

カマキリの騎士、宙野ハナコの掌握領域「勇者の剣<クサカベ>」だった。
タローの名前とか、何だよもう、卑怯なくらい熱すぎる。

20091106230156.jpg

感情が希薄なハナコが、怒りと悲しみをむき出しにして大声で泣きわめきながら、タローの仇を打つのだ。
あまり目立たないが、キルのセリフも…。
ランスと仲悪かったのに…。

いや本当に、心を震わされてしまった。


こういうド直球の熱さが、『惑星のさみだれ』の魅力なのだが、もちろんそれだけじゃない。
結構多くのキャラクターが出てきているのに、しっかり全員書き分けて、キャラが立っていることもすごい。
また、伏線の回収もすごい。
回収のタイミングがいい。

魔法使いを退けた後、夕日はどういう決断を下すのか。
半月の遺志と技を継ぎ、子供たちのために笑顔を見せることができるほど人間として成長した夕日は、さみだれを止めるのか、さみだれに従うのか、それとも?
ただ、そう、さみだれだって「子供」なんだよな。
この辺りがキーなんじゃないかと思う。

盛り上がりまくりでやばい。
こんな面白い作品があまり知られてないのはもったいないな~。
この辺まで来ると画力も安定してきてる。
そういえばもうすぐ八巻も出るっぽい。
ひょっとしたら十巻で完結だったりするのかな?
あと、白道さん可愛い。



評価:AAA
最高評価だよ、ちくしょう!!



惑星のさみだれ 4 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 4 (ヤングキングコミックス)
(2007/10/26)
水上 悟志

商品詳細を見る
惑星のさみだれ 5 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 5 (ヤングキングコミックス)
(2008/05/26)
水上 悟志

商品詳細を見る
惑星のさみだれ 6 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 6 (ヤングキングコミックス)
(2008/10/29)
水上 悟志

商品詳細を見る
惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)
(2009/04/30)
水上 悟志

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Edit / 2009.11.06 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
惑星のさみだれ 1~3
カテゴリ: 水上悟志 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

ヒーロー、参ッ上ォ!!



漫画感想第二回。
水上悟志の『惑星のさみだれ』
ちなみに1巻から7巻まで大人買いして一気読み。

主人公、雨宮夕日は平凡な(そうでもないが)大学生だったが、ある日突然現れた喋るトカゲのロイに、地球の危機を告げられる。
が、別に世界を救いたくはない夕日なので、ロイは迷惑な闖入者でしかなかった。
そんな夕日が、敵である「魔法使い」の「泥人形」に襲われた時、彼を助けたのはお隣の女子高生、朝日奈さみだれだった。
まあ、ありがちな入り方だろう。
ジャンルとしてはファンタジーか、SF化。
余談だが、1巻の裏表紙には新感覚ご近所ストーリーとある(ご近所!?)。

だがここからは、ちょっとありがちではない。
彼女こそが、トカゲの騎士である夕日の守るべき姫だったのだが、さみだれの目的は、地球を滅ぼすもの「ビスケットハンマー」から地球を守ることではなく、地球を守った上で、自らの手で地球を破壊することだったのだ。
さみだれは、ヒロインにして、魔王なのだ。

さらに、職業正義のヒーローの犬の騎士、東雲半月が登場して、1巻は幕となる。
ここまでは、まあネタばれとは言えないだろう。
正直なところ、1巻は絵の粗さも目立つし、展開に違和感もある。
ただ、この作品は2巻以降、大化けする。
というわけで、以降はネタばれ満載でお送りする。


2巻は半月のための巻だ。
闘いぶりから、その存在感、そして退場まで。
いや、半月は男の中の男やで。
正義のヒーローにあこがれながら、自分がそうではないという自覚があり、それでもそうありたいと願う。
そして彼の大人論が素晴らしい。

大人が笑うのはな、大人は楽しいぜって子供にうらやましがられるため、人生は希望に満ちてるって教えるためさ


また、さみだれが地球を壊したい理由も発覚する。
それはそう、無理心中なのだ。
ただ、それでもさみだれは諦めきれていないのだろう。
あまりに明るい少女すぎる

半月の弟、カラスの騎士、東雲三日月が登場したところで、2巻は幕。
こいつがまたいいキャラだ。
ここまで2巻。

10対1で戦って、1人残らず全員倒せ


仲間の騎士も増えてくる。
馬の騎士、南雲宗一郎。ヘビの騎士、白道八宵。亀の騎士、月代雪待。鶏の騎士、星川昴。ネズミの騎士、日下部太郎。カマキリの騎士、宙野花子。フクロウの騎士、茜太陽。黒猫の騎士、風巻豹。そして、すでに故人だが、カジキマグロ(!)の騎士、師匠。
増えてくるというか、これで全部か。
そして、ああ、この巻も、半月の巻だ!!
半月の最後の願いが何だったのかが明かされる。
それは、「天才武道家東雲半月の技を雨宮夕日に渡す」こと。
くそう! いい男すぎる。
ヒーローだよ! あんたヒーローだよ!!

他には、ラスボスの魔法使い、アニムスも登場し、大きくストーリーが動き出す。
あと、白道さん可愛い。

ここまで3巻。


あまり有名な作品ではないと思う(多分)。
出会いはブックオフ。
なんとなくタイトルが気になって(惑星と書いて「ほし」と読ますなんて、ありがち過ぎて逆に少ないよね!)立ち読みした。
ここで一目ぼれ、というわけではない。
まあそこそこかな、というのが感想だった。
でも、気まぐれに大人買いしてやった。
社会人はこんな無駄遣いもできるのだ!!(無駄じゃなかったけど)

いやー、面白い。
何というか、そう、王道なのだ。
熱い、というのが一番適切か。

とりあえず3巻までの感想。
続きはまた今度。



評価:AA



惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/01/27)
水上 悟志

商品詳細を見る
惑星のさみだれ 2 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 2 (ヤングキングコミックス)
(2006/09/27)
水上 悟志

商品詳細を見る
惑星のさみだれ 3 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 3 (ヤングキングコミックス)
(2007/05/28)
水上 悟志

商品詳細を見る
Edit / 2009.11.03 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。