スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ハーモニー
カテゴリ: 伊藤計劃 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

どこまでが自分の身体なのだろう。どこまでが大気の冷たさなのだろう。
わたしにはもう、その境目がわからなくなっている。


第百五十七回
伊藤計劃の『ハーモニー』
フィリップ・K・ディック賞特別賞受賞
第30回日本SF大賞受賞
「ベストSF2009」第1位
第40回星雲賞日本長編部門受賞

<大災禍>と呼ばれる世界的な混乱を乗り越え、高度な医療福祉社会となった世界。
その世界はあらゆる病が駆逐され、自らのあらゆる情報を常に開示しあい、互いを気遣いあう理想郷となっていた。
そして、その理想郷に嫌気が差した三人の少女は自殺を試みる。
そこで死に損ねた二人の少女のうちの一人、霧慧トァンは、世界を襲った大混乱の背後に、死んだはずの少女、御冷ミァハを見た。

まず賞の受賞っぷりが凄い。
特にフィリップ・K・ディック賞というのは、日本人SF作家初受賞のようだ。
日本の現代文学が世界的に評価されるというのはあまり聞かない。
凄いことだ。
だが、正直言って私は『虐殺器官』を超えてくることはないだろうと思った。
侮っていた。
そして衝撃を受けた。
あっさり超えてきた。

『ハーモニー』はHTMLのような独特の文体で書かれている。
etmlとなっているがeは憶測だが「emotional」あたりだろうか。
まあこの文体については読めば分かる。
最後まで読むともっと分かる。

さて、内容だが、今作は『虐殺器官』で描かれた世界の未来の話となっている。
<大災禍>とはまず間違いなく『虐殺器官』の最後に主人公の行ったことの結果だろう。
これを乗り越えた世界は、完璧な管理社会となっていた。
それはユートピアでありながらディストピアでもある。

序盤は少し退屈だった。
しかし、第一章(と便宜的に呼ぶ)の終わりに起こった事件から一気に面白くなる。
衝撃過ぎるだろうこれは。
世界中を人質に取ったこの事件を解決するためにトァンは奔走する。
しかしそれは世界のためではなく、あくまで自分の抱える問題のために。

重たく、難しい問題に正面から取り組んでいる。
自分とは何か。
意識とは何か。
魂とは何か。

しかし面白い。
第一章の最後からはもう先が気になって仕方ない。
そして、『虐殺器官』を読んでいる身としては、ラストの想像が大体ついてしまうのだ。
意外な部分もあったが、概ね予想通りだった。
いやはや空恐ろしい結末だ。

作者がすでに故人であることが残念でならない。
後残る長編はメタルギアのノベライズか。
でも4はまだやってないんだよな~。
さすがに原作をやる前にノベライズを読む気はしない。
好きなゲームだし。


評価:AA+


ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
(2010/12/08)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Edit / 2012.04.09 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
虐殺器官
カテゴリ: 伊藤計劃 / テーマ: 感想 / ジャンル: 小説・文学

死者は誰も赦すことができない。


第百五十六回
伊藤計劃の『虐殺器官』

9・11後、徹底的な管理体制に移行し、先進国からテロが消えた代わりに、後進国での内戦や虐殺が急増していた。
そしてその虐殺の裏には、ジョン・ポールという謎の人物の存在があった。
虐殺を行う人物を暗殺する米軍機関の一員であるクラヴィス・シェパードらはジョン・ポールを追うこととなる。
その結果、大量殺戮を引き起こす、虐殺の器官の存在が明らかになっていく。

以前から読みたい読みたいと思っていたのだが、何となく手が出なかった作品だ。
ゼロ年代最高のフィクションとまで謳われる作品だ。
ハードルが上がり過ぎて手が出なかったのだ。
しかし、やっと読むことができた。
いや、凄い。
凄い面白い。

1ページ目からかなりショッキングな内容なのだが、主人公の一人称で綴られる文章は非常に淡々としている。
一人称にもかかわらず、およそ感情と呼べる物が抜け落ちてしまっているかのようだ。
なので、ジョン・ポールと対峙した時の主人公の感情的な様子に違和感を覚えた。
彼はこんなに感情的になれるのかと。
しかしまあ、淡々としているのに非常に引き込まれる。
何と言うか、文章としての完成度が非常に高い、とでも言えばいいのか。
とにかく、面白いのだ。

ジョン・ポールという人物像がいい。
彼は、絶望を見て、世界各地で虐殺の種をばらまきながら、しかし一切狂っていない。
その目的は金でも権力でもない。
純粋ですらあるのだ。
そして、主人公はジョン・ポールと真逆で同じ手段をとる。

主人公は罪を抱え、赦しを求める。
ルツィアという一人の女性に。

いやなんだろう。
上手く説明できないのだが、とにかく面白かった。
情緒的でありながら情緒を排除しているという感じか。

まあとにかく読んでいただきたい。
グロいところはグロいけど、淡々としているせいかあまり精神的にくる感じはない。
また後味が何ともいえないんだなあ。


評価:AA


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
Edit / 2012.04.02 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

gaker

Author:gaker
福井晴敏と本多孝好が好きです。大好きです。
もう家に本を置く場所がありません。

リンクもトラックバックも昔の記事へのコメントも全部大歓迎です。

2008 11/13(木)開設

評価基準
AAA:凄く凄い
AA:凄い
A:とても面白い
B:面白い
C:暇つぶしには
D:ん~、微妙
E:読み進めるのが苦痛
ランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
クリックしていただけると嬉しいです。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。