スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日
カテゴリ: 荻原規子 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「おれが必要だって、言えよ」


第二百十六回
荻原規子の『RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日』

ついに始まった学園祭。
そこで、泉水子は高柳の罠にはまる。
それに気付いた泉水子は怒りを爆発させ、事態はとんでもない方向へと向かっていく。

一つの山場となる学園祭である。
とはいえ、泉水子は黒子なので、学園祭それ自体ではなく、高柳との対決、もっと言えば、泉水子自らの中にある姫神の力との対峙がメインである。

にしてもいつのまにか深行は泉水子にぞっこんだな。
べた惚れではないか。

ちなみにアニメは、この巻までで終わりとなっていた。
尺が足りなかったようだ。
最終巻は第六巻。
サブタイトルは「星降る夜に願うこと」である。
いやあ、いいサブタイだ。
これまでとは雰囲気をがらりと変えてきているのもいいし、この手のタイトルに私は弱いのだ。

高柳との決着もつき、世界遺産候補も決まった。
物語はいよいよクライマックスである。
世界遺産候補についてだが、はっきりと泉水子だと言明されてないのが気になったが、まあひっかけということもないだろう。
前後の文脈から考えても間違いなさそうだ。
他に該当者もいないし。

早く六巻が文庫化しないか楽しみである。


評価:A+


RDG5 レッドデータガール  学園の一番長い日 (角川文庫)RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日 (角川文庫)
(2013/03/23)
荻原 規子

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2013.06.23 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女
カテゴリ: 荻原規子 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「今のは、なしにして。他の女の人の話をするの、好きじゃないから」


第二百十五回
荻原規子の『RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女』

生徒会執行部として、学園祭の準備に追われる泉水子たち。
そんな中、泉水子は衣装の着付けのモデルを務めることになる。
姫神の出現を恐れる深行。
そして、講習会の終了後、出てきたのはやはり姫神だった。

ほのめかされていたことが、はっきりと当事者の姫神から語られる。
ファンタジーと見せかけて、SFだったか。
展開としては、かなり好きである。
そして一応まだぼかされているが、泉水子こそが姫神であることは読者からしたら一目瞭然である。
一目瞭然すぎてまだ裏があるんじゃないかと疑いたくなるほどだ。
でも、実は同一人物ではありませんでしたでは、オチとしては弱いしな。
やっぱり同一人物なのだろう。

しかし、泉水子はおとなしいように見えて、結構意固地だ。
しっかり普通の女の子ではないか。
深行は最初のつんけんした感じはもうなく、だいぶ態度が軟化している。


評価:A


RDG4 レッドデータガール    世界遺産の少女 (角川文庫)RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川文庫)
(2012/12/25)
荻原 規子

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.06.20 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた
カテゴリ: 荻原規子 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

「どっちも選ばない」


第二百十四回
荻原規子の『RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた』

来たるべき学園祭のために、泉水子ら生徒会執行部は真響の地元の戸隠で合宿を行うことになった。
そこで、真夏の愛馬であるタビが危篤だという知らせが届き、真夏は次元の違う層へと閉じこもってしまった。
真夏を連れ戻すために姫神を呼ぶ決心をした泉水子は、戸隠の神と対峙することとなる。

第三巻である。
三つ子の抱える事情などが明らかになる。
割と話が大きくなってきて面白くなってきた。
九頭竜大神とかいいじゃないか。
そう言えば九頭竜大神と八岐大蛇は何か関係があったりするのだろうか。

深行の泉水子に対する態度も大分軟化してきた。
この先恋愛的な感じになるんだろうか。
まあなるんだろうな。

黒い羽根の生えた深行というのはちょっとシュールだ。
アニメで見たらやっぱりシュールだった。

五巻で完結だと思っていたら、六巻まであった。
しかも六巻はまだ文庫化されていない。
アニメで先に結末を知ってしまうのは嫌だなあ。


評価:B+


RDG3 レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (角川文庫)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (角川文庫)
(2012/07/25)
荻原 規子

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.06.04 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧
カテゴリ: 荻原規子 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

あの人は、本当は、人じゃない……


第二百十一回
荻原規子の『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』

東京の鳳城学園に入学した泉水子。
そこで、同室の宗田真響とその弟、真夏と仲良くなり新生活が始まった。
しかし、同じクラスに存在する異質なものに気付いた泉水子は……。

第二巻である。
高校生活がスタートして、メインとなるであろう登場人物たちも出そろってきたといったところか。
話も本格始動といった雰囲気がある。
要するに、日本の宗教的なものがごった煮となった感じか。
外国のものなんかも絡んできたりするのだろうか。
留学生などもいるようだし。

それにしても、人が滅ぶとか滅ばないとかそういうスケールの話になるのか。
ちょっと意外。
あ~、でも『西の善き魔女』も大掛かりな話だった気がするな。

深行は雪政が絡むと途端に子供になるな。
ある意味ファザコンか。
そうじゃない時は割と素直なんだが。


評価:B+


RDG2 レッドデータガール  はじめてのお化粧 (角川文庫)RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)
(2011/12/22)
荻原 規子

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.04.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
RDG レッドデータガール はじめてのお使い
カテゴリ: 荻原規子 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

(……どこが、何もできない女の子だよ……)


第二百十回
荻原規子の『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』

神社に住む少女、泉水子は、進学先を父親に勝手に決められてしまう。
そのことに憤慨する泉水子だが、すると幼馴染の深行が泉水子の通う中学校に転入してくる。
父親の雪政に力ずくで転校させられた深行は泉水子をも敵視する。
そんな中、修学旅行で行った東京である事件が起こり……。

このブログで感想を書いたことはなかったが、荻原規子は好きな作家である。
ティーン向け、それもやや女性向けと思われる作風だが大人の男でも楽しめる。

今までの作品とは一転して、現代を舞台にした和風ファンタジーである。
シリーズものの第一巻なので、導入部という感じで、まだ物語の核心には迫らない。
それでもどんな感じなのかはつかめる。

泉水子はうじうじしているし、深行はつんけんしているしでどう物語が進むのかと思ったが、割とあっさり深行が歩み寄った。
まあ高校に入ってからが本番なのだろう。
多分物語も本格的に動き出すはず。

現在アニメが放送中でもある。
そんなに派手そうではないから、アニメ映えするとも思えないのだが。
まあ次巻に期待。


評価:B


RDGレッドデータガール  はじめてのお使い (角川文庫)RDGレッドデータガール はじめてのお使い (角川文庫)
(2011/06/23)
荻原 規子

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2013.04.21 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。