スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
東京物語
カテゴリ: 奥田英朗 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

いとしのエリーはいつまでもおかしそうに笑っていた。


第三十五回。
奥田英朗の『東京物語』

こういう、半生を振り返るような作品が好きだ。
振り返る思い出はいつだって楽しくて儚い。
だからこそ美しく映る。

上で述べたように、この小説は主人公の久雄の青春時代を描いた青春小説だ。
はっきりと明示されているわけではないが、久雄は恐らく著者、奥田英朗の分身だ。
プランナーやコピーライターは著者も経験した仕事のようで、そう考えればこれは自伝小説だともいえるのだろう。
どの程度が事実なのかは、著者のみぞ知るところか。

さて、内容だが、淡々としていて、ドラマティックな展開があるわけでもない。
一つ一つのエピソードのその後も説明されない。
投げっぱなしと言えば投げっぱなしだ。
だが面白い。
文章の上手さがあるんだろう。
読者をのめりこませる力がある。
大事件を描く小説も面白いが、それは必要不可欠なものではないと教えてくれる。
殺人事件も、心霊現象も、何もなくても、日常の範囲内の出来事でこんなに面白い小説は作れるのだ。

六つの章に分かれているが、時系列順には並んでいない。
社会人から始まり、浪人生、大学生、再び社会人、独立してフリーランス、バブル時代となっている。
大学生の時の話が一番好きだ。
素直になれずに強がってしまう女の子と鈍い久雄。
甘酸っぱすぎる。
まあ、一目惚れだって恋だと思うけどね。
先輩に片思いしながら、同回生の女の子に自分が惚れられていると自覚した途端、甘い気持ちになってしまう久雄は現金と言えば現金か。
が、まあ、男はそんなもんかとも思う。

他のエピソードも一つ一つが非常に質が高く、楽しんで読めた。
や~、良作だなあ。



評価:AA



東京物語 (集英社文庫)東京物語 (集英社文庫)
(2004/09)
奥田 英朗

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Edit / 2009.01.26 / Comment: 5 / TrackBack: 1 / PageTop↑
カカシの夏休み
カテゴリ: 重松清 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三十四回。
重松清の『カカシの夏休み』
短編としては長いので、中編集かな。
三篇収録。

「カカシの夏休み」

 わかっている。
 僕たちがほんとうに帰っていく先は、この街の、この暮らしだ。


表題作。
帰りたい場所があるってことはきっといいことだと思う。
たとえもう帰ることができなくても。

重松清の登場人物は皆、本当はいい人だ。
問題があってもそれは、不器用で見栄っ張りでどうしたらいいかわからなくて、そういう人たちばっかりだ。
閉塞した現実の中で、翔太と早希の明るさや、なんだかんだで付き合ってくれる友人達が救いだなあ。

「ライオン先生」

「親や教師はお手本なんかじゃない。ただオトナなんです。努力や我慢がほんとうは報われないことをコドモより知っていて、でも、いつか報われるんだとコドモより信じてて……信じたいですよね、ぼくら……」


主人公の雄介は、教師らしからぬ長髪がトレードマークのいわゆる熱血教師、通称ライオン先生だ。
だが、実はその髪の毛はカツラなのだ。
大学生の娘がいる自分がもう生徒達と一つになれないことも本当はわかっている。
22歳の新米教師だった頃の自分と今の自分がもう違うことも。

若者が変わってしまった、という人たちは、自分達も変わってしまったのだということに気付いていない。
無理に迎合しようとも思わないけど、そのことに気付くことができない中年にはなりたくないな~と思う。
自分も、相手も、変わって、そしてこれからも変わっていく事を理解して向き合えるようになりたいな~。
それができるライオン先生は、偽者のたてがみをはずしても、きっとライオン先生だ。

「未来」

 わたしをひとごろしにした人の名前は、長谷川君という。下の名前は忘れた。最初から知らなかった。


「まーくんは絶対にひとごろしなんかじゃないんだから、お姉ちゃんみたいに病気になっちゃだめなんだから」


前の二作とは大分毛色が違う。
ここで描かれるのは中年オヤジの悲哀ではない。

些細な、本当に些細なことで、同級生の自殺の原因を作ってしまい、その結果心を病んでしまった主人公、みゆき。
ある日、みゆきの弟の同級生が自殺した。
そしてその遺書には弟の名前が書かれていた。

ここまで筋をいえば後の展開は大体想像がつくと思う。
正義を振りかざすマスコミの取材攻勢はいつみても不愉快だな、と思う。
その後、事実が明らかになったら、手のひらを返して知らん顔をするところも。
これがそんなに大げさじゃないってことが怖いよな~。
マスオさん(笑)はまだ良心的なほうだろうな~。

死んだ人の事を悲しそうに語るのもいいけど、笑いながら語ってやったほうが、きっといい。
若いうちの死でも、不慮の事故でも、たとえ自殺でも。
バカだなあいつって笑い飛ばす方が、きっといいとおもう。
人によるだろうけどね。



凄い面白かった。
平均値が凄い高い。
中年オヤジの話しかないのかと思ってたけど、そうじゃないこともわかったし。
好きだけどね、中年オヤジの哀愁は。



評価:AA



カカシの夏休み (文春文庫)カカシの夏休み (文春文庫)
(2003/05)
重松 清

商品詳細を見る

Edit / 2009.01.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ビタミンF
カテゴリ: 重松清 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三十三回。
重松清の『ビタミンF』

直木賞受賞作の、短編集。
七編が収録されている。
さすがにレベルが高い。

「ゲンコツ」

三十八歳。
「まだ」とも「もう」ともいえる中途半端な年齢。
無理に若く見せようとすれば滑稽に見え、諦めてしまえば一気に老け込む。
そんな年だ。
ガラの悪い不良に腰が引けながら立ち向かう雅夫は格好いい親父だ。
しらけた振りをしてみても、本当は色々あるのだ。
柔らかいゲンコツは武器にはならないけど、きっと大丈夫。

「はずれくじ」

なんでこんな子になっちゃったかな、なんて考えはやっぱり親の勝手だよなあと思う。
子どもは親だけの影響を受けるわけではないけど、それでも一番影響を受けるのはやっぱり親だ。
と、いう風に作者の思い通りにむっとしてしまって悔しい。

「パンドラ」

父親ってのはやっぱり子どもが悩みを打ち明けにくい存在なんだろうか。
安いプライドが、頑固な固定観念がそうさせるのだろうか。
自分の過去は大事に持ちながら、相手の過去を許せない。
そんなところが確かに男にはあるのかもしれない。
そんなエゴには苛立つのだが、不器用に、必死に伝えようとするその姿は微笑ましい。

「セッちゃん」

これは読んでて胸が痛い。
早く気付いてやれよとものすごく思った。
気付いた後も、こんなわかりやすいSOSないだろと。
お母さんをそれは逃げだろと。
ある程度以上の人数が集まれば必ずいじめってのは出てくるからな~。

「なぎさホテルにて」

達也はひっでえな。
そして、対照的に有希枝も久美子もいい女ですわ。
終わり方が心地いい。

「かさぶたまぶた」

いや~、これ、政彦の気持ちわかるな~。
見得はって強がって、必死で作り上げた虚勢を周りが信じ込んでしまうことはある。
優香の潔癖さも、わかってしまう。
幼い分だけ純粋なんだろうな~。

「母帰る」

おじいちゃんすごいな~。
マスオさんはやな感じだ。

「かさぶたまぶた」と「セッちゃん」が好きかな。
父親ってのは孤独なんだな~。
でもこの本の本当の面白さがわかるのは、私がもっと年を取ってからなんだろう。



評価:A




ビタミンF (新潮文庫)ビタミンF (新潮文庫)
(2003/06)
重松 清

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.22 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
君が壊れてしまう前に
カテゴリ: 島田雅彦 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

 ぼくはエミコが羨ましかった。あいつは上手に悲しむことができる奴だ。ぼくはどういう顔をして、何をいったらいいのか、全然わからない。

わかりやすい悲しみ方をしている人に、作為的なものを感じてしまうのは、私が捻くれているからだろうか。
多分そうだろう。

第三十二回。
島田雅彦の『君が壊れてしまう前に』

また初めて読む作家。
タイトルと表紙に惹かれて買ったんだけど、デビュー作が『優しいサヨクのための喜遊曲』か~。
ひょっとして政治的主張にあふれた内容かな~と心配した。
が、杞憂だった。
うん、面白い。

この作品は主人公の「ぼく」の日記という形だ。
主人公は中学生で、思春期真っ盛りだ。
その性欲丸出しの男子中学生の日記なので下ネタが凄い。
森見登美彦の『太陽の塔』の時もそんな事を書いたが、その比じゃない。
序盤なんてオナニーのことしか書いてない。
途中からオナニーの事をアフェアとか呼び出す。
バカだ(笑)
この詩的なタイトルから、こんなに下ネタが飛び出すとは思ってなかった。

周りの女の子に向ける気持ちも恋、というよりやはり性欲だ。
あっちへフラフラこっちへフラフラ。
これに眉をひそめる人もいるのかも知れない。
でも、実際はこんなもんじゃないかな、とも思う。
物語にある綺麗な恋ばっかりじゃないよな~。
特にこの年頃はね~。
リアルッちゃあ、リアル。

ただ、日記形式にする必要は別に感じなかったような気もする。
というか日記っぽくない。

最初が少し読みにくくて、ひょっとしたら地雷だったかと心配したけど、中盤以降は非常に面白かった。

 ぼくたちはみな、ピノッキオである。ぼくたちはみなプーにもなれる。ぼくたちはマリオネットであり、ぬいぐるみなのだけれども、奴隷でない。自由の刑に処せられても、無邪気でいる術を学ぶことができる。


『君が壊れてしまう前に』の「君」って誰のことだろう。
プーさんのことかな?
どうだろう。



評価:B+




君が壊れてしまう前に (ピュアフル文庫)君が壊れてしまう前に (ピュアフル文庫)
(2006/09)
島田 雅彦

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.16 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
時をかける少女
カテゴリ: 筒井康隆 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三十一回。
筒井康隆の『時をかける少女』
一日三回も更新するとは完全に逃避エネルギーのなせる業。

SFの古典的?名作、かな。
少し前にアニメで映画化されてた。
実写でも何回か映画化されてるよう。

名作だということで、期待して読んだ。
非常に期待して読んだ。
まあ、拍子抜けしたわけだ。
最近このパターン多いな。
少しあっさりしすぎているような。
薄い本だしね。

これはしょうがないんだろうけど、台詞の古臭さがどうも気になって。
表紙もまた時代を感じるなこれ。



評価:C




時をかける少女 (ハルキ文庫)時をかける少女 (ハルキ文庫)
(1997/04)
筒井 康隆

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.14 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
クリスマスの4人
カテゴリ: 井上夢人 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三十回。
井上夢人の『クリスマスの4人』
もう三十回か~。

井上夢人好きなんだけど、この人は凄い寡作で困ってしまう。
もっとたくさん書いて欲しいな~。

1970年のクリスマスの日に二十歳を迎える男女四人が、謎の中年男性を轢いてしまうところから話は始まる。
四人はその事を隠蔽し、十年後に再会する。
そこに現われたのは死んだはずの男だった。

以下ネタバレ

正直なところいまひとつ。
面白くはあったんだけど。
時間移動が絡んでくるのが早い段階で予想がついてしまったからだろうか。
直前に『時をかける少女』を読んだのがよくなかったかな。
研究所勤めを強調する辺りから、どうも塚本がキーマンだと言うのも予想できた。
というかむしろ黒幕だとすら思った。
最初の取り乱しっぷりが少し気になってたし、最後の章まで一人称がなかったし。
まあそれは外れたけど。
それに轢かれた男が塚本だともわからなかった。
いやでもこれは判りようがないか。

最後はこれハッピーエンド、じゃないよな~。
もやもやする。
結局轢き逃げをした四人に何か罰があるわけでもなく。
この辺のもやもや感は狙ってるんだろうな~。
そういう作品多いし。
まあ及第点かな。



評価:B



クリスマスの4人 (光文社文庫)クリスマスの4人 (光文社文庫)
(2004/12/10)
井上 夢人

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.14 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
初ものがたり
カテゴリ: 宮部みゆき / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第二十九回。
宮部みゆきの『初ものがたり』

時代物の、連作短編集かな。
全六篇。
宮部みゆきはほとんど読んでしまったので、あまり未読のものがない。
PHP文庫ってあんま見ないな。

内容は、岡っ引きの茂七親分が、下っ引きの糸吉と権三を率いて事件を解決していく感じ。
謎めいた元武家の稲荷寿司屋の親父がいい感じ。
その稲荷寿司屋の料理の描写が凄い美味そう。
夜中に読んだので腹が減ってしょうがなかった。
料理の描写がうまい人ってのは、きっと実力のある作家なんだと思う。

少し物悲しい話が多かったかな?
すれ違う思い、的な。
こういってしまうと何か陳腐だな。

やっぱ宮部みゆきは安定してる。
外れがないから安心して読めるな~。
これ続きとかないのかな。
稲荷寿司屋が事件に絡んできたりすると面白そうだけど。
それにいまひとつ謎めいたままだし。



評価:A




初ものがたり (PHP文庫)初ものがたり (PHP文庫)
(1997/03)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.14 / Comment: 1 / TrackBack: 1 / PageTop↑
オロロ畑でつかまえて
カテゴリ: 荻原浩 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第二十八回。
荻原浩の『オロロ畑でつかまえて』

好きな作家の一人。
ユーモア、ミステリーなど本当に引き出しが多い人だと思う。
色んなジャンルの作品を出していて、それが全部面白い。
これは、デビュー作、になるのかな?

現代とは思えないほどの過疎化が進む牛穴村の青年会がなけなしの金を持ち寄って村おこしを計画する。
そのプロデュースを任されたのが、弱小広告代理店のユニバーサル広告社。
彼らの立てた企画は、牛穴湖にウッシーをでっち上げることだった。

大体のあらすじはこんな感じだが、まあ筋だけ見れば割とありがちな、どこかで見たようなものだ。
ということは逆にいえば、作者の力量が問われるということだ。
そして荻原浩は文句なしの実力派だ。
牛穴村の青年団の面々がコミカルに描かれている。
また、広告業界には作者が身をおいていたことがあるようで、リアルに感じられる。
確か他の作品にもこういう設定は登場してたような。
大分前だからどの本だったかは忘れてしまったな~。

最近外れが多かったから、久しぶりに満足。
少しとんとん拍子で進みすぎかなと思うところもあったけど、その分展開が速くて読みやすい。
ただ、少し決め手が足りないかな~とも思う。
まあデビュー作だしね。



評価:B+



オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)
(2001/10)
荻原 浩

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.13 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
トップラン 第3話 身代金ローン
カテゴリ: 清涼院流水 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第二十七回。
清涼院流水の『トップラン 第3話 身代金ローン』

二巻の最後で話が動き始めたと思ったら実はそうでもなかった。
いい加減読むのが少し辛くなってきたかも。
何か延々と二千年前後に起こったことの解説してるだけちゃうかな。
今となっては多少懐かしいとも思うけど。
う~ん。
何か小説かどうか怪しい。
ああ、大説だっけ?
このくだりも飽きたな。

一章丸々使って、2000年前半の邦楽ヒットチャートの解説をしてみたり、また一章丸々使って、クロサワ映画の話をしながら中華料理を食べたり……。
最後の最期で今度こそ話が動き出したみたいだけど。

あと突っ込みどころが多い。
普通、名前(しかも珍しい)、顔、声、全部同じなら同一人物だろうよ。
なんでひょっとしたら別人かもしれないって言う発想が出てくるんだ?
初対面の振りをしているとはいえ、会話の中で仄めかしてすらいるのに。
しかもそれを確かめるために狂言誘拐(未遂?)まで起こすとは。
主人公頭いいみたいに描かれてるけど、完全にバカちゃうかな?

続きも全部まとめて買ったと思ってたけど、四巻が抜けてる。
でもその後は最後まであるしな~。
買おうかな~どうしよっかな~。

表紙ちょっと恥ずかしいな。



評価:D




トップラン〈第3話〉身代金ローン (幻冬舎文庫)トップラン〈第3話〉身代金ローン (幻冬舎文庫)
(2000/08)
清涼院 流水

商品詳細を見る

Edit / 2009.01.11 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
かわいい女
カテゴリ: レイモンド・チャンドラー / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第二十六回。
ハードボイルドの巨星、レイモンド・チャンドラーの『かわいい女』

最近アクセスが増えてきて嬉しい。
google等からいろんな人が来てくれてる。
コメントとかも増えるともっと嬉しいかも(笑)

私は、ハードボイルド、厳密に言えば和製ハードボイルドが好きだ。
作家で言えば、大沢在昌、樋口有介辺りが好きだ。
どちらかといえば軽めのものが好みだと思う。
そして、ハードボイルド好きというからにはチャンドラーを読まない訳にはいかないと常々思っていた。
今回やっと一冊読んだ、のだが。
だ、駄目だ。
正直面白くない。
以前にも少し触れたが、多分これは内容の問題ではないと思う。
基本的に海外の作品、つまり翻訳小説を受け付けないのだ。
我ながら残念すぎる。
原書で読めたらそれが一番いいんだろうけど、私にそこまでの英語力はない。

ちゃんと読めてないから、とても評価できない。
海外小説を楽しめないのは残念やな~。
あ~、一個だけ思ったのは、原題は“THE LITTLE SISTER”らしいんだけどこの邦題はどうなのかな?



評価:-



かわいい女 (創元推理文庫 131-2)かわいい女 (創元推理文庫 131-2)
(1959/06)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.08 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
トップラン 第2話 恋人は誘拐犯
カテゴリ: 清涼院流水 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第二十五回。
清涼院流水の『トップラン 第2話 恋人は誘拐犯』

さあ、第二巻です。
とりあえずこんなに薄い文庫本でしかも題名に第2話とあるんだから、初見の人がこれから読むことはまずないわけだし、前巻のあらすじにページを多量に割くのはやめていただきたい。
ただでさえ進まない話がさらに進まなくて正直いらいらした。

内容はあんまり進んでない。
二巻なのに。
でも最後でやっと物語が転がり始めた感じ。
次巻以降からやっと面白くなるのかな?

作中の人に値段をつける心理テストをやってみた。
結果は一億九千八百万円。
私も中々捨てたもんじゃないね。

ちょっと投げ出したくなってきたけど、読みかけた本は読む、買った本も読む、のポリシーの元、今ある分だけでも読む。



評価:C




トップラン〈第2話〉恋人は誘拐犯 (幻冬舎文庫)トップラン〈第2話〉恋人は誘拐犯 (幻冬舎文庫)
(2000/06)
清涼院 流水

商品詳細を見る


Edit / 2009.01.07 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
トップラン 第1話 ここが最前線
カテゴリ: 清涼院流水 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

明けましておめでとうございます。
第二十四回。
清涼院流水の『トップラン 第1話 ここが最前線』

流水大説ってやつ?
前に一作読んだ気もするけど、どんなだったか忘れてしまった。
登場人物の名前がアレなのは大目に見るとして、ん~、小説というより2000年前後に起こった出来事の羅列って感じがする。
あ、小説じゃなくて大説か。
実際の事件や、実名もバンバン出てくるんだけど、あんま好きじゃないな~そういうの。
リアルタイムで読めばもう少し違う感想を持ったかな。
まだ導入部だから何とも言えないけど。

何だか地雷臭もするけど、続きも買っちゃったし、読んでみようと思う。



評価:C



トップラン〈第1話〉ここが最前線 (幻冬舎文庫)トップラン〈第1話〉ここが最前線 (幻冬舎文庫)
(2000/04)
清涼院 流水

商品詳細を見る


あと今、レイモンド・チャンドラーの『かわいい女』を読んでるんだけど、何か受け付けないな。
内容どうこうではなくて、基本的に翻訳小説が苦手なんだよな~。
でも途中で投げ出したくはない。


Edit / 2009.01.03 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。