スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
月に繭 地には果実(下)
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第六回、さあいよいよクライマックスです。
とうとう舞台を宇宙に移し、とんでもない兵器もいくつか登場します。
最終巻の筋を説明してしまっては完全にネタバレなのでそれは控えますね。

読めば読むほど面白くなって、ページを捲る手も止まらなくなっていきます。
また物語が最悪の方へ最悪の方へと転がっていくんですね。
それがまたページを進ます。
最悪の未来をちらつかせて、少しずつそれに近づいていくんですよ。
必死に抗うロランたちが唯一の希望です。
でも、周りの人間のきな臭さも前巻以上ですから、はっきりと味方だといえる人間がほとんどいません。
このせいで最初から最後まで凄い緊張感なんですよ。
あ~コイツ敵になるんちゃうか、あ~ヤバイ絶対ヤバイほら裏切った~、みたいな(笑)

∀とターンXの意味も明かされます。
大体の見当はついていましたが、いや~両方胡散臭いというか。
それでもどっちかといえば私はターンXよりですけどね。
∀が主人公機なのでそっちが作者の用意した真実、という訳でもないんですよね。
だってアレは完全に神の視点ですもん。
奢り高ぶるにも程がありますよ。

以下ネタバレを含むので反転です。

結局のところ、これが真実だ、というものは提示されていません。
目の前にあるものを見ずに、わかったような顔で神を気取れば、∀を作り旧文明を滅ぼした人のようになってしまいます。
かといって目の前にあるものしか見ずに、その背後にあるものから目を逸らしていては地球でむちゃくちゃやらかしたミリシャの人々のように、なってしまいます。
大量の命を簡単に奪う兵器を、自分の正義のために振りかざすことに疑問を持たないグエンや、復讐に取り付かれてカイラス・ギリを使ったハリー、ディアナへの嫉妬で目を曇らせてしまったキエルも後者に属するのでしょう。
そしてだからこそニュートラルであるロランが∀に選ばれたのでしょう。

最後まで救いを感じさせない展開でしたからね。
主要人物もほとんど死んでしまいましたし。
個人的にはディアナには生き残って欲しかったんですけど。
最後のソシエが本当に唯一の救いですかね。

それにしてもターンシリーズの性能は尋常じゃありませんね。
欠片でも残っていればナノマシンで再生できるとか、テレポーテーションとか。
以前に書いたガンダムの枠に収まる機体じゃないというのはまさにズバリでした。
まあ神として全てを滅ぼし再生させるために作り出された機体ですしね。

最後に一つ疑問なんですが、なぜキエルがムーンバタフライを動かせたんでしょうか。
生態認証が必要なのは起動時だけだったんでしょうかね。
それともキエルだから動かせたのか。
よくわかりません。

むちゃくちゃ重いストーリーでしたがとても面白かったです。
やっぱり福井作品の登場人物は一人ひとりに熱がありますね。
主要人物はほとんど印象に残ってます。
いや~、よかった。



評価:AA




月に繭 地には果実〈下〉 (幻冬舎文庫)月に繭 地には果実〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2001/08)
福井 晴敏

商品詳細を見る



スポンサーサイト
Edit / 2008.11.28 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
月に繭 地には果実(中)
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第五回です。
前回の続きですね。
物語が一気に動き始めて、主要な人物にも死者が出始めます。

強力な力を手中にすると、人間はそれに酔ってしまうものなんですね。
私だって突然目の前にMSが現われたら乗って動かしてみたいと思いますもん。
そうやって技術だけを盲目に追い求め、自らの住む星すら滅ぼす力を手に入れ、そして実際に滅ぼしてしまったのが、作中の世界です。
そしてどうも、同じ事を繰り返しそうな雰囲気がしますね。

この巻で、∀のライバル機に当たるだろう機体、<<ターンX>>が登場しました。
∀に対するアンチテーゼとして開発された機体のようです。
パイロットはギム=ギンガナム。
かつてディアナ体制に対して反乱を起こした月の武を司るギンガナム家の当主です。
確かアニメ版ではラスボスだった気がします。
ただ少し小物臭がするのは気のせいでしょうか。
裏で糸を引く月の管理人アグリッパ=メンテナーが黒幕のようですが、このおっさんはとてもMSに乗って戦えるようには思えません。
戦いは嫌いなようですし。
このアグリッパはディアナが地球に行った後月の治世を任されているのですが、二千年以上生きていると言われていて、赤い目に長い腕と、容貌も少々人間離れしています。
まさかまじもんの宇宙人ということもないでしょうし、あるいはクローン技術などを用いてこっそり世代交代してるのかもしれません。

ムーンレイス側もきな臭いですが、地球側も中々不穏な感じです。
地球側の代表者グエン=サード=ラインフォードですが、上巻からちょくちょく危険な雰囲気を醸し出してます。
新技術に対して新しい玩具を与えられた子どもの目をする人間は、福井作品では危険人物の可能性が高いですしね。
ロランに対して異性を見る目を向けてるのが何かアレな感じです。
またキエルが何か怖いんですよね~。
まだディアナと入れ替わったままですが、親衛隊長ハリーに思いを寄せてしまった様です……。
むちゃくちゃディアナに嫉妬してますよね。
な~んか破滅の臭いがするんだよな~。

核兵器まで登場していよいよカタストロフに向かって突き進んでる感がありますが、ハッピーエンドとはいかなくとも、救いのある終わりが良いな~と思います。

あと、解説でネタバレするのは勘弁して欲しいです。
核心に触れるものではなく、ニヤリと出来る程度のものなんですが、下巻の内容書いちゃあかんやろ~



評価:AA



月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)
(2001/08)
福井 晴敏

商品詳細を見る



Edit / 2008.11.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
月に繭 地には果実(上)
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

四回目は、タイトルからはわかりにくいですが、またガンダムです。
作者はまたしても福井晴敏さんです。
アニメ版のタイトルは『∀(ターンエー)ガンダム』でした。
アニメの方も時々見ていたような気がするんですが、あまり記憶が定かではありません。
この小説版は単純なノベライズということではなくアニメ版をなぞらずに、独自の展開をしていくらしいです。
その∀ガンダムですが、髭の生えたガンダムでビジュアル的には正直全くかっこよくはないのですが、その性能は尋常じゃないようです。
なんとナノマシンによる自動修復システムまで備えています。
さらに冒頭にあった始まりの樹の記述と、旧世界の破壊の後地球を癒したナノマシンと、∀のマニュアルに記載された『花咲爺』から推測するに、これはもはやガンダムという枠を超えた機体のような気もしますね。

内容についてですが、この上巻はうっすらと記憶に残っているアニメ版と同じ展開のようです。
オリジナルとなっていくのは中巻以降みたいですね。

物語の舞台は、宇宙世紀と呼ばれた時代から何千年も経った地球です。
地球はかつて発展した科学技術を用いた戦争により人間の住める星ではなくなってしまいました。
再び文明が発展し始めていますが、その技術水準は20世紀前半レベルといったところでしょうか。
旧世界の遺物のようなものもあるようですが、人々はあまりに陰惨な旧世界の記憶を忘れ(黒歴史、というフィクションという形で残ってはいますが)、それを自然のものだと思っています。
そして旧世界の崩壊時に月へと逃れ、旧世界の文明と記憶を引き継ぎ、再び地球が人間の住める星になるのを待ち続け、今まさに地球に帰還しようとしている人々がムーンレイスです。
そのムーンレイスの一人で、地球で本当にムーンレイスが暮らせるのかを調査するために月から極秘裏に地球に送り込まれた中性的な少年、ロラン=セアックがこの物語の主人公です。

地球に降り立ったロランは川で溺れているところをとある姉妹、キエル=ハイムとソシア=ハイムに助けられます。
彼女達はハイム鉱山の令嬢で、姉のキエルは何と月の女王ディアナ=ソエルと瓜二つだったのです。
ロランはハイム鉱山で働くようになり、ホワイトドールと呼ばれる石像の見守る成人式の祭りにソシアと参加する事を許されます。
その最中にムーンレイスの帰還作戦が始まるんですね。
圧倒的な技術力を持ち、広大な土地を要求するムーンレイスは、当然地球の人々から見れば侵略者でしかありませんでした。
誤解や偶然、陰謀が重なり、ムーンレイスとミリシャ(地球の軍隊)との戦端は開かれます。
ムーンレイスのモビルスーツに反応し動き出したホワイトドールこと∀ガンダムになし崩し的に乗り込むことになったロランは、ミリシャ側としてこの戦争に巻き込まれていきます。

さて、瓜二つの二人が出てくる以上、当然のように入れ替わり、そこで上巻は終了となります。
戦闘の場面も結構あるのですが、何となくのんびりした雰囲気があるように感じました。
恐らくはムーンレイス側が優勢すぎてとても対等とはいえないからではないかと思います。
ただ中巻以降で、黒歴史の遺産が発掘されていけば、変わっていくのかな?

ほとんどあらすじになってしまいましたが、まあ続きが楽しみという感じですね。
ユニコーンとは違って完結しており、続刊も入手しているので、一気に読みたいと思います。



評価:A+





月に繭 地には果実〈上〉 (幻冬舎文庫)月に繭 地には果実〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2001/08)
福井 晴敏

商品詳細を見る



Edit / 2008.11.21 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下)
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

第三回はユニコーンの二巻です。
一巻とは打って変わって物語が一気に転がり始めます。
いや~いいですね~。福井晴敏全開って感じです。
連邦の特殊部隊、マンハンターことエコーズなんてDAISを思い出しちゃいますよね。
誰かがやらなければいけない仕事だと理解したうえで、組織の歯車となり、必要とあらばためらわず手を汚す冷徹さとそれを支える信念。
熱いな~。
でも今作では彼らは主人公ではないんですよね。
何かそのうち壊滅しそうな気も……(笑)

さてその主人公バナージと搭乗機ユニコーンガンダムですが、あそこまで強いとは思いませんでした。
主人公機何だから高性能なのは当たり前なんですけどね。
一般兵の乗る量産期ではなく、エース級、しかも強化人間の駆るサイコミュ搭載機<<クシャトリヤ>>をたいした武装もなしにあそこまで圧倒するとは。
バナージにしても、ニュータイプなのはわかってましたけど、一巻の時のあのヘタレさは一体どこにいったんでしょう。
行動力、判断力、ともにピカ一です。
さて、<NT-D>とは何でしょうね。
NTはまずニュータイプでしょうけど、Dはデストロイかな? どこかでそう読んだ気がします。
ということはニュータイプを壊すもの?
そういえばこのユニコーンガンダム、神聖な獣であるはずのユニコーンの名前を冠している割に、皆から禍々しいとか言われてますね。
それだけ『ラプラスの箱』の中身が恐ろしいものだということでしょう。
そして、コクピットに表示されたの意味が気になるところですね。
アムロ=レイ転じてレイ=アムロの頭文字でL,Aだという仮説を立ててみましたが、『ラプラスの箱』が発見されたのはアムロの名前が知れ渡る前なので違うようですね。
いい線だと思ったんだけどな~、<La+>=アムロを超えるニュータイプ説。
ん~、繋がりそうで繋がらない。
まあまだ情報不足ですね。

そうそう、ガンダムといえば仮面の男。
とうとう二巻で登場しましたよ。
シャア=アズナブルの再来とも言われているらしいです。
まさかシャア本人ではないだろうとは思いますけど。
ただ仮面ってのは正体を隠すために着けるものなんですよね。
個人的にはシャアとかには出ていて欲しくないかな~。

きっと科学的な考察もしっかりとしているのでしょう。
ビームという単語が頻発するのに、戦闘シーンは非常にリアルに感じました。
きっとMSの戦闘というものはこういうものだろう、と。
生身の人間をビームライフルで撃つと……、まあ、そうなっちゃいますよね。

個人的にカーディアスが非常に好きです。
優秀だけど不器用ですよね、彼は。
こういう人も福井作品にはよく登場します。

非常に面白かったです。
動き出した物語、派手な戦闘、親子の情とてんこ盛りですが、きっちりまとまっています。
これはさすがですね。
ただ少し気になるのは、どこかで見たような展開、どこかで見たような台詞回し、どこかで見たような表現が少々多いような気がしたことです。
他の作家と似ているとかオリジナリティーがないということではなく、本人の今までの作品とかぶる部分が大きいんですよね。
それが味といえば味なんですけど、もう少しバリエーションがあったらな~とも思います。
是非福井さんにはここらで一皮向けて欲しいように思います。
何か上から目線ですね、すいません。



評価:AA



ユニコーンとクシャトリヤのプラモデルが欲しいな~。






機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下) (角川コミックス・エース 189-2)機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下) (角川コミックス・エース 189-2)
(2007/09/26)
福井 晴敏

商品詳細を見る

MG ユニコーンガンダムVer.KaMG ユニコーンガンダムVer.Ka
(2007/12/22)
不明

商品詳細を見る



Edit / 2008.11.17 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
マジックミラー
カテゴリ: 有栖川有栖 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

さて、第二回です。
今回は、有栖川有栖さんの『マジックミラー』です。
この作者の作品を読むのは初めてなんですよ。
いわゆる本格って奴でしょうか。

推理小説なので当然謎があります。
この作品の場合はアリバイ、ですね。
実は、最初の部分で犯人達が殺人計画について話しているので、犯人が双子だとわかってしまうんですよ。
しかし彼らにはアリバイがある。
つまり、古畑任三郎スタイルなのかな、と思ったんですが、もう一捻りあります。
第二の事件が起こり、双子の片割れが死体で見つかり、もう片方は行方不明。
犯人は行方不明の男かそれとも?

ということなんですが肝心のアリバイトリックに関してなんですがね、第一の事件に関しては、時刻表とにらめっこしながら考えなくてはならない類のトリックなんですよ。
本文中に時刻表が挿入されているのを見た瞬間に謎について考えるのを諦めてしまいました。
そのせいでトリックの解説もほとんど読み飛ばしたようなものでして……
いやはやこれでは推理小説、しかも本格と呼ばれるものを楽しんでいることにはなりませんよね~。
今までこの手のものを読んだ時も、謎について考えるよりも話の続きが気になってしまって、ろくに犯人は誰か、なんて考えたことがないんですよ。
なのできちんと謎に取り組んでやろうと手に取った本だったのですが……、少し私と時刻表トリックは相性が悪かったようです。

ただ、最後の双子のアレは必要だったのかな?
別になくても問題なかったような気もするんですけどね。
ですがお話としては楽しめました。
この作者の他の本にも手を出してみようと思います。
そのときは今回のリベンジを!!



評価:C+




マジックミラー 新装版 (講談社文庫 あ 58-15)マジックミラー 新装版 (講談社文庫 あ 58-15)
(2008/04/15)
有栖川 有栖

商品詳細を見る



Edit / 2008.11.14 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上)
カテゴリ: 福井晴敏 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学
どうもはじめまして、gakerです。
前々からやりたいと思っていた書評ブログを立ち上げてみました。
とは言っても、本だけに限らず、漫画やゲームなどあらゆる娯楽についての感想などを書いていきたいと思っています。

それでは、記念すべき第一回の感想は、『機動戦士ガンダムUC ①ユニコーンの日(上)』です。
第一回からあまり一般受けしない作品で申し訳ないです。
でも好きなんですよね、ガンダム。
ただ、作者の福井晴敏さんは『終戦のローレライ』や『亡国のイージス』を書いた人でもあり、この作品もしっかり読ませてくれますよ。
私の最も好きな作家の一人でもあります。

さて、肝心の内容ですが、第一巻ということで導入部的な意味合いが強いです。
プロローグには西暦<AD>が終わり、宇宙世紀<UC>の始まる日に、地球軌道上の空飛ぶ官邸、「ラプラス」で起こったテロが描かれています。
言うまでもなく、宇宙世紀のUCと、ユニコーンのUCがかかっているわけです。
ちなみに、本編の時代設定は「逆襲のシャア」の後ですね。
主人公は、工業コロニー<インダストリアル7>にある、アナハイム・エレクトロニクス工業専門学校の学生、バナージ・リンクスです。
訳ありの生い立ちに、『ずれている』という思春期丸出しの悩み、基本的にヘタレな性格、全てがガンダムの主人公にふさわしいですね。
福井ファンとしてはバナージに行き先を示すおっさんに登場して欲しいところです。

彼はある日、後数分で稼動する人口太陽の近くに漂う少女を発見、これを助けます。
この少女の名前がオードリー・バーン。
明らかに偽名ですね。
オードリーがインダストリアル7に進入する際に思い出していた女優の名前がオードリー・ヘップバーンだったということなんでしょう。
彼女の所属する反政府組織『袖付き』(この名称は非常にガンダムっぽいですよね)は恐らくジオンの流れを組む組織なんでしょうし、オードリーが姫と呼ばれていたことから、彼女はザビ家の者ではないでしょうか。
まあこれは早いうちに明かされる謎でしょうね。
違ったら……、ちょっと恥ずかしいです。

ガンダムと、福井節が上手いこと合わさっていい感じです。
最後のシーンなんかは、いかにも福井節という感じでニヤニヤしてしまいました。
ガンダムの描写もあまりないですし、やはりまだまだこれから、次巻以降に期待と言う所でしょうか。
今四巻まで出てるのかな?
早く続きを買って読みたいです。



評価:B+



このブログは自分用のメモという意味合いも強いので、誰も見てくれなくても、まあぼちぼちやっていこうと思います。





機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)
(2007/09/26)
福井 晴敏

商品詳細を見る



Edit / 2008.11.13 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。