スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
四畳半神話体系
カテゴリ: 森見登美彦 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「ぎょええええ」と明石さんがマンガのような悲鳴を上げた。 


第六十一回。
森見登美彦の「四畳半神話体系」

いや~、面白かった。
森見節満載で、読んでいて楽しい。
樋口師匠と羽貫さんのキャラがいい味出してる。
というかだ、登場人物全員がどいつもこいつも魅力的だ。

話の筋としては『太陽の塔』とそんなに変わらない。
京都の冴えない男子大学生の「私」が、周囲の変人に振り回されながら、黒髪の乙女とお近づきになる話だ。
ただ少し仕掛けがある。
全四話からなるこの話は、一話ごとに大学入学時の「私」が異なる選択をした並行世界の話となっている。
いわゆるパラレルワールドものだ。
しかし、悲しいことに(結末から考えればあるいは喜ばしいことに)、「私」の過ごす大学生活はどの選択肢でも大差ない。
思い描く理想の「薔薇色のキャンパスライフ」とは程遠い。
どのパターンでも怪人小津と巡り合い、小津は「私」を全力で駄目にする。
その結果「私」の生活は男汁にあふれ、最後はハッピーエンドだし、小津は骨を折る。
ただ、個人的には非常に充実した大学生活だと思うのだけどね。
結局黒髪の乙女、明石さんとはお近づきになれてしまうわけだし。
そして、その先をけして書こうとしないのがまた心憎い。
でも本当はその続きが知りたい。すごく知りたい。切実に知りたい。

この並行世界は、それぞれが微妙に影響し合っている。
おもにぬいぐるみのクマ「モチグマ」と、蛾だろうか。
こういう演出も好みだ。

二話目の「四畳半自虐的代理代理戦争」が一番好きだ。
なぜなら明石さんの出番が一番多いからだ。
歯に衣着せぬ明石さんは痛快で、そして可愛い。
ただ、彼女は「私」の好みからは若干外れているようだ。
「私」の好みは「もっと何かこう、ふはふはして、繊細微妙で夢のような、美しいものだけで頭がいっぱいな黒髪の乙女」だ。
『太陽の塔』の水尾さんは多分そっちだ。

ただでさえ『太陽の塔』と大差ない内容でしかもそれを四回繰り返すのだがそれでもなお面白いのだ。
素晴らしい。



評価:AA




四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Edit / 2009.07.29 / Comment: 5 / TrackBack: 1 / PageTop↑
なかよし小鳩組
カテゴリ: 荻原浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第六十回。
荻原浩の「なかよし小鳩組」

久しぶりの感想。
なかなか感想が書けない。
色々と読んではいるのだが。

さて、久しぶり?の荻原浩だ。
デビュー作の「オロロ畑でつかまえて」の続編にあたる。
やはりレベルが高い。
倒産寸前の広告代理店にやくざのイメージアップの仕事が舞い込む、というのは確かに少々無理がある内容なのだが、面白いのだからいいのだ。

「オロロ畑」の時も書いたような気がするのだが、離婚、あるいは別居中の妻に引き取られた娘とダメな父親の交流というのに弱い。
何故だろう、とにかく好きだ。
柚木草平シリーズが好きな理由の一つもその辺にある。
あれもいい。
おませな娘がとてもいい。

そして、最後は不覚にもちょっとほろりとしてしまった。
いい大人が必死になって頑張る姿ってのはいいもんだ。



評価:A




なかよし小鳩組 (集英社文庫)なかよし小鳩組 (集英社文庫)
(2003/03)
荻原 浩

商品詳細を見る


Edit / 2009.07.23 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
エヴァンゲリオン新劇場版:序
カテゴリ: アニメ / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

私は、エヴァをリアルタイムで見た世代からは少し外れている。
再放送で見た口だ。
だが、再放送で全部の回を見たし、それであの終わり方が意味わからなかったので、劇場版も見た(劇場版では何といっても量産機が格好良かったなぁ)。
そして、何とか人類補完計画の意味も、あのオチの意味も大体は理解できたつもりでいる(それもだいぶ昔なので怪しいが)。
だから、最初エヴァがリメイクされると聞いた時は、単純にリメイクするだけなら見なくてもいいかと思っていた。
過去の遺産にすがっちゃいますか~とも思っていた。
ところが、どうも単純なリメイクではないという噂を小耳にはさみ、これは見なくては、と思い、ツタヤへと走った(ちなみにテレビでやっていたのは見逃した)。
そして、たった今、「序」を観終わったわけだ。

一応以下はネタばれも含む。




いきなり大きな違和感があった。
海が赤い。
この段階で一つの仮説が浮かぶ。
おそらく旧版の劇場版まで見たほとんどの人にも同じ仮説が浮かんだだろう。
しばらくは昔と同じ流れで進む、テンポが速いのは尺の問題だからまあ仕方ない。
そこでまた違和感。
第四使徒?
確かサキエルは第三使徒だったような。
他にもその次の使徒がやられた後に消えてしまったりとか(確か旧版では回収されて使徒と人類の遺伝子がほぼ一致するとかいうくだりがあったような)、細かい変更点は多く、その全てがストーリー上あまり意味のない、演出の変更というわけでは、当然なさそうだ。
個人的な一番の変更点はやはりレミエルだろう(ガトリングも捨てがたいが)。
形、変わる変わる。
以前はずっと八面体のまま変わらなかったのに、もう、分裂したり変形したりやりたい放題だ。
ただ、ドリルに関しては、以前の無骨な感じの方が好みではある。

まあ、それはいいとして、最後、いきなりカヲルが登場した。
そして彼の独白(「また三番目~」のくだり)を聞いて確信。
やはり新劇場版は二週目、あるいは二週目どころではないかもしれないが、旧版のリメイクではなく、続編、いや、完結編というべきものなのだろう。

また、リリスが変わっていたことも、重要な変更点だろう。
わざわざあの時点で見せたのだからなおさらだ。
旧版ではなかったし。
あの使徒の仮面(旧版ではあれってサキエルと分裂するやつ以外にもついてたっけ?)がついてた。
そして、旧版でネルフの地下にあったものはカヲルのそばにあるようだ。
これは恐らくだが、新劇場版のネルフの地下にあった方は仮面の下はレイの顔じゃないだろうか。
シンジとアスカがアダムとイヴになったあのラストの続きだと考えれば、増えた一体は、あの巨大なレイだと考えるのがいいような気がする。
つまり、第一使徒がシンジで、第二使徒がアスカ、第三使徒がレイか。
ん?じゃあ旧版の地下にあったあれはなんだったんだ?
よくわからなくなってきた。

さらに、次回予告でぶったまげた。
新キャラに新エヴァ?
五号機?六号機?
それって量産機じゃなかったけ?
どうもこれは結末がだいぶ変わってくるのだろうね。
「破」というタイトルもそう考えれば暗示的だ。

いや~、面白いな~。
続きが楽しみ。
映画館いっちゃおうかな~。
でも人ごみ苦手だしな~。



評価:AA+




ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]
(2008/05/21)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る

Edit / 2009.07.05 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。